賃貸マンションで海外インテリア風を目指すDIY・ハンドメイドブログ<paulballe ポールボール>

リモデル,リメイク,おしゃれ,家具,賃貸物件,一人暮らし,海外インテリア,外国インテリア,モダン,ボヘミアン,クラシック,シャビー,カメラ女子,リフォーム,ハンドメイド,クラフト,ペーパークラフト,北欧


テーマ:
kuraプロ】は7月22日に上棟し、どんどん先へ先へと進んでおりますキャー
上棟の様子は、ブループリントさんのメモkuraプロ 上棟しました をぜひご覧くださいね♪
残念ながら上棟に参加できなかった私も、えらく楽しめましたよプッ


line


風びより 長崎県南島原市またまた【kuraプロ】番外編で、お勉強になるスポットへ行ってきました!

今回は長崎県島原の「風びより」さんへ。
前回の「風の森」さん同様、浜松建設さんのナチュラルテイストなデザイン&施工です。

-----
前回の番外編矢印山林を切開いたナチュラルでおしゃれな癒しスポット「風の森 (長崎県諫早市)」
-----

こちらもカフェ&レストラン、雑貨屋さん、エステサロンなどが併設されている緑いっぱいの癒しの場所なのですわぁい




矢印まずは外観から道の反対側から見ると、既に木々がワサワサと。
下写真は、左の黒い外壁が「風びより」さんで坂の下は海(島原湾)へと広がり絶景です!
向こうに見える山々は熊本県で、以前ご紹介したお洒落なA列車が走っている三角です。
風びより 長崎県南島原市


風びよりマップ市矢印左記は「風ひより」さんからお借りしたマップです。

7店舗近いお店が入っておられるようです。私たちが行った時は、1つ空きがありテナントを募集されていたようです。ご興味ある方はぜひ問い合わせてみてください♪





矢印一歩中へ入っても、青々とした木々がいっぱいで月並みなコトバですが…癒されます。
風びより 長崎県南島原市


矢印cafe cozy(カフェコージー)さんでプレートランチ(1,260円)とデザートを頂きました♪
見た目鮮やか、カラダにもやさしい食材で美味しかったです。自家製コロッケうまぁ~ニヤリ
風びより cafe cozy(カフェコージー) 長崎県南島原市


矢印cafe cozyさんのシンプルナチュラルなインテリアと外装です。
窓から見える中庭が、切り取った一枚の絵のようでとってもステキでした♪
cafe cozy(カフェコージー)


矢印タイルや石、まくら木使いなど、素人の私には・・・ほんと勉強になります!
風びより 長崎県南島原市


メモ風びより【かぜびより】

島原半島の浜松建設さんの木材倉庫を、2008年に敷地を囲うように塗り壁や塗料でリノベーションし建物が建ち、オープンしました。「風の森 (長崎県諫早市)」よりこじんまりとしていますが、海の風が届き、見渡せる遠くの山々などが素敵な立地、空間だと思います。

福岡市内から車で3時間弱、唐津市内から車で2時間30分ほどです。
島原街道沿いには、ひまわりの花が大量に見ることができ、雲仙岳もとてもすばらしく、湾岸線も気持ち良くて、長いながらも道中は楽しめますよ♪

住所:〒859-1504 長崎県南島原市深江町丁4621-1 矢印Googleマップ
電話:0957-72-7712
営業時間:11:00~17:00(20:00) ※各店舗により営業時間が異なります
定休日:火曜日

矢印風びより / (風びよりマップ
矢印cafe cozy



line


にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへいつも応援ありがとうございます!
風びよりすてきね♪
のクリックはこちらにお願いします! ⇒


メモ関連記事のご紹介 【 当ブログのもくじ

はさみ倉庫リノベーション・プロジェクト始動しました!<kuraプロ (1) ~ 概要>
はさみ山林を切開いたナチュラルでおしゃれな癒しスポット「風の森 (長崎県諫早市)」
はさみおしゃれすぎる!九州電車の旅 ~ 鉄子の部屋?(九州珍道中その5)

いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:
風の森 (長崎県諫早市) By株式会社浜松建設kuraプロ】番外編ですニヤリ

【kuraプロ】、および<井本ホーム>さまのテーマパークをコーディネートさせていただくにあたって、とても参考になる場所があるとのことで、視察がてら楽しんできました!わぁい


長崎県の諫早(いさはや)にあります、山の一部を切り取ってできた小さな村のような癒しの空間風の森です。

ナチュラルでお洒落なテイストのレストラン、カフェ、雑貨屋さん、モデルハウスなどが併設しています。



矢印駐車場に車を停めると、まずはザックリとた地図看板が見えます。
こんな看板じゃさっぱり分からないので、適当に先を進みます(笑)
風の森 (長崎県諫早市) By株式会社浜松建設



矢印福岡市内から自動車で2時間ちょっとの道のり・・・腹がすいては戦さができませぬ。
というわけで、早速、「フランス食堂 みち草」さんへ。
1500円のランチプレートは、メインをお肉か魚か選べます。野菜もふんだんに使用され、とっても美味しくいただきましたニヤリ
「フランス食堂 みち草」風の森 (長崎県諫早市) By株式会社浜松建設



矢印お腹も満たされたところで、お次はガーデニングの風の森ガーデン「工房 みち草」さん
こちらのテーマパーク「風の森」さんは、植栽がステキでとても参考になります!
「工房 みち草」風の森 (長崎県諫早市) By株式会社浜松建設



矢印各雑貨屋さんやアトリエの店内撮影は禁止されていましたので、外観をお楽しみください♪
風の森 (長崎県諫早市) By株式会社浜松建設

牛乳瓶に入った消臭芳香剤 さくら 	<br />《粋更kisara-b》117-中川政七商店指とおしアームカバー《粋更kisara-b》117-中川政七商店「zakka みち草」さんでは、中川政七商店(粋更 kisara)の「さくら」という香りのはずが何故か杏仁豆腐の香りがする(笑)牛乳瓶に入った消臭芳香剤(写真左)と、麻と綿の肌触りがとっても気持ちのよい指とおしアームカバー(写真右)を購入しました。

最近、中川政七商店さんの商品に惹かれています。癒しを求めすぎですねプッ




矢印雑貨屋さんやアトリエを廻りながらも、たくさんの木々のすきまからやわらかな光が注ぎ込み、心地よい風が流れて・・・この時期ならではの森を楽しめましたよ。
ガーデニングや植林のヒントをたくさんいただきました。
風の森 (長崎県諫早市) By株式会社浜松建設



矢印最後に斜面装工で天窓の斜光がすばらしい「tea garden Cozy(ティーガーデン コージー)」さんでお茶をいただきました♪
kuraプロ】でも目標としている陰影がステキに表現されていて勉強になりました。
「ティーガーデンコージー」風の森 (長崎県諫早市) By株式会社浜松建設



スタジオブループリント井本将太矢印おまけショットカメラ

kuraプロ】で、いつもお世話になりっぱなしの建築設計デザイン事務所<スタジオ ブループリント>の井本将太さん。

今回もご同行いただき、ありがとうございました!


彼は "ナチュラル" を地でいく方で、訪れた「風の森」に住んでいるんじゃないか?と思うくらいピッタリでした(笑)

そんな彼が、私のコーディネートするボヘミアンテイストな倉庫をどうデザイン設計してくださるのか、とっても楽しみですキャー




メモ風の森【かぜのもり】

長崎県いさはやの山林を一部切り開き、レストラン、カフェ、雑貨屋、アトリエ、モデルルームなどを併設され、株式会社浜松建設さんの本社があります。

福岡市内から車で2時間強、唐津市内から車で2時間弱ほどです。

住所:〒854-0206 長崎県諫早市森山町唐比北341-1 矢印Googleマップ
電話:0957-36-2203(代表)
営業時間:11:00~18:00 ※各店舗により営業時間が異なります
定休日:水曜日

矢印風の森 / (風の森マップ
矢印フランス食堂 みち草
矢印tea garden Cozy



とっても参考になりました!
まだまだ、おしゃれ視察の旅は続きまぁすわぁいおたのしみに♪



line


にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへいつも応援ありがとうございます!
「風の森」すてきね♪
のクリックはこちらにお願いします! ⇒


メモ関連記事のご紹介 【 当ブログのもくじ

はさみ倉庫リノベーション・プロジェクト始動しました!<kuraプロ (1) ~ 概要>
はさみ福岡県の糸島半島おしゃれめぐり(九州珍道中その3)
はさみインテリアコーディネーターに職変え?佐賀県唐津市の雑貨屋(九州珍道中その4)

いいね!した人  |  コメント(21)  |  リブログ(0)

テーマ:
A列車で行こうみなさん、矢印ココがどこか分かりますか?

おしゃれなバー?カフェ?美術館?

いえいえ・・・
電車の中なんです

・・・はい
みなさんと同じようなリアクションで(笑)、
私の九州電車の旅がはじまりました!


ガタンゴトン ガタンゴトン 電車

みなさんも乗った気分で(笑)、私とご一緒に九州電車をご堪能ください♪




line


九州電車 787系きらめき7号まずは、博多 ⇒ 小倉 までは、787系特急「きらめき」

博多駅 ― 門司港駅・小倉駅間を、鹿児島本線経由で運行する特急列車です。

グリーン車には、4人の個室もあるのですが、今回はこのデラックスグリーン席で、かなりのリクライニングを満喫し、ゆったり移動ができました♪



特急白いソニック小倉 ⇒ 別府 へは、885系特急ソニック27号、
通称「白いソニック」


博多駅 ― 柳ヶ浦駅・大分駅・佐伯駅間を運行する特急列車で、フローリング貼り、全席革張りという贅沢な車両です。

この列車では、最前列の運転席が見える特等席♪





地獄巡り別府ではお馴染、地獄めぐりをとりあえずしました(笑)。

大分名物「とり天」「だんご汁」を古民家を改装されたとってもかわいい<甘味茶屋>さんで、「関アジ」「関サバ」を別府駅近くの<大和田鮨>さんで堪能しました♪






ゆふいんの森そして、別府 ⇒ 久留米 までは、あの有名な 特急「ゆふいんの森」に乗車しました!

博多駅 ― 由布院・別府駅間を久大本線経由で結ぶリゾート特急電車です。

座席は、運転席より一段上がっているため、この時も最前列に座ったのですが、のどかな景色が満喫できました!

こちらもフローリング貼りで、装飾品など細部にまでこだわって作られた列車です。

やはり温泉地発ということもあるんでしょうかね?
ご年配の方が多く見受けられました。フルムーン中のご夫婦は仲良く記念写真のサービスを受けてらっしゃいました。









熊本県・馬刺し むつ五郎熊本では、当然のことながら馬刺しを堪能いたしました!

お邪魔したのは、老舗の<むつ五郎>さん。

とにかく、馬刺しってこんなにも美味しかったのかぁ!と驚くほど、最高でした♪ココはまた行きたいなぁ~。そして、ご存じ!くまモン焼酎♪




特急 A列車で行こうさてお待ちかね!(違う?w)

熊本 ⇒ 三角 までは、ジャズが流れる 特急「A列車で行こう」に乗車しました。

とくかくノスタルジックな美術館かと思うような車両で、ステキなステンドグラスや装飾品でいっぱい♪

座席のファブリックもとってもかわいく、いろんな柄があったり、子ども専用のキュートな座席があったりと、かなりの工夫がこなされています。




































鮎屋三代(駅弁)「A列車で行こう」のお供は、九州駅弁ランキング3年連続1位を獲得している 鮎の老舗より藤の<鮎屋三代弁当>!



焼鮎の出汁で炊いた炊き込みご飯の上に、甘露煮を一匹のせた贅沢なお弁当♪
ちなみに塩焼きバージョンもあって、熊本駅内のお弁当屋さんで予約ができます!



熊本県 三角駅さてさて、あまくさみすみ線「A列車で行こう」の終着駅、三角駅に着きました!

なんとも言えないノスタルジックさで、お洒落すぎる駅と、くまモン・・・プッ

この駅、ほんと!天井も高く、とってもカッコ良かったです!












鉄道と船で結ぶ絶景の旅。特急「A列車で行こう」×定期航路「天草宝島ライン」シークルーズ三角駅からは、
天草へのシークルーズ

そうです!天草は、島原の乱の指導者とされている人物「天草四郎」の天草です。そうは言いながらも、私まったく歴女ではないので・・・汗

こちらのシークルーズ船、「A列車で行こう」の車両と合わせたデザインになっているのです♪

「A列車で行こう」のチケットとセットでも購入できるようです。











さくら562号(新幹線 N700系)帰りの 熊本 ⇒ 博多 へは、「新幹線N700系 さくら562号」

私は鉄子ではないので(笑)、「さくら」と言う名前がついているのに、床には「つばめ」の絵なのか・・・分かりません!説明受けたんですが、忘れました!ハズカチィ






もつ鍋最後はやっぱり!
博多・・・じゃなくて中洲でもつ鍋ですプッ

ワンピース好きのオーナーがいらっしゃる<楽天地>さんにお邪魔しました♪

その後、もつ鍋を食べていない方にお会いしたのですが、相当にんにく臭かったようです・・・ごめんなさい・・・




marijo 九州電車の旅矢印左記は、今回私が旅した九州電車の旅の図ですが、薄いグレーで描いたところは、次乗りたいなぁ~と思っている電車ですキャー

特に、鹿児島―熊本間の「おれんじ食堂」には、ぜひ乗りたいですぅ♪

掲載していない電車でも、「特急 海幸山幸」 「いさぶろう・しんぺい」など、おしゃれでワクワクする電車が九州にはたくさんあります!




みなさんもぜひ!気になった電車があれば、乗ってみてくださいね♪
鉄道に興味がなくても、意外と楽しいですよ~


あ、何度も言いますが、私は鉄子ではありません(´,_ゝ`)プッ
でも、かわいい鉄道ピンパッチにハマってしまって、あちこちで買いました。
電車に乗るのが好きな人を「乗り鉄」、撮影するのが好きな人を「撮り鉄」、
なので、私は自称「ピン鉄」と呼んでいます(笑)


メモ九州電車デザイナーの 水戸岡鋭治 さんとは?水戸岡鋭治

私が今回乗車した九州電車すべてと、三角駅とシークルーズ船は、ドーンデザイン研究所代表、インダストリアルデザイナーの水戸岡鋭治(みとおかえいじ)さんのデザインです。
ちなみに、九州電車のほとんどは、水戸岡さんのデザインで統一されています。

1992年に登場した787系電車「つばめ」は、ブルーリボン賞、ブルネル賞を受賞されています。もちろんグッドデザイン賞も。その他、大阪駅の広場なども彼の作品です。

矢印水戸岡鋭治 ウィキペディア
矢印旅するデザイン 鉄道でめぐる九州 水戸岡鋭治のデザイン画集




line


にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへいつも応援ありがとうございます!
ステキな鉄道の旅ね♪
のクリックはこちらにお願いします! ⇒


メモ関連記事のご紹介 【 当ブログのもくじ

はさみ楽しすぎてゴメンナサイ。福岡県糸島市の雑貨屋さんにて。(九州珍道中その1)
はさみモビールのワークショップの様子 in 福岡県福岡市能古島(九州珍道中その2)
はさみ福岡県の糸島半島おしゃれめぐり(九州珍道中その3)
はさみインテリアコーディネーターに職変え?佐賀県唐津市の雑貨屋(九州珍道中その4)

いいね!した人  |  コメント(30)  |  リブログ(0)