2010年06月16日(水)

Ca sentoでのワイン

テーマ:神戸 Kobe

東京+α美食☆探検記-Ca sento


Cá sento

カ・セント


住所:神戸市中央区中山手通4-16-14
電話:078-272-6882
営業時間:12:00-13:30/18:00-21:00
定休日:月曜日、第3火曜



ナイフとフォークレストラン・飲食店ランキングは↓↓↓こちら↓↓↓


先日のカ・セント でのワインワイン


10名なので、ワインワインもたっぷり、種類もフランスフランス、スペインスペインと色々。


まずはブルーノ・パイヤールのル・メニル、1990年、1995年の両方ともマグナムボトル。


東京+α美食☆探検記-Ca sento


シャンパンLe Mesnil Blanc de Blancs Grand Cru 1995 / Bruno Paillard

ル・メニル・ブラン・ド・ブラン・グラン・クリュ / ブルーノ・パイヤール


生産地:フランス>シャンパーニュ地方>コート・デ・ブラン地区>ル・メニル・シュル・オジェ村

生産者:Bruno Paillard ブルーノ・パイヤール

葡萄品種:Chardonnay100%

ヴィンテージ:1995年


メモメモ

Bruno Paillard(ブルーノ・パイヤール)

1981年設立の新進気鋭のシャンパンハウス。

ルミヤージュはギロパレットを使い完全機械化。

すべてのキュヴェにデゴルジュマンの年を表記。

ドサージュは最低限に控えている。

ジョエル・ロブションの大のお気に入りのシャンパーニュとして有名。


メモメモ

Le Mesnil-sur-Oger(ル・メニル・シュル・オジェ)

「コート・ド・ブラン」と呼ばれる白い石灰岩土壌は、シャルドネに最適で、ブラン・ド・ブランだけが造られる。

一日中、斜面は太陽の恵みがうけられる。

グランクリュに昇格したのは1985年。


東京+α美食☆探検記-Ca sento

シャンパンLe Mesnil Blanc de Blancs Grand Cru 1990 / Bruno Paillard

ル・メニル・ブラン・ド・ブラン・グラン・クリュ / ブルーノ・パイヤール


生産地:フランス>シャンパーニュ地方>コート・デ・ブラン地区>ル・メニル・シュル・オジェ村

生産者:Bruno Paillard ブルーノ・パイヤール

葡萄品種:Chardonnay100%

ヴィンテージ:1990年

1990年の生産量は6264本(750ml)と希少。


東京+α美食☆探検記-Ca sento


白ワインOrballo Albariño 2008 / Bodegas la Val

オルバーリョ アルバリーニョ / ボデガス・ラ・ヴァル


生産地:スペイン>ガリシア地方>リアス・バイシャス地区

格付け:DO Rias Baixas(1988年認定)

生産者:Bodegas la Val ボデガス・ラ・ヴァル

葡萄品種:アルバリーニョ(Albariño) 100%

アルコール度数:12% vol.

ヴィンテージ:2008年

醗酵:ステンレス100%

熟成:ステンレス100%


メモメモ

Bodegas la Val(ボデガス・ラ・ヴァル)

レストラン事業で成功した、Jose Limeres Guillele氏が1985年に設立したボデガ(ワイナリー)。
ガリシア州の一番南のオ・ロサルと言う海に近い場所と、コンダド・デ・テアと言う山のふもとに畑を持つ。
55haの大きな古い自社畑を持ち、リアスバイシャス内でこれだけ大きい自社畑を持っているのはごく僅かの生産者のみ。

東京+α美食☆探検記-Ca sento


アルコールAmontillado Bodega Vieja / Emilio Lustau

アモンティリャード ボデガ・ヴィエハ /エミリオ・ルスタウ


生産地:スペイン>アンダルシア地方>ヘレス地区
生産者:Emilio Lustau エミリオ・ルスタウ
アルコール度:18.5% vol.
タイプ:アモンティリャード

ヴィンテージ:NV


メモメモ

Emilio Lustau(エミーリオ・ルスタウ)

1896年に設立されたシェリーメーカー。
非常に個性豊かなシェリーを扱っており、中でもアルマセニスタ シェリーは特別な価値を持つ。

アルマセニスタたちの個人消費用等に使用されるため、その希少なアルマセニスタのシェリーをエミリオ ルスタウ社は個々に契約を結び、ラベルに彼らの名前、タイプ、ソレラの樽数(1/138、1/143等)を明記して製品化した。

製品のタイプはアルマセニスタの数と同じだけ違っており、その味わいは非常に繊細。
大手メーカーのソレラの樽数は1/10,000、1/30,000など。


エミリオ・ルスタウ社創立100周年を記念して造られた「センテナリー・セレクション」の一品。

ボデガ・ヴィエハに貯蔵してある、年代もののソレラ・システムから瓶詰めされたアモンティリャード。

限定5500本生産の超レアアイテム。


東京+α美食☆探検記-Ca sento


白ワインAvi Ton 2008 / Eudald Massana Noya

アビ・トン / エウダルド・マッサナ・ノヤ


生産地:スペイン>カタルーニャ地方
生産者:Eudald Massana Noya エウダルド・マッサナ・ノヤ

葡萄品種:charerro(チャレッロ)100%

ヴィンテージ:2008年


メモメモ

Eudald Massana Noya(エウダルド・マッサナ・ノヤ)

マッサナ家は、アルト・ペネデス地方にあるマセット・デル・ジェオーぶどう園を所有。
ぶどうの栽培は、18世紀半ばごろに開始。
ワイナリーとしての出発点は1777年。
そして1917年にマッサナ家は新しいぶどうの栽培とカバ造りを始め、現在に至るまで代々伝統にのっとり根気強く良質なカバ造りに専念している。
ぶどう畑をいじるのが大好きなオーナー、エウダルド・マッサナ・ノヤ氏。
手間ひまをかけ、ビオディナミ農法を実践している。


メモメモ

Xarel・lo / charerro(チャレッロ)

カタルーニャ州原産品種。

カバの3大主要品種のひとつ。(他、マカベオ、パレリャーダ)


東京+α美食☆探検記-Ca sento


ワインGran Reserva 904 1997 / La Rioja Alta

グラン・リゼルヴァ / ラ・リオハ・アルタ


生産地:スペイン>Rioja リオハ>Rioja Alta リオハ・アルタ

原産地呼称:Denominación de Origen Calificada(DOCもしくはDOCa)
生産者:La Rioja Alta ラ・リオハ・アルタ

葡萄品種:Tempranillo(テンプラニーリョ)90%, Graciano(グラシアノ)10%

アルコール度数:13.2% vol.

ヴィンテージ:1997年


東京+α美食☆探検記-Ca sento

ワインAbbaye de Lérins Cuvée Saint-Salonius Pinot Noir 2007

アベイ・ド・レランス サン・サロニウス ピノ・ノワール


生産地:フランス>プロヴァンス地方>アベイ・ド・レランス

格付:Vin de pays de Méditerranée(ヴァン・ド・ペイ・ ド・メディテラネ)

葡萄品種:Pinot Noir100%

ヴィンテージ:2007年


メモメモ

Abbaye de Lérins(アベイ・ド・レランス)

南フランスのカンヌ沖からフェリーで30分ほどの場所にある小さな島、レランス島。ここは西暦405年にできた修道院で、現在27人の修道僧(モアンヌ)がここで暮らし、働いてます。カンヌ市は400年ほど前までは全てこの修道院が所有し、現在はこの地のシンボルとして崇められています。"労働を神に捧げる"という信念のもと、修道僧たちが行っているのは農作業。この島の農作物は全て有機栽培で育てられ、修道僧たちは自給自足で生活をしています。中でも最も広範囲で育てられているのがぶどう。大昔からブドウ栽培はこの島の伝統であり、現在もブドウ栽培が彼らの主労働となっています。地中海性気候と恵まれた環境で育つぶどうは最高品質。もちろんそこから造り出されるワインは、想像を絶する崇高な味わいのものとなります。古くから儀式のためにワインは修道院でのみ造られていましたが、今は修道院を訪れる特別なお客様のためにひっそりと造られています。果汁はフリーランジュースを使用するというこだわりのワイン。

(ヴィノスやまざきより)

東京+α美食☆探検記-Ca sento
東京+α美食☆探検記-Ca sento

白Manzanilla La Gitana / Hidalgo La Gitana

マンサニーリャ・ラ・ヒターナ / イダルゴ・ラ・ヒターナ


生産地:スペイン>南部地方>Sanlúcar de Barrameda サンルーカス・デ・パラメーダ

原産地呼称:Denominación de Origen(DO)
生産者:Bodegas Hidalgo La Gitana (ボデガス・イダルゴ・ラ・ヒターナ)

葡萄品種:Palomino100%

ヴィンテージ:NV

アルコール度:15% vol.


メモメモ

Bodegas Hidalgo La Gitana (ボデガス・イダルゴ・ラ・ヒターナ)

国王カルロス三世がアンダルシアへの移民を奨励した18世紀に、スペイン北部からサンルカールにやってきた、ホセ・パンタレオン・イダルゴがボデガの持ち主の娘と結婚し、のちに義父からボデガを買い取り、1792年に設立した歴史あるシェリーメーカー。

同社を代表するシェリーとして有名なのが、「ラ・ヒターナ」。

ラベルに描かれるジプシーの女性の原画は、今も歴史あるボデガの一室に掛けられるイダルゴの看板にような存在。


ヴァレンシア風おじやと合わせて。

海の味がするマンサニーリャとの相性はバツグン。


東京+α美食☆探検記-Ca sento

アルコールPedro Ximénez / El Maestro Sierra

ペドロ ヒメネス / エル マエストロ シエラ


生産地:スペイン>アンダルシア地方>ヘレス地区
生産者:El Maestro Sierra エル マエストロ シエラ
葡萄品種:Pedro Ximénez ペドロヒメネス種
ヴィンテージ:NV
アルコール度:15% vol.

土壌:アルバリーサとよばれる石灰質土壌

熟成:ソレラシステムにて15年間

パーカーポイント:92点


メモメモ

El Maestro Sierra(ボデガ・マエストロ・シエラ)

1832年に元大工のホセ・アントニオ・シエラにて設立。
当時彼は全ての有名なシェリーハウスの樽を作る仕事を任されており、
その腕前は地域で一番と評判であったが、次第にシェリーの魅力に取り付かれ、
自ら最高のシェリーを造るために小さなワイナリーを設立した。


チョコレートチョコレートのアイスと合わせて。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

YUMOさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD



なかのひと

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。