2006年07月15日(土)

アロマフレスカ

テーマ:麻布 Azabu

CASA VINITALIA


アロマフレスカ
Aromafresca
住所:東京都港区南麻布1-7-31 Mタワー1F/2F
電話:03-5439-4010
営業時間:18:00~22:30
定休日:日、月

全席禁煙禁煙


電話予約したのが4/13。

一番、直近であいてる日を聞いたらちょうど3ヵ月後とのこと。


そんなわけで7/13に行ってきました。


同じ店内にあるカーサ・ヴィニタリア には先月行ってきて、視察済みグッド!なので、やや安心。


入口で自分の名前を告げ、2階に案内される。


中庭

中庭が見える席に通されました。

2階とは思えない景色です。


席札

席に座ると席札に私の名前が書いてありました。

予約したのが私なので、当たり前なのかもしれないけど、こういうのは嬉しいものです。

もちろん、YUMOとは書いてありませんでしたが・・・

まずは、飲み物。

グラスでスプマンテ。


ワゴン


ワゴンでキタ━━━━(°Д°)━━━━!!!!


しかも、スプマンテ3種類あって選べます。

こんなのパリのアランデュカス以来?


ワクワクしてきますアップ


説明を聞いて美味しそうな、コレにしました。


VALENTINO

↑ROCCHE DEI MANZONI VALENTINO BRUT ZERO RISERVA 1997

産地:イタリア、ピエモンテ
生産者:ロッケ・デイ・マンゾーニ社

品種:シャルドネ100%

グラス:1,500円


男性には値段の書いてあるメニュー、女性には値段がふせられたメニューが手渡されます。

メニューはコースで10,000円と12,500円の2種類のみ。


色々ネットで見ていたら定番10,000円のコースがオススメとあったけど、どっちにも食べたいものがあり悩み、結局食べたいものが多かった12,500円のコースにしてみました。


オリーブ

カーサ・ヴィニタリア でも出た、オリーブ。

これ大小、色とりどりで美味しいです。


お手拭
お手拭が席についてから出されたのですが、女性には女のコマーク、男性には男の子マークがあしらわれたケースに入っていてなんともかわいいラブラブ

こういう小物にも惹かれます。


最初の一皿

↑最初の一皿

うなぎとキャビアと?のミルフィーユみたいなもの。

それぞれの味が際立っているが、他を消してなく尊重している。

しかも、食感が素晴らしい。パリパリキス

コースの最初を飾るのに、文句なしの一品。


パン

このあたりで、パンが出てきました。

このコースが終わるまで、3回はお代わりしてました。。。コラッ、食べすぎ!

奥にあるゴマのチーズ風味のパンが特にお気に入り。



ここで白ワイン。

樽の香りのするシャルドネのものとお願いしたら、これを選んでくれました。


Cervaro

↑Antinori Cervaro Della Sala 2003

アンティノリ チェルバロ デッラ サーラ

産地:イタリア、ウンブリア州

生産者:アンティノリ

品種:シャルドネ、グレケット

ボトル:11,000円


コルク

とても好きな味音譜


アオリイカのカルパッチョ

↑アオリイカのカルパッチョ

ライムのソースに海ブドウをのせています。

ライムの酸味と海ブドウの食感が夏を感じます。


鮎の炭火焼サラダ仕立て

↑鮎の炭火焼サラダ仕立て アロマフレスカ風

鮎をこんな食べ方で食べるのは初めて。

中骨もきれいに取ってあって爽やかな風味です。


冷たいパスタ

↑冷たいパスタを少し

うにの冷製パスタ。

これ絶品!!

後味にピリっとするのは、唐辛子を隠し味にしているそうです。

あまりに美味しさに聞いてしまいました。


赤座海老のリゾピラフ

↑赤座海老のリゾピラフ

そして、ここのお得意ココット料理。

お米がかなりのアルデンテ。

お米一粒一粒に赤座海老のエキスがしみこんでいます。

赤座海老も食べ応えのある量です。

これまた絶品!!

ヤバイです。


さて、この辺で白ワインを飲み終えたので、次は赤ワインへ。


Barolo

↑Barolo Cascina Francia Serralunga d'Alba Giacomo Conterno 1993

バローロ カスチーナ フランチア セッラルンガ ダルバ ジャコモ コンテルノ

産地:イタリア、ピエモンテ

生産者:ジョヴァンニ コンテルノ

品種:ネッビオーロ100%

ボトル:28,000円


ワインから

クラッシックな味わいです。

今まで飲んだバローロの中でもダントツみたい。


仔ウサギと新ゴボウ、ルーコラのタリアテッレ

↑仔ウサギと新ゴボウ、ルーコラのタリアテッレ

自分ではあまり頼まないであろう組み合わせ。

でも、これまたウサギとゴボウがよく合うの。



時不知の温かいカルパッチョ

↑時不知の温かいカルパッチョ

トキシラズですよ。

ここでまたカルパッチョ?と思いますが、前菜的なイメージではありません。

かなり濃い時不知で、しっかり魚のメインといった感じです。

 

・柑橘のシャーベット

かなり目が冷めるすっぱさです。

ライムとパッションフルーツのシャーベットでした。

 

鳩の炙り焼 花ニラと夏トリュフ風味

↑鳩の炙り焼 花ニラと夏トリュフ風味

↑野菜のココット

目の前で鳩にトリュフをふんだんにかけてくれます。

香りがたって、さらに食欲をそそります。

「鳩を切るときは気をつけて下さいね。よく落とすお客様がいるんです!」と言われたにもかかわらず、最後の一切れにナイフを入れた瞬間、鳩が飛んでいってしまいましたあせる

あっというのもつかの間、スタッフの人が飛んできて鳩を捕まえてくれましたガーン


私「す、すみません・・・。」


スタッフ「ちゃんと食べました?」


私「はい、あと一口でした。」


スタッフ「よかったです。よく一口目で飛ばすお客様がいて・・・。」


なんて、いいスタッフなんでしょう!

ワインアルコールが入ってたとはいえ、申し訳ございませんでしたm(_ _ )m


・ドルチェお好きなだけ

とコースにあったけど、ほんと?

そんなこと言ったら、ずっと食べ続けてしまいますよ。


白桃のコンフォート

↑白桃のコンフォート

これもウマ---です。

ペロっと食べれてしまいます。


マンゴー

↑マンゴー?

覚えてません・・・。

ティタイム

↑食後のお飲み物

紅茶や中国茶など葉っぱを持ってきてくれて、選びます。

普段はコーヒーなんですが、つい紅茶を飲みたくなってしまいました。


お菓子

プティフール

これが食べ放題みたい・・・。

見ると食べたくなるけど、食後じゃそんなに食べる人はいないでしょうね。

食前だったら、大変!

3ヶ月待ったかいがありました!


味よし、ポスピタリティよし、文句のつけようがありません。

ただ、、飲みたいものを飲むと金額はそこそこいってしまいますが・・・。

コペルト 1人500円



☆お会計2人で74,800円☆



次の予約をしてた方がいいかしら?

もう、行きたくなってますナイフとフォーク




レストラン・飲食店ランキングは↓↓↓こちら↓↓↓

                ↑ポチっと押してワン---しっぽフリフリ


YUMOさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。