対極の法則

常に陰陽和合を求めて生きている。


テーマ:

3、長女が長男嫁を離婚させたために…。図式3参照

近くに嫁いだ姉長女は、

毎日実家の農作業を手伝っていて、

犬猿の仲の弟嫁が離婚したので、

気兼ねなく親孝行と手伝いをしていました。

だが、姉長女の息子長男が

小学校の高学年の頃からいじめっ子になり、

クラスの大部分から嫌われていましたが、

姉長女たる母はあまり気にしませんでしたが、

中学校に進学してから、

非行グループと付き合うようになり、

母の財布からお金を盗むようになり、

ようやく罪の深さが分かってきました。

 

 

図式3を見てから、

非行に走った息子長男と離婚した弟嫁とは、

〔前世の母と息子〕だと理解し、

息子長男が、

「お母ちゃん、なぜ僕の大切な叔母さんを捨てたの!」

と訴えているので、

母は実家の手伝いをやめ、

いっさい近づかないと誓い、

離婚した弟嫁に詫びに行ってから、

息子長男は非行から立ち直りました。

この場合でも、

嫁がせた娘まで引き寄せている両親が

加害者で姉長女が共犯者になり、

親子で長男嫁をいじめていましたから、

息子が被害者として母たちに

偽善の罪を訴えていたのです。

母たる姉長女は、

「非行少年たちが息子を救ってくれてありがとう」

と感謝することができたから立ち直ったのです。

 

いまの社会は父親や男の人の存在が

薄くなってきたようですが、

昔は男側の立場を重んじて、

嫁側の親は婿側の親や親族に対して、

恥をかかせたくないようにという

配慮がありましたが、

いまでは遠い昔の話になってしまいました。

婿側に対しての心構えを持つことは、

みずからの家紋の誉れや名を

汚さないためにという意識があったからなのです。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2、祖母がいじめっ子! 図式2参照

 

母親は嫁側の親の近くに住んでいる息子長男夫婦よりも、

 

家の近くに住んでいる娘二女や孫たちに、

 

いろいろな物を与えて行き来をしていました。

 

だが息子長男夫婦の娘長女が

 

小学校六年生になって間もなく、

 

いじめられ不登校になってしまったことを

 

息子長男から聞きましたが、

 

「お前が嫁側の家にばかり行くからだ」

 

と説教して取り合わなかったが、

 

娘二女の息子長男が同級生にいじめられて、

 

不登校になってしまいました。

 

 

祖母は娘や孫かわいさの余り出しゃばっていた罪の深さが分かり、

 

いっさい娘や孫にいろんな物を買い与えず、

 

メールや携帯でのやり取りをしないと誓い、

 

息子長男夫婦と娘婿に詫びてから、

 

両方の孫たちが元通り学校に通うことが出来ました。

 

娘と嫁が同じ事をしても、

 

娘はよく見えて嫁の行動に怒れることは、

 

天に唾する行為や五十歩百歩と同じ事になるのです。

 

 

図式2を見てもらいますと、

 

孫長女と孫長男は、

 

祖母と同じ命になることが分かると思います。

 

この場合でも加害者は祖母で孫たちをいじめていたことになるのです。

 

それに手を貸したのが娘二女で、

 

兄長男夫婦を無視した共犯者ですから、

 

いじめっ子を引き寄せてしまい、

 

孫長女と孫長男が被害者になって気づかせてくれていたのです。

 

そのまま知らずに学校や誰かの責任だと言うだけでは、

 

孫たちのいじめや不登校だけでなく、

 

うつ病や結婚の縁まで無くしてしまいます。

 

 

また、いじめや不登校だけでなく、

 

大部分が偽りの親切心が原因で、

 

アトピー皮膚炎やゼンソク、家出や蒸発、

 

統合失調症や引き籠もり、酒乱やギャンブル凶、

 

不倫や離婚、借金問題やリストラ、認知症や徘徊、

 

遺産相続争いまでも発展してしまうケースが多く、

 

そのために宗教の餌食になり、

 

「供養が足りない」

 

「先祖が浮かばれていないから」

 

「先祖を祀らないといけない」

 

「先祖のいない人はないのだから‥」

 

と言われてしまい、

 

先祖供養や墓参りや陰祀りに手を出してしまい、

 

深みにはまって何が何だか分からずもがき苦しんでしまうのです。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

これからいじめ問題を書いていきたいと思う。

またHP「たまごひめ物語」を検索してもらえば

少しは分かると思いますので

是非読んで下さい。

 

1、父が娘をいじめっ子にさせていた。 図式1参照

父三男と妻は、

長兄夫婦と折り合いが悪い母親のために、

毎日のように交代で親孝行をしているが、

娘長女はいじめっ子になり、

同級生の男の子に暴力を振るい

停学になったばかりか、

家庭内暴力になり、

どうして良いのか分からない父三男は、

「こんなに親孝行をしている私たちの娘が何故‥‥」。

母親と父三男夫婦が長男嫁を憎んだために

娘長女が償いをしているのです。

まず左記の図式1を見てもらいますと、

母親と兄長男と父三男と、

いじめっ子になった娘長女は同じ魂になり、

父親と兄嫁と母三男嫁は

同じ魂になることが分かると思います。

父三男夫婦が兄長男夫婦を無視して、

母親に孝行していたから、娘長女が、

「おばあちゃんに孝行をするよりも、

本家の伯父ちゃん夫婦の立場を守って!」

と、みずからを犠牲にして償うために、

いじめや家庭内暴力を起こして気づかせていたと

解釈すれば謎が解けます。

父三男が母親をかわいそうだと思うことは、

本家の兄長男夫婦を嫌っていることになり、

〔気に入ると気に入らない〕〔親孝行者と親不孝者〕

の区別で無く、

差別で物事を判断していることを

気づかせてくれているのです。

 

父三男は被害者だと思っているようですが

実際には加害者であり、

娘長女は心の被害者として訴えていたことに気がつき、

母親に対して労ることをやめて、

兄長男夫婦へ、

〔あなたの命に出会えてありがとう〕

と念じ兄嫁に詫びて間もなく、

家庭内暴力が治まり、

いじめもしなくなり明るい家庭に戻りました。

 

被害者は加害者の意味を理解するのは

なかなか難しいようですが、

少しずつでも命の絆の法則が分かれば、

どんな家系でも図式を書けば、

誰の罪で不登校や引き籠もりだけでなく、

うつ病や祖父母の徘徊などもすべて分かり、

未然に防ぐことが出来ますので

理解してもらいたいと思います。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いじめで自殺が後を絶たないが、

実際にはいじめた方もいじめられた方も

親や祖父母が作った罪を背負っているだけ。

それを理解してもらいたいために

いろんな実例の図式を書きます。

また他の図式を

「たまごひめ物語」のHPに

載せてありますので

そちらも参考にして気づいてください。

 

№1弟が財産を奪い取った証が自殺と引き籠もり。

魂はたったの二つだけが寄り添いながら

家族が形成されている。

誰の魂が我が子に里帰りして、

誰の魂が我が子の嫁は配偶者になるか?

これが分かればもめ事や憎しみがなくなるのでは

 

 

 

№2いじめで自殺したのは祖父が犯した罪の償い。

罪を犯した張本人には罪がこない。

なぜ罪を背負わないのか?

それは気づき悟りを開き二度と同じ過ちをしないと

神に誓うことだけ。

ただ神は無言で導き、意見を言わず

ただただ見守るだけ。

これが神の存在

 

№3親思いが娘を自殺に追いやった同時進行。

親思いや親孝行者が世間ではもてはやされているが、

親孝行では無く先祖供養でも無い。

いまの社会で起きている犯罪や悪い出来事は

すべて図式で回答出来ます。

だが、

なかなか理解してもらえない人たちが多いのも事実です。

まだ他にもいろいろ実例がありますが、

これだけでも少しは理解出来るはずですので

思い当たる家系は気づいて改善して見てください。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

成功するには遊び心を持つこと。


私は元来、生真面目な性格ではなく、遊び人の性格を持っている。


だから仕事も遊びの延長として人と接している。


猫舌ではなく毒舌だが、それでもいろんな人がやって来る。


リピーターという人たちやその人から紹介された人たち。


易学を説くのではなく、教義を教え説くのではなく、人としての生き方や親子の立場と順序や向こう三軒両隣を説いているだけだが、それだけで病が治ったり、うつ病や統合失調症、アトピー性皮膚炎やゼンソク、離婚や不倫問題、夫婦喧嘩や親子喧嘩、不登校やいじめ問題、家庭内暴力や非行問題など、様々なことが良くなってきたりしている。


だから「御札を受けなさい」とか、「ご祈祷しなさい」「グッズを持ちなさい」といっさい言ったことがない。


ただ私は毒舌と辛口で言うだけ。


憎まれっ子世にはびこる

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

清水の次郎長は、勝海舟と会見した?

講談師見てきたような嘘を言うと言われるが、

その次郎長親分に勝海舟は、

「あなたには何百人の子分がいるが、あなたのために死ぬ者が何人いるか」

と問われたときに、次郎長は‥‥


東海道一の親分

これが生き方でないのか。

これが男が男に惚れる男ではないのか。

これを高校時代にテキ屋の大将から教えてもらった。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

私は愛知県豊橋市の地元では「おんたけさん」と親しまれている宗教家の五代目として生まれたが、最終学歴は三ヶ日高等学校を三年間、主席を貫き通した。


その主席とは三年間53番中、なんと53番の最下位の主席。


それを三年間、誰にも地位を奪われなかった。


花札から始まり、麻雀、パチンコ、その間にテキ屋でのバイト。勉強する暇は無い。


勘当人生。

飲んだくれ人生。

泣き虫人生。

浪花節人生。


いまの社会では離婚問題が起きそうな生き方だが、そんな生き方でも人生は成功人生になっている。


「何故?」と周りの人たちは口を揃えて言う。


それを今の若人たちに見習ってもらいたいとは言わないが、少しは参考になるのではと思う。


まず褒められたいのなら、みずからを褒めること。


成功したいなら成功者を応援すること。


頭を下げることが出来る自分に頭を下げる。


許す自分が許される。


すべて自分中心が成功への近道。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

うつ病や統合失調症、いじめや不登校や引き籠もりや非行、アトピー性皮膚炎やぜんそく、病や突然死、相続争いや倒産、仕事の解雇やニート、火事や泥棒、家庭内暴力や酒乱、家出や蒸発、交通事故など様々な問題は魂の原理からみれば、すべて同じ原理になっている。

東洋医学と西洋医学の違いは、西洋医学では、内科は内科、外科は外科というようにそれぞれの分野が違うようになっているが、東洋医学は肝臓機能と眼や胆嚢は繋がっている。

魂もたった二つが四つになり、四つから十六というように倍々になるから、全世界の人たちと繋がってくるが、そこまでしなくても、家族として見てもらえば簡単に誰が出しゃばれば誰がはじき出されてしまうのか一目瞭然である。

長女が実家に出しゃばれば長男嫁がはじき出されてしまう。


二女婿が妻の実家に出しゃばれば長男嫁がはじき出されてしまう。


二男が実家に出しゃばれば長男嫁がはじき出されてしまう。


二女が実家に出しゃばれば長男がはじき出されてしまう。


長女婿が妻の実家に出しゃばれば長男がはじき出されてしまう。


二男嫁が主人の実家に出しゃばれば長男がはじき出されてしまう。

これが定員オーバーの原理である。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

離婚してきた娘長女と孫息子を引き取ってから、息子二男が同時進行で中学三年生の冬に不登校になった意味が分かり、親は鬼になり娘長女と孫息子に手も足も出さないと思い家から出した。


それから娘の親として離婚した婿に、

「いままで無視して娘と孫かわいさで引き寄せていたことをごめんなさい」

と詫びた。


離婚した婿は

「僕の方が悪いんだから仕方が無い」

と言うが、娘の親として

「いい婿に出会えてありがとう」

と言い切った。


それから二人が話し合い元の鞘に収まり、不登校になった息子二男も学校に通うことが出来た。


魂の原理から見れば、離婚した長女と弟二男は同じ魂になり、定員オーバーを気づかせるために息子二男が不登校になった。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。