5月24日に、徳川ミュージアムで一般社団法人文化倶楽部 主催の

生垣づくりのワークショップが開催されました。


講師は若者のスタッフも多く、” 人とのつながりと、環境を考える ” をスローガンとしていらっしゃる

株式会社 仁風 代表取締役の 菊池 寛人さん。

ドイツにサッカー留学を長年していらしたという異色の経歴をもつ若手の庭師さんです!


主に首都圏から約30名もの方々が参加し、協力して竹垣づくりを行いました。



シュロ縄を使った伝統的な結び方を用います。

このロープワークが難しいのだそう!

みなさんの努力の結晶 完成した竹垣がこちらです!!

苦労されたであろう、結び目がアクセントになっていますね。



生垣は、防風、景観、目隠しなどを目的に作られるもので、

日本の庭づくりにはなくてはならないもの・・・


今回のワークショップを通して、日本の庭づくりへの関心がさらに深まりました。


優 ・ ふく

AD