バイラルCM

テーマ:

バイラルCMとは、主にインターネットで配信されるウイルスのように口コミで広がるCMのこと。


以前に口コミによる広告のネタを書いたような気がしますが。

やっぱりこの辺 、来そうです。いや間違いないです。



バイラルCM

参照元:おもしろCM


どうやって口コミを広げるのか


インターネットはとても使いやすいツールとなるのかもしれません。

ちょっと考えただけでも

トラックバック、コメント

この辺の情報操作によって、世の中に与える影響はデカイです。

んーそれをどうやって商売につなげていくか?

ちょっと面白くなってきましたね。

AD

ホワイトバンド

テーマ:
3秒に1人の子供が貧困で亡くなっている。

日本にいると信じられない話ではあるが、

そういった国はどちらかというと少ないのかもしれない。

日本では貧困でなくなる子供は少ない。

つまりそういった貧困でなくなる子供が少ない国を考えないと

どんな割合になるのか?

考えただけでもゾっとしてしまいます。

貧困でなくならないのがおかしいといった国も出てくる。

だからと言って日本に生まれて幸せなのか不幸なのか?

それすらもわからないが、

子供で亡くなるということはそれすらも考えさせてもらえない

幸せでも不幸でもない、とても悲しいことだと思います。

そんな意味でもこのホワイトバンド

みなさんもつけてみて、いろいろと自分で出来ることはないか

考えてみてはいかかでしょうか?
AD

a-nation

テーマ:
行ってまいりました。

a-nation

a_nation
aはもちろんavexのaです。




2002年の第1回目開催以来、過去3年間で延べ100万人を動員した国内最大級の野外フェスティバル「a-nation」。

毎年場所を変えて今年は 

味の素スタジアム
京王線飛田給駅そば
での開催です。

イベントごと大好きな私は年甲斐もなく

行って参りました。

んーやっぱり年齢層はかなり低めで高校生くらいがメインでしょうか。

女の子の割合が高めですね。

あとはオタク系の方々が少々。

といったところでしょうか。

私の座ったスタンド上段席はちょっと遠すぎてアーティストたちは

ほとんど見えないに近い。

やっぱりそういった点ではロッキンジャパンとかにはサービス面でかなり遅れています。

トイレに1時間近く、食料、飲み物の調達にも1時間。

ちょっとそれはいけませんね。

トイレと食料調達に2時間も使ってたらアーティスト4組を見逃す覚悟で

行かねばなりません。

もうちょっと配慮が必要なようです。

やっぱりすべてのアーティストを見たいというのもありますが、

お気に入りのアーティストは近くで見れるような

自由に動けるロッキンジャパン

立ち見席の確保は必要だと思います。

指定席扱いはもう古い。

そう感じてしまうのは私だけではないはずです。

そういった面から考えるに、著作権問題(コピーコントロールCD)とかみても

遅れをavexさんはとっているのではないでしょうか?

すでにapple music store とか

デフテックのダウンロード限定シングルとか

そういった新しいことをどんどん企画するだけではなく

実行していかないと

まずいことになりそうです。

えらそうなことを書いてしまいましたが

大塚愛 はかわいいですね。

ではおやすみなさい。

AD

WebScan

テーマ:
Webサイトの企画、制作、開発に携わるプロフェッショナルの皆さんにとって、Webページのキャプチャは日常的な作業のはず。資料やマニュアルの作成にWebページのイメージ画像は必要不可欠です。

ところがWebページのキャプチャは何かと面倒でした。

なんといっても必要な部分が一度にキャプチャできないとき。少しずつずらしてキャプチャして、1ピクセル単位のつなぎ合わせ。そんなイライラする作業を・・・

WebScanはMicrosoft Internet Explorerのツールバーのボタンを1クリックするだけでキャプチャーだそうだ。


http://www.iburiworks.com/

随分便利なものがあったものだ。

横山健 l ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2005

テーマ:
横山健を観るためと言っていいのですが

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2005

行って参りました

実るほど


頭をたれる

稲穂かな

ken
横山健



夏フェス先駆者であるHi-standardのギター

横山健は最高にかっこよくて

涙がでました。

夏フェスの参加者は若い人が多いので

横山健がどれほどすごい人なのか知らない人が多いのかなって

思いますが

やっぱりそのなんというか存在感とか

アーチストはみんなそうなのかもしれないけど

もがき苦しんだ上での自信

が見ているこちらにも伝わってきました。


個人的な意見ですが

夏フェスにはメロコアが一番似合う


ken bandを観ていて確信しました。

来年も夏フェスに参加するなら

ken bandが出ているところに行きたい。


是非これを読んだ人は

Hi-standard

Hi-STANDARD, 難波章浩, 横山健, 恒岡章
LAST OF SUNNY DAY


ken yokoyama

Ken Yokoyama, 横山健
The Cost Of My Freedom

を聞いてみてください。

音楽の新しい形

感じることができると思います。

アートとデザイン

テーマ:
アートとデザインは違います。

特に商業デザインをアートと勘違いしている方は多いように思います。

マーケティングがあってのデザインであり、

かっこいいとかきれいだとかはあまりデザインには必要ないと思っています。

商品が売れるためには、お笑いが人気の今の世の中だと、かっこいいよりも面白いのほうが

売れるデザインとしては 上ではないのか(ものによるとおもいますが)。


デザインをするのはビジネスマンであり

アートをするのはアーティストである


デザインは人に選ばせるための手段であり、

アートは人が選ぶものである。


根本的に違うような気がしますが

みなさんはどう思いますか?

日本水泳 男子メドレーリレー3位

テーマ:
それにしても水泳界が熱いですね。

メドレーリレーは


背泳ぎ

平泳ぎ

バタフライ

フリー(クロールでなくてもかまわない。ただ泳ぎの中でクロールが一番速いためにみんなクロールで泳ぐ)


の順でリレーするという

個人競技水泳では珍しい

団体の種目です。


昔から、自分はこの競技が大好きでした。

水泳って水の中だから特に孤独なスポーツで、

その中で仲間を感じられる、貴重な時間だったからです。

今、パソコンをいじる仕事をしていてこんな風に仲間を感じられる

瞬間はないに等しい状態となっていますが。

パソコンにもメドレーリレーのようなチーム的要素を

取り入れられたら、ちょっと面白いかもしれませんね。

んーわけわからん。