上に立つということ

テーマ:

上にたつということ



上に立つのは別に好きじゃないけど

何年か仕事してれば部下ができる

でも俺は対等に物事を考える人間でありたい

意見を取り入れたい

金さえあればいいってもんじゃないとか誰か言ってたけど

ちゃんと話は聞こーよ

聞く耳をもたない人に

変化はない

成長もない




著者: 中谷 彰宏
タイトル: こんな上司と働きたい
AD

レオナルド・ダ・ヴィンチ

テーマ:

レオナルド・ダ・ヴィンチ


レオナルド・ダ・ヴィンチについての秘密はいろいろあるが

モナリザ”はなぜ世界でもっとも有名な絵となったのだろうか。それは、レオナルド・ダ・ヴィンチが残した絵そのもののにこめられた秘密のせいなのかもしれない。人々を惹きつける“モナリザ”の魅力とは?



実をいうとマグダラのマリアモナリザだったらしい。


マグダラのマリア<strong>はイエスキリスト</strong>の子供を身ごもっていたらしい。


娼婦だったマグダラのマリア<strong>がイエス</strong>の子供を身ごもったとすると


キリスト教的にかなりのタブーというか威厳が下がるというか


それを隠すために秘密結社が結成されていたらしい。


その暗号としてのモナリザ


それは、2枚存在していて


近いうちに公表するとのこと


俺もこのくらいの暗号とか秘密とか作ってみたいなぁ


男は暗号とか冒険とか黒いブーツとか


なぜか興味がわくんだよねぇ


女の人にもわかるかな?




著者: アレッサンドロ ヴェッツォシ, Al’essandro Vezzosi, 後藤 淳一, 高階 秀爾
タイトル: レオナルド・ダ・ヴィンチ―真理の扉を開く





著者: ダン・ブラウン, 越前 敏弥
タイトル: ダ・ヴィンチ・コード (上)









著者: ダン・ブラウン, 越前 敏弥
タイトル: ダ・ヴィンチ・コード (下)
AD

ブログ

テーマ:

ブログ


これだけポータルサイトのブログが発展してくると

自分で運営するメリットというものが

あまりなくなってくるような気がする

デザイン的に変えたいとか、そういう理由でもないかぎり

機能的にみても、無料ということからみても

勝ち目がないのかなぁ

みなさんどう思いますか?


著者: レベッカ ブラッド, Rebecca Blood, yomoyomo
タイトル: ウェブログ・ハンドブック―ブログの作成と運営に関する実践的なアドバイス
AD

卒業

テーマ:

卒業


もう大学を卒業して七年もたつ。

その七年の間に社会人になって、転職して

また学校に行ったりして

いろいろあったけど俺はちゃんと成長しているんだろうか

卒業すると毎日会っていた人たちとぱったりと

会わなくなって

もしかするともう一生会わない人も多いんだと思うと

ちょっとかなしい。

みんな元気でやってるのかな

もう結婚したひとも多いんだろな

同窓会でもあれば参加したいと思う今日この頃。



著者: NoData
タイトル: 「恋のから騒ぎ」9期生卒業メモリアル’02‐’03

NANA

テーマ:
このアメログを書き始めてはじめてランクが下がってしまいました。

んー残念。

何を書こうか迷ってしまいますね

最近、NANAっていう漫画がはやってるらしいです。

映画化されるとか

読んだことはないのですが

ミュージシャンを目指すNANAが二人いるとかなんとか

思うんですけど

女のひとは、男の漫画読んでもとくに普通ですけど、

なかなか男は、女の人の漫画は読みずらくないですか?

服も女の人が男装してもかっこいいけど

男が女装するとねぇ

難しいところですが

ちょっとうらやましかったりします。





著者: 矢沢 あい
タイトル: NANA (1)

いぬのえいが

テーマ:

いぬのえいが



この映画はヤバい!

マジ号泣してしまいました。

いぬを飼ったことのない自分が号泣するくらいなので

相当なものかと思います。

どうして?


どうして?


どうして?



これ以上はネタバレの原因になるのでやめておきます。

犬は人間の7倍の速さで一生を駆け抜けていくって言いますけど

ほんとに大事にしなければならない動物だと感じました。

そのいっぽうで

犬の殺処分数
飼い主の持ち込み:144371
迷い犬の捕獲  :250363
返還・譲渡   : 30000
実験・払い下げ等: 10357
飼い主の持ち込み:274557

殺 処 分   :280819
▲A動物保護団体より抜粋
http://www.tanteifile.com/tamashii/scoop/0303/28_01/


とてつもない罪のない命が・・・

無責任な行動はやめましょう。



著者: 佐藤 信介, 竹内 清人
タイトル: いぬのえいが―小説・ポチは待っていた

いぬのえいが公式HP

ソニー

テーマ:
最近自作パソコンから光端子でアンプにつなげて

音楽を聞きながらパソコンをいじるようにしている

それにしても

iTune

の操作性はいい。

ソニーは独自の音楽ファイル形式にこだわりすぎて
(それだけではないとは思うが根本的に)

業績がとてつもなく悪いという。

著作権問題等の受け取り方であまり意識しすぎると

業績をのばすのは難しくなるのかもしれない

著作権だか個人情報だかの保護法が4月1日から始まるらしいが、

それによって出来ること出来ないことがはっきりしてくるのかと思う。

利益も大切だが、やはりユーザー視点に沿った使いやすいものかっこいいものが

これからも売れていくのかなぁと思う。

ソニー大好きな自分としては、復活を願うばかりです。

あいさつ

テーマ:
朝、ちゃんと挨拶してますか?

笑顔で大きな声であいさつするとなんだかいい気分になります。

朝は眠くてそんな場合じゃないって言う人もいるかもしれませんが

無理にでも笑顔であいさつするとちょっと気分が良くなります。

私もあんまり朝が得意というより苦手なので人のことはいえませんが

日本のみんなが笑顔であいさつするようになったら

未来は明るいと思います。





著者: パキラハウス
タイトル: ちょっとしたものの言い方

業界によって

テーマ:
業界によってWebは使えるものと使えないものではっきりとしてきた気がする。

やっぱりものを売るにしても価格で合うものとあわないものがあるし、

その辺で売ってるものを売っても中にはいいものもあるかもしれないけど

ある程度の付加価値は必要だし

会社案内みたいなサイトを作ったところであんまり効果は薄いと考えられるし
使い方によってはいいのかもしれないけど

印刷業界とかはどういうサイトつくったらいいのでしょうかね

むずかしい(~o~)



著者: ジャレッド・M. スプール, W. シュローダー, T. デアンジェロ, T. スキャロン, C. シュナイダー, Jared M. Spool, Will Schroeder, Terri DeAngelo, Tara Scanlon, Carolyn Snyder
タイトル: Webサイトユーザビリティ入門―ユーザーテストから発見された「使いやすさ」の秘密