夏休みまでの目標

テーマ:

お久し振りです。


次の記事は東大模試の結果が帰ってきたらとか言ってましたが、更新してしまい申し訳ないです。


東進の東大模試は1週間程前に終わりました。結果ですが、最短で1週間後には帰ってくるそうです。かなりできた科目と、そこそこの科目と、全く出来なかった科目がありますが、結果が帰ってくるまではどうなってるかわかりません。全体的にアウトプットの不足、また東大形式の試験に余り慣れてないなということを感じました。まあ模試についての細かいことは、その時のブログで書きます。何故かは知りませんが、アメーバでブログ書いている人はこの模試受けてない人が多いみたいですね。なので非常に可能性は少ないと思いますが、問題が当たったら儲けものです。


さて、後丁度1ヶ月程で夏休みとなります。この記事は5月から今まで、前回の記事の内容を踏まえた反省をし、夏休みまでの目標についてのものとなります。


早速5月の反省をしていきましょう。5月の目標は下の4つでした。

〇世界史はグループを5つ進める。一問一答と教科書を完璧に近いレベルで暗記する。基礎はこの時点で完璧に固め、東進の東大模試が終わったら論述に入れるようにする。

一問一答と教科書を完璧に暗記してたら、模試で1位とか取れるんじゃないかな?笑。今思うとかなり無理のある目標だったかも知れません。ただ、試験日までにはどの受験生も教科書の内容を完璧に理解を伴う暗記をしてくると思うので、早く憶えた方が良いでしょうね。目標達成を達成したかと言うと、✕でしようね。


〇数学は微積と座標の例題と練習問題をじっくり2周する。復習中心に進めて、東進の東大模試に向けて完璧に近づける。

1対1対応の微積と座標は2周しました。2周しましたが.....。目標達成についてはまあ〇な筈、筈だが.....。

〇日本史は書き込み教科書を使って近現代の知識を入れる。

日本史は余り勉強しませんでした。ここから追い上げます。✕。


〇英語は東大模試の過去問演習で高得点を出し続ける(90点以上)

模試の過去問演習は大体悪い時は80後半、良かったら3桁に届く様になりました。まあ出し続けられては無いので✕。


5月の目標、全然達成出来てないですね.....。前回の記事に掲げた生活上の目標もありました。その反省もしていきます。


アニメ関係は全く見てません。〇城〇 〇はめちゃくちゃかっこよくて可愛くて面白くて、僕の中での天使ですが見てません。共学なのに男子校みたいな生活を送るのは楽しいです、笑。僕は小中高と男子校だったような気がします、笑。

オ〇禁は簡単に出来ました。僕は豆乳を飲みだしたら全くそういう気になりませんでした。〇ナ禁は様々な効果がネット上では言われていますが、まあ寝起きとイケメン効果は普通に実感出来ますね。二重が安定してます。

勉強後の疲れも克服しました。個人的にはブドウ糖は今回の模試のMVPです。


以上、生活面での反省でした。こっちは割と出来てるような、笑。生活が上手くいっても学習が上手くいって無ければ駄目ですね。

では夏休みまでの目標です。

〇日本史の通史をやり遂げる。

近現代に集中するのはやめます。もう本格的に通史を終わらせないとまずい時期ですね。高2の授業と今までで1通りやったのですが、本格的にはやれてなかったので、ここで通史をやります。夏休みに過去問と並行して通史をもう一度やる予定なので、取り敢えずは過去問以外の教材で何周かやります。使用教材は詳説日本史と日本史ガイドブックです。近現代はこの過程で得点源になったら、と思います。日本史で一番好きな時代ですし。

〇世界史は教科書の記述をアウトプットしながら、教科書を覚えつつ、論述に対応する力を養成する。

世界史は日本史と同様夏休みから過去問40年をやるつもりです。それに対応すべく、教科書の記述をアウトプットします。具体的な方法は、JOPを参考にしたのですが、教科書の小見出しを全部書き出して、そこから教科書の記述を再現するつもりです。今回の模試で一番アウトプット不足を感じたのは世界史だったので、その結果このような形となりました。アウトプットするのは、一番慣れ親しんだ山川です。東京書籍と今回購入した帝国書院は、比較して読む程度にします。また、週末は世界史論述練習帳newを使って論述の型を身につけます。

〇数学は一問完答を確実に出来るように勉強する。

方針は変えずに僕の現時点での実力と残された時間から、図形や微積の分野を取るのに注力します。よって、図形の性質、三角関数、ベクトルも合わせて確り演習します。使用教材は微積と座標は1対1対応を継続、その他の図形分野は教科書等を復習して基礎を再確認してから1対1対応をやろうと思います。今の感じだとセンター数学の選択は1Aが整数と図形、2Bがベクトルと統計になりそうですが、こんな選択で大丈夫か?って感じですね。まあ対策は最小限で済むので、僕にとってはこれがベストでしょう。大丈夫だ、問題無い。模試を受けた感じだと、僕にとっては数学40点以上で他は普通の点数で合格するよりも、数学0点でも他で補って合格する方が簡単に思えてきます。まあ流石に数学0点では受からないと思うので、20点を狙います。

〇英語は東大模試演習で高得点を取り続ける。週末に集中して多読多聴をやる。

東大模試演習はガンガンやってきます。直前期用の問題が無くなるとか知ったこっちゃないです。ただ、一応赤本収録分の過去問はセンター後に取って置こうとは思っています。後は多読多聴ですが、平日は学校の授業だけにして、週末に集中させます。僕の学校の英語の授業は週に10単位ですし、まあ大丈夫でしょう。後はイギリス英語への対策用として、イギリス英語を聞くの青い方の本を買いました。東大模試は予備校の怠慢なのか、キレイな発音の人しか採用してないので、東大形式でイギリス英語を聴けないのは不安ですが、やるしか無いでしょうね。それにしても東進模試のリスニングは簡単だった、笑。


以上、夏休みまでの目標でした。受験本番まであと少しですね.....。気を引き締めて勉強していきます。


次の東大模試の記事でまた会いましょう。


AD