ライフ★リボーン~新たな自分と出逢う為の秘訣~

二度の離婚&三度目の夫には自死で先立たれました。

私の事を“底にいる人”と評した人もいました(苦笑)

しかし、この世には経験と学びの為に訪れているのです。

物事を見る方向を変えて楽に生きてみませんか?

周りの人たちが何と言おうと、

私は不幸せなんかじゃない!

と決めたら、絶対変わります!

私がそうでしたから!

テーマ:
いつもブログにお越しくださり、本当にありがとうございます!


そして、いつもいいねやメッセージをありがとうございます!!


はじめましての方はこちらもご覧くださいね♬


自己紹介①夫と出逢うまでの私…

自己紹介②夫が亡くなってから…

自己紹介③引き寄せと引き起こし…



今日も中々のいい天気❤︎
若干、太陽さんも力が無くなって来た感じですけどね〜^^;




ここ最近、ずーーーっと雨模様が続いていたので、(雨でもテニスは毎週末やってましたよ!)雨ももちろん必要なんですが、『やっぱり太陽はいいなぁ』と実感しております^_^




さてさて、昨日は仕事終わりにずっと観たかった映画『怒り』を観に行きました♬



『横道世之介』、『さよなら渓谷』などの原作者、吉田修一のミステリー小説を、『悪人』でタッグを組んだ李相日監督が映画化した作品。



殺人現場に『怒』と言う血文字が残った未解決殺人事件から1年後の千葉、東京、沖縄、を舞台に3つのストーリーが紡がれる群像劇で、前歴不詳の犯人に似た3人の男と、出会った人々がその正体を巡って、疑いと信じる気持ちの狭間で揺れる様子を描いたものです。


{AF2D9BB8-595F-4141-9E22-5DFE2BE67BE2}



出演者は、渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、宮崎あおい、妻夫木聡、広瀬すず、など、日本映画を代表する豪華キャストが集結しています。



ストーリーは、八王子郊外で夫婦が惨殺され、風呂場で現場検証しているところから始まる。



ある夏の日、風呂場に殺された夫婦2人が並べられており、実際に殺害されたとおぼしき部屋の壁に『怒』の血文字が残されていた。



証拠はあるものの、事件から1年が経過しても犯人は特定出来ないままであった。



場面は変わり、槇洋平(渡辺謙)が、家出をした娘の愛子(宮崎あおい)が都内の風俗店で見付かったとの情報を得て迎えに行く。



断ることが出来ず、客のどのような要求にも応えてしまう為、ボロボロの状態で粗末なベッドに横たわる愛子と、愛娘の痛々しい姿に何も言えない洋平。



愛子の危ういところと、娘を思う余りに過干渉になってしまう父の姿…



ある日、洋平が勤める千葉の漁港にふらりと現れた田代哲也(松山ケンイチ)に心惹かれる愛子、やがてお互いに想いを寄せるようになり、一緒に暮らし始めるが…



次なる舞台は新宿三丁目、同性愛志向の男性同士が出逢えるバーやホテル?に場面は変わり、そこで一夜の相手を探すエリートサラリーマンの藤田優馬(妻夫木聡)は怯えるように壁際にうずくまる大西直人(綾野剛)と半ば強引に関係を持つ。



直人は優馬に何を聞かれても自分の素性を答えない。



しかし、行くところもないと言う直人に何故か惹かれるものを感じて、優馬は自分の住む豪華なマンションに誘い入れた…



尽くすタイプの直人に徐々に本当の自分を見せることが出来るようになる優馬…



最後は碧い海が本当に美しい沖縄が舞台に。



小さな孤島に同級生知念辰哉(佐久本宝)の操縦する舟に乗って向かう小宮山泉(広瀬すず)、誰もいない筈の孤島の朽ちかけた建物の中で田中信吾(森山未來)と出会う。



どうやってここへ来たのか?
何故来たのか?
何をしているのか?
泉の問いに人懐こく軽快に答える田中に親しみを覚える泉。



シングルマザーの母親の都合で沖縄に止むなく越して来たばかりの泉にとって、田中との会話は明るく元気づけてもらえるものだった…



こうして、それぞれの出会い、様々な事件、葛藤などが丁寧に描かれ、まるで3つの映画の集合体のようでした。



ある時TVの公開捜査により、八王子の未解決事件の犯人が整形手術をして逃走しており、その整形後の顔やエレベーターの防犯カメラの画像などが発表された。



その画像を見て、すぐそばにいる前歴不詳の男たちに不信感を抱く主人公たち…



あなたはその近くにいる人を信じ切ることが出来るだろうか?



疑ってしまった時にはどう行動すべきなのか?



また、沖縄の米軍問題や、同性愛、身体を売る行為、借金苦で両親が自死し遺された子どもの行く末…



懸命に生きているものの、苦しいだけに思われる人生…



自分の人生を諦めてしまった人たちが描かれていました。



それにしても、どの口コミにもあると思いますが、役者さんたちが凄い!



本当に本当に、鬼気迫る演技でした。



今回は一人で観に行ったのですが、思わず呻き声が洩れてしまうくらい!



『怒り』を『叫ぶ』ことで表した広瀬すず、


『怒り』を『泣き喚く』ことで表した宮崎あおい、


『怒り』を『必死に耐える』ことで表した渡辺謙、


『怒り』を『慟哭』で表した妻夫木聡、


『怒り』を『攻撃』で表した佐久本宝…



それぞれの演技に引き込まれ、眠気も吹き飛んだ142分でした!



脇役の原日出子と池脇千鶴も、とても良かったです。



ひどく辛い物語でもありますが、同時に心が温かくなる物語でもありました。



やはり、人は自らの魂の成長の為に大変な経験をすることもあるのだなぁ、と感じましたね。



本当は、人は人を信じたい。



性善説で行きたいけれど…



自分の感性や見る目を育てることが必要なのでしょうね。



辛い場面もたくさんありますが、是非、皆さまに観て頂きたい秀逸な映画です〜^_^





☆   ☆   ☆



今日の仕事終わりはナイターテニスの予定です♬



何故か私を気に入ってくれてるテニスクラブのオジさまが自分の受けてるレッスンに誘ってくれました!
(勿論オゴリで!笑)


 
それでは、皆さま、引き続きよい1日をお過ごしくださいね♡




☆  ☆  ☆





 *・゜゚・*:.。..*お  知  ら  せ・*:.。. .。.:*・*

大切な方を亡くされた方、
お茶会にいらっしゃいませんか?

❤︎ ❤︎ハマヒルガオの会❤︎ ❤︎
(やっと名前が決まりました❤︎)

平成28年10月18日(火)

13時半〜17時半

横浜市野毛地区センター
会議室にて❤︎


arianさんと大切な方を亡くされた方の
お茶会を開催します!



お茶やお菓子は
こちらでご用意します♡



お茶代500円の
ご負担のみお願い致します。



来てくださった皆さんと
泣いたり笑ったりして、
ちょっとスッキリしませんかww



あなたとお会い出来ること、
楽しみにしています♬


※  お部屋は入口から
ロビーに向かって左側の場所になります。
入口あたりに
ホワイトボードの案内も
ありますので、ご参照ください。



http://www.nogechikusen.com/map.htm


お問い合わせはお気軽に下記へもどうぞ!

     

 メールarian.01506★gmail.com

メールizoku_wakachiai1007_0123★yahoo.co.jp
※★⇨@へ変えてくださいね。
  *・゜゚.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・*・゜゚. .。.







お悩みの方はこちらもご覧くださいね♪⇒★





いつも、本当にありがとうございます!





フェイスブックもやってます♪

よかったらお友だちになってくださいね♡

佐藤 とき

バナーを作成


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。