ときいもちゃんのつぶやき Vol.2

生まれも育ちも讃岐の麺喰いです。関東に来て武蔵野うどんなるものを初体験。うどんを噛んで食べる習慣に衝撃を受けつつも、つけ汁の美味しさにハマりました。うまい!うますぎる♪ちなみに1冊目の日記帳(http://ameblo.jp/tokiimochan/)からの続きです (・ω・)/

こちら2冊目の日記帳です。

1冊目のときいもちゃんのつぶやき Vol.1 もご覧頂くと話のスジがつながったり、つながらなかったり。


               ときいも-ちゃん 【時芋ちゃん】


川越市のマスコット(ゆるキャラ)の名称募集時に応募した名前です。

そのキャラ、見た目は特産品のさつま芋で頭に川越のシンボル時の鐘が生えているベタなお姿。

ここはヤッパリときいもちゃんしかないだろうと。こりゃあゼッタイ採用されちゃうな。


で。ドキドキの数日後、決定した名前はなんと…ときもちゃん汗


というわけで「ときいも」の名は有効活用させていただきますヾ(-ω-`)

ちなみに本家 「ときもちゃん」名前の由来はこちら↓でご確認を。その選考理由たるや…

http://www.city.kawagoe.saitama.jp/welcome/kanko_ta/tokimo/tokimo_sakuteikeika.html

http://www.city.kawagoe.saitama.jp/welcome/kanko_ta/tokimo/kawagoe_tokimo.html


テーマ:

2017-02-20 16:05:42

足袋のまち行田が舞台の小説 陸王(池井戸潤著)が昨年7月8日に発売されました。

 

さっそく行田市まで足を延ばして地域密着型書店の忍書房さんで購入♪( ´θ`)ノ

読み始めるとグイグイ引き込まれる面白さで結局徹夜してしまったのもいい思い出です。

 

しかし何度読み返しても解せない箇所があり気になっていたのですが――

8月30日発行の第三刷を確認して納得、二冊目として購入しております。

 

         小説陸王 第一刷7月10日・第三刷8月30日発行

 

その、気になっていた箇所とは71ページの後半部分。

茂木選手にシューズを試してもらおうとサイズ違いの「陸王」をバッグから出す場面です。

 

第一刷をお持ちの方は下の第三刷と比較してみてください目

 

池井戸潤小説「陸王」71頁後半の間違いを修正

 

あとこちら、550ページの後半部分は単純な誤植。

特に深い意味は無いかと思いますパー

 

宮沢社長の発言で “フェニックス”となっていた箇所がちゃんとフェリックスに訂正されております。

 

池井戸潤小説「陸王」550頁後半に誤植を修正

 

ワタクシの気づいた部分は以上の2ページですが、もしかすると他にもあったかも・無かったかも。

また、第二刷がどうなっているのかは今のところ未確認です。

 

いずれにしても第一刷が7月10日発行で、第三刷が8月30日発行というのは凄いですね。

今となっては第一、二刷は貴重かも知れませんな!(`・ω・´)

 

池井戸潤小説「陸王」第三刷8月30日発行

 

現在はドラマ化決定!の帯が付けられているのでそちらも記念になろうかと。

また、実際に放送が近づくと宣伝用として役者さんの写真入り帯に差し替えられると思います。

 

あっ!という事は最低でも3冊は購入する必要がありますよ。

そして文庫化されたら、あらためて購入するのは言うまでもありません。

 

そうこうしているうちに映画化決定!となってまた帯が変わって…(以下お察し にひひ

AD
いいね!した人

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。