2006-03-23

水戸巡礼(献血記)

テーマ:

片道3時間半...をかけて行った甲斐がありました。水戸。偕楽の園。

今回は、茨城県近代美術館に行くことが主な目的でした。


そんな中、行き慣れない土地で注視してしまうのは、やはり人間。人間に表れる土地柄。


ここ水戸では、出会うひと出会うひと、とくに女性の、おくゆかしいこと。


サークルの同期生である、水戸生まれのお嬢様を思い出しました。なるほど彼女が水戸出身だという事実に、今なら頷くことができます。


でも、献血ルームの看護士さんまで、おくゆかしくしている必要はないと思いますよ...


僕は献血をしながら看護士さんと話をするのを楽しみにして、各地の献血ルームを渡り歩いているので、話が出来ないと、やっぱりつまらない。

空いてるんだからかまってくれー、と勝手なことを思う。


まあ、水戸人にはああいう静かな献血ルームが向いているのでしょう...か?

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006-03-10

ラブ・フットボール

テーマ:

左目の視力喪失をひた隠しにしながら、サッカーに献身。
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/03/07/20060307000033.html


驚愕の事実でした。僕はそのことを全く知りませんでした。


彼の精力的なプレーの一つ一つ、視野の広さ ―いまとなっては皮肉な表現になってしまいます― と落ち着きあるプレーが、それだけのハンディがある中で生み出されていたとは。


横浜マリノスのファンは、あなたのことを絶対に忘れない。ユ・サンチョル。
選手としても引退。Jリーグでも韓国代表でもKリーグでも、あなたの残した功績は決して小さくない。


今までお疲れさまでした。どうもありがとう!

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006-01-30

墓穴をホリエモン

テーマ:

彼によれば、ひとの心はお金で買えるらしいのですが、どうやら信頼はお金では買えなかったみたいです。



とうとう逮捕されたライブドア前社長、堀江氏。


僕もライブドアのブログにはたいへんお世話になっているし、マスコミの大勢に乗って彼を批難するにはまだ勉強不足ですが、ライブドアと堀江氏の今後は、気にはなります。


新体制のライブドアは、これからどうやって持ち直していくのだろうということと、
堀江氏は再び人気者のホリエモンに戻れるのかという、2つの信頼の回復を、注意して見守っていきたいです。


信頼を得るには、何よりも時間が必要です。

長期間、信頼するに値する行動を続け、業績を上げること。新生ライブドアには、それが可能なのでしょうか。



ところで、堀江氏は何よりも会社の評価、時価総額、端的に言えば株価を気にしていたというから、

株価を上げるための数々の(度の過ぎた)行いが、世間の明るみに出た途端に株価の暴落につながるというのは、なんとも皮肉なものです。


数日で会社の株価、時価総額が半減、それ以上の値下がりを見せたのだから、大したものです。
マスコミの過剰な持ち上げ・けなしっぷりを差し引いても、それだけ、世間を落胆させたということでしょう。



彼は監獄の中にいる今でも、ひとの心はお金で買える、とぶつくさ言っているのでしょうか。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-10-30

電車はドラマでいっぱいだ

テーマ:

帰宅ラッシュの電車内。



電車が駅に着き、ひとが乗り降りしていると、

がさっ、という紙袋の落ちる音と、「なんなんだよ!?」という、男性のぶっそうな声がしました。


電車の乗降口に立っていたサラリーンマン風の男性が、これまたサラリーマンらしい降りる男性の邪魔になったようで、

降りようとした方の男性が、なぜかかっときたようなのでした。


あ、ごめんなさ...という男性の声をかき消すように、降りろお前、やるのか、と、ぶっそうな男性の声が聞こえてきました。

外で、どちらかがどちらかを一方的に殴っている音がします。



僕はそちらを見ませんでした。

周囲のお客さんみんなが、その喧嘩の様子を見ていると思ったから。


僕は止めに入ることもできませんでした。僕の知恵と腕力じゃ、余計な被害を新たに出すだけと思ったから。



電車の発車ベルが鳴ると、男性が急いで車内に走り込みました。すぐにドアは閉まりました。

もう片方の男性は、荒っぽい声をあげながら外から電車のドアや車体を叩いていたようでした。



静かになった車内は変な遠慮と緊張に満ちていました。



僕は、強くならなきゃいかんと思いました。

もちろん、喧嘩に勝つためではなく。


僕は身長も体格も、見ただけで相手がびびるようなレベルには程遠い。


だから、中肉中背のひとにからまれても、怯えない程度に。

できれば、喧嘩をしかけたひとを止められればいいのだけれど。



そこで頭に浮かんだのは、友人のI君。


中高6年間バスケをしていたという彼は、気は小さいけれど、背は僕が見上げるほど高いし、体格もいい。

実はお酒も強い。


彼なら、あの喧嘩の現場に居合わせたとき、どうしただろうと考えました。まあ、どうもしないのかな。



考えていたら、ちょうどそのI君からメールが届きました。


メアドを変えたのでまた登録しておいてくださいという内容。

滅多にメールをやりとりすることもないのに、こんな時に限って連絡がくるものです。


登録したよー、とだけ返信しました。



電車が駅に着き、僕が降りると、さっき殴られていた風の男性も同じ駅で降りていました。


彼は、ふつう、でした。

傷跡も、動揺も、ぱっと見には表れていませんでした。


先刻の騒動がなければ目に留めることもなかったでしょう。

ふつうのサラリーマンでした。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-10-24

日本のクオリティ 2

テーマ:

特に都心部では、どうしてみんなあんなに歩くの速いんだろう、怒ったようないらついたような顔や、つまんなそうな無愛想な顔して歩くんだろう、というのが、僕の長年の疑問です。


にこにこして歩くひとは、素敵だと思う。

一緒に歩くひとがいると、話しながら笑いながら、歩くのなら、一人で歩く時間も、楽しめないものでしょうか。


電車をつかまえるために駅を走る、というのが、人類の最も醜い走りだと思う。

あれは本当に格好悪い... 山手線なんて、ほんの2、3分待てば来るのに。首都圏のたいていの電車なら長くて30分も待てば乗れるのに。


数分の余裕も許されないような、生活、僕は長く続けたいとは思えない。


待てばいいと思う。次の電車は必ず来る。

終電を逃したって、逃げ場はいくらでもある。




映画「耳をすませば」に歌われた、「コンクリーロード」が自分の原風景であることは、決して嬉しくはない。

人生の大半をコンクリー・ロ-ドを歩いてきたとはいえ、愛着は持てるような持てないような...


月島 雫は、そんな歌を歌いながら、でもセイジくんとコンクリー・ロードの坂道を一緒に一生懸命に上っちゃうんだ。


あのシーンは、いいなあ。




色んなが道がある。

色んな歩き方がある。


ニッポンのクオリティ。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-10-20

日本のクオリティ 1

テーマ:

技術大国ニッポン。

そのフレーズに間違いはない。


ものすごい情報量とひとの波の中で、本当に役に立つものも本当に役立たずなものも、どんどん生まれています。



「痛くない注射針」

が実現化に向かっています。


岡野 雅行さん という方が、医療機器メーカーの テルモ との協力で作り上げたそうです。



なぜ、痛くない注射針が必要なのか?


もちろん、注射が、痛いから。


病気の予防や治療のために必要なのに、痛みを伴うから。


痛いくらい我慢しろなんて意見もごもっともだけれど、

毎日注射の痛みに絶えなければならない、小さな子どもだっているだろうに。そんな子どものことをちょっとでも考えれば、痛くない注射針の発明がどれだけ意味あるものなのか、わかる気がします。



問題を抱えたひとがいる。


問題を見つけるひとがいる。


問題を考えるひとがいる。


問題を解決できる技術がある。


それを活かせるひとがいる。



ニッポンのクオリティ。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-10-07

国会中継、おもしろかった

テーマ:

初当選してから1ヶ月と経たない新人議員が答弁に立つ、ということで、少しばかり注目を集めたであろう国会答弁。



片山さつきさんは、凄かった。


「...ですが、...でありまして、...ですが、」

で延々と意見をつなぐ方法で、与党議員も野党議員も視聴者もよせつけない迫力。



 (郵便事業が値上がりすれば、)ラブ・レターひとつ出すのも大した負担になってしまいます、


とジョークを挟んだ民主の議員に対しては、一通り笑った後、


 ラブ・レターのために税金を注入すべしという何とも若々しい意見でたいへんけっこう。


と一蹴。



てか、新人は新人でも、このひとは新人とは呼べないよなあ。キャリア中のキャリア。



その後に登場した佐藤ゆかりさんは、さすがに見劣りしてしまいました...

この順番じゃ仕方ない、でしょうか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-10-01

夏の終わり

テーマ:

暦の上での夏の終わりに、大きなイベントへの参加が続いて、

その一つ一つに思うことがいっぱいあって、

頭が疲れます。



地球環境にやさしいとか、「エコ」を謳うお祭が、その実如何にエコでないかについて。


当日参加の来場者にとってだけエコでも、

その準備段階にちっとも「エコ」の精神が生きていなければ、そのお祭が本当の意味でエコロジーだとは言えない。



自分が4年間関わってきたイベント。

もっと良くしたい、もっと良くできるという思いがあったからこそ、4年間続けられた。


でも、達成できなかったと思うことばかりです。


だから、来年以降のために、準備段階からできることを、後輩たちにしっかりと提案したい。


道具の買い物をするときに、レジ袋をもらわないとか、

食事はコンビニ弁当みたいにややこしいゴミがいっぱい出るのじゃなくて、どこか地域のお店で食べるようにする、とか、

そんな些細なこと。



塵も積もれば、です。


枝から木を、森を変えていくのだ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-09-11

開票速報を見ながら。 3

テーマ:

テレビ東京(12ch.)が、やってくれました。


衆議院の解散の「真相」を、ドラマ仕立てで解説しているのです。これがおもしろい。



内容云々よりも(ごめんなさい)、小泉首相役の田中 健さんが、本人にそっくりでそっくりで、うまーく特徴を捉えていて、見ていて笑いが止まらない。最高。


小泉首相独特の声のかすれさせ方、語尾、

得意の、言い切るときの声の吐き出し方、顔の角度、

髪型、特にもみあげのあたり(メイクさんがんばった!)。


いやあ、よく研究して演じてらっしゃいます。ウィット。

野党も、これくらいよく研究して選挙に臨むべきだった...



のかな?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-09-11

開票速報を見ながら。 1

テーマ:

どうした亀井 静香。もう、敬称を付す必要もありませんね。


酔っ払ってるんでしょうか? 返答がおかしいし、インタビュアーの呼び掛けをちっとも聞いていません。


話題ばかりのホリエモンに小選挙区で勝利しても、相手の質問に対して噛み合わない返答をするばかりでまともに会話もできないようなひとに、政治を託したいとは思えません。


まあ、でも、広島6区に住まない僕にとっては関係の無いはなしなのでしょうか。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。