愛情料理研究家 土岐山協子の 『食べることは生きること』を発信するブログ

愛情料理研究家の土岐山協子と申します。私は元々教職に就ておりました。その時に教育における母親の役割の重要性に気付き、日本の国力を上げかつ愛情に溢れた幸せな日本国を作るためには女性が愛情に溢れ、賢く美しくある必要があるのだという考えに至りました。

NEW !
テーマ:
【父親の三回忌に思う】

忘備録です

私は自分の父親と母親が
「嫌い」という言葉を言うのを聞いたことがない気がする

食べ物や人で苦手なものはそれぞれにあったのかもしれないが、それはわざわざ口に出すことではないという哲学があったのだろうと思う

「嫌い」という言葉を口に出すことは、自分の可能性を狭くすると私は思っている

例えば食べ物でもよっぽど親しい人にならそっと「〜が苦手なんだ」と伝えておくのは必要かもしれないが「私は〜が嫌いなんです」と沢山の人の前で公言することで「ああ、あの人は〜が嫌いだったな」となると、その料理が出る集まりには当然声をかけづらくなる
そこで最高の出会いがあるかもしれないのにだ

また人でもそうで「私は〜が嫌い」とか「あの人が苦手だ」というのもよっぽど親しい人にそっと告げておくぐらいならいいのかもしれないが、SNSなどでも「〜が嫌い」と公言している人や大して信頼関係のない中で自分が嫌いな人の愚痴や文句を言う人をたまに見かけるが、それは確実に自分の首を絞めている行為だと思う
そういう人は「誰かれ構わず攻撃をしますよ」と自らの危険度をアピールしているようなものだからだ
少なくとも私はさほどまだ仲良くない中で人や仲間内の悪口を言ってくる人がいたら、あ、この人は誰にでも人のことを悪く言うのだな、と思いその時点ではその人を信用しない
将来的にその人がその行為を改めたらまた一から人間関係を構築すればよい

昔から「情けは人の為ならず」という諺があるように、自分でしたことは回り回って自分のところに返ってくる
良い行いなら返ってきても良いが「〜が嫌い」と口にした分だけその人は自分が人に嫌われることをわかって口にしているのだろうか

やはり好かれる人をみていると、まず食べ物の好き嫌いが無く、人間の好き嫌いも無い

しかし人間誰しも得手不得手がある
人に好かれる人はわざわざ「嫌い」という言葉を口に出すことをしない大人としてのマナーをわきまえているだけにすぎない

たまになんでもかんでも思ったことを口にすることが正直に生きることだと勘違いしている人がいるが「あれが嫌い、これが嫌い」と言っている数だけ自分が嫌われる要素を増やしていることだけはわかったほうがいい

「〜が嫌い」と公言して良いことは一つもない

『嫌われる勇気』という本がベストセラーになって久しいが、それはわざわざ嫌われるようなことをしろという意味では決してない
「自分に正直に生きる」ことは、自分自身の心に嘘をつかない、というそれだけのこと
それで嫌われたら仕方が無い
世の中には人が幸せであることを喜べない人も存在する
そうした人に嫌われるのは天災のようなものだからね

余計な事を状況や後先を考えずにわざわざ人を不快にする言葉を発する人はそのうち周りに誰もいなくなる
まあ男性女性問わず、若いうちはまだ外見の若さや見た目のメッキ、肩書きや小金などでまだなんとか生きていける
そういう表面的なものに飛びつく人は世の中に沢山いるからだ

しかしそれが全てなくなったとき
老いた肉体を持ち自由に使える小金や自分を支える肩書きがなくなったその時に「〜が嫌い」と言っていた自分は嫌われる側に回ることは肝に命じておくといい
何もなくなった上に人には好かれない人生なんて、私はぞっとする

こうしたことを私は親から直接言われたわけではない
言葉少なな父親だったが、子どもに背中を見せるという生き方をしていたのだろう

父親は苦手な食材があったらしいが、それは娘の私たちも知らない
「お母さんはもちろん知っているけどね」と母親は言うが、もちろん教えてはもらえない
夫婦だけの秘密ということか

「嫌い」をわざわざ口にしないという教えでもあるのかもしれない

私はまだ人生折り返したばかりでまだまだ生き方が荒い
死ぬまでにはもっと心の器を大きくしたいと思う

自戒を込めて

写真は父親の好物だったあんぱんと牛乳です
あんは、粒あんね( ´ ▽ ` )

{5F1F6FA1-937B-4EEB-A88B-EDF38589FA76:01}


AD
いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:
皆様おはようございます

土岐山です

世界平和シリーズも5回目ですが

世界って、地球規模から自分の世界まで
大小、様々

しかし一つ言えることは

自分の心という世界が穏やかで平和じゃないならいくら平和を望んでも平和なんて死ぬまで来ないということ

じゃあ、誰が自分の心を平和にするか、って
そりゃ自分しかいないでしょ
そんなん誰も与えてくれないからね

心の安定って
自分が絶対にこの人なら信頼できる
この人になら命をかけてもいい
と思える人が
少なくともこの世に一人はいること

それ、相手が思ってなくても別にいいんですよ
私もこう思ってるから、あなたも同じように思って欲しい、は

一緒にゴールしようね、っていうマラソン大会スタート寸前の見せかけの友情のようなもんで

本当の友情は、私のことは構わずあなたの勝利を掴み取って!!
と心から願うこと

この人、心から信頼できる、っていう人を作る方法は一つだけ

自分に嘘をつくことを今日これからしないことです

本当は嫌だな、と思っている人におべっか(久しぶりにこの言葉使ったなw)を言ってすり寄ったり

本当は美味しくないのに美味しい、って言って後から心の中で文句言ってみたり

今すぐやめなよ
身体、おかしくなるよ

カロリーゼロの甘味料で、脳は甘さを感知するけど血糖値が上がらない、みたいな

偽物の気持ちや偽物の食べ物は心と頭と身体をバラバラにするよ

自分の境遇がどうだったとか、いつも不機嫌な親に育てられたから、とか
いつまでも人のせいにしてんじゃないよ
みっともない

生んでくれて、ここまで色んな人の力で身体大きくなって、労働で賃金を稼ぐようにまでしてもらっておいて、そのくせなんか文句あるなら、頭の中身は三歳児並み

大人になるって
嫌いなものがなくなること
人を許せること
自分を後回しにして人のために行動できること
自分のことで不機嫌にならないこと
誰にでも優しく接することができること

自分の思い通りにならないから怒ったり不機嫌になったりする人はまだ「私は子どもでいたい」という人なので
見た目は大人でもまだ子どもですから

大人の話には相手にされません

子どもは
自分中心で
とにかく自分を見て欲しくて
自分より目立つ人がいたら気になり
あわよくば自分より目立つ人をあの手この手で引きずりおろそうとし
自分がどう見られているかが気になり
自分を否定する人に怯えて
自分を否定する人はいなくなれと願い
自分を少しでもよく見せようと自分の心に嘘をついてまでも背伸びした行動をとり
誰も頼んでないんだけど私はこんなにしているのにと愚痴や文句を言い
その愚痴や文句が自分の信頼を失うことをわかっておらず
でもいつか誰かがこんなに頑張っている私を救ってくれると夢みている


これだけインターネットが発達していますと
文章でショーバイする人が増えます

というか
会ったこともない、知らない人の文章に心を乱される時点で、精神は子どもなんです

大人は近くのもの、近くの人、実際見たもの、聞いたものを信用するからです

遠くのどうでもいい情報に一喜一憂しているのは
ただの現実逃避

会ったこともない人の文章も
勇気づけになるなら大いに素晴らしいと思うんですよね

ただ、アラを探したり、文句を言いたくなるのなら
私はまだ自分が子どもでいたい、と自分自身が思っているんだ
という現実に気づいた方がいいような気もしますが

本人が子どものままで幸せなら、別にいいか、とも思う

大人になりたいなら、なればいいし
子どもの精神のままで成長しないで死んでいく人も沢山いるから

ただし、子どもの精神のままの成人が相対的に大人の精神を持つ成人よりも多い場合は
平和からは、まだまだ遠いなあ

大人は、自分から争いのタネを蒔かないからね
大人が戦う時は
大切な人を守るときだけ

自分から手を出さないよ

自分から攻撃するのは
精神が不安定で弱い子どもだけ

そういう人が強い心をもてば即世界平和なんだけどさ
そういう人を変えたい、なんて思わない
というか、変えられないんだわ

本人が「変わりたい、そのためにはかなりの苦労も厭わない」という強い意思がやいと、変われないよ

だからこれから大人になる子どもには
強い心を持った、優しい大人になって欲しい

そのために必要なのは
自分をちゃんとみてくれる大人がいるんだ、という
安心感なんだよね

だから土岐山は
大人には子どもをしっかり見て欲しいと思う
そばにおいておくことじゃないよ

心をよく見るんだよ

今朝は23歳で二歳半の子どもをもつ近所のお母さんに
だしの取り方とお味噌汁の作り方、めんつゆの作り方を教えてきました( ´ ▽ ` )
子どもがずっと削り節を食べ続ける姿が
印象的でした( ´ ▽ ` )

{5B73ECF9-FC55-42D1-A9D3-5FECE7B881AC:01}




土岐山拝
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
おはようございます

土岐山です( ´ ▽ ` )

選挙が終わりましたね
どんな結果だとしても、自分はその候補者や党に票を入れてないから納得しない、なんてのは、子どもの理屈

やはり自分達大人が選んできた結果を受け止めて前向きに寄り添うことが精神的に自立した大人の考えかつ行動だと思います

文句があるなら、立候補( ´ ▽ ` )
立候補しないなら、文句は言わない( ´ ▽ ` )

意見と文句は違いますからね

本当に平和を望むなら
自分からは攻撃をしないことです

よく一意見に対して、自分のことを言われているようで腹が立つのか、反論の意見を躍起になって書き込む人をSNSで見ますけれど

自分は弱い人間です、とアピールしているようなもんですから
強くなりたい、と願うならばみっともないからおやめなさいな

本当に意見を交わしたいのなら
その人に会いに行け

直接、話せ

夏本番ですね( ´ ▽ ` )
今日は沖永良部島でカレー教室があります( ´ ▽ ` )

{DCB58427-A5C1-44FA-85E7-E973DC03FF6D:01}

世界平和はまずみんなで囲む食卓から( ´ ▽ ` )

誰かのためを思って作る料理が世界を救う( ´ ▽ ` )

それでは皆様
素敵な日曜日をお過ごしください( ´ ▽ ` )


土岐山拝
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。