愛情料理研究家 土岐山協子の 『食べることは生きること』を発信するブログ

愛情料理研究家の土岐山協子と申します。私は元々教職に就ておりました。その時に教育における母親の役割の重要性に気付き、日本の国力を上げかつ愛情に溢れた幸せな日本国を作るためには女性が愛情に溢れ、賢く美しくある必要があるのだという考えに至りました。


テーマ:
皆様おはようございます

土岐山です( ´ ▽ ` )

土岐山、おだしプロジェクトの事務所を横浜に移しました( ´ ▽ ` )

神楽坂は、坂が多くてですね
お子さん連れのお母さんがベビーカーを押すのが大変そうでしたのと

京浜東北線沿線から来られる方が多いことから

横浜駅から坂が無く真っ直ぐ歩いてこれるところで、閑静な住宅街の木造一戸建てを選びました(^^)

築、58年( ´ ▽ ` )

畳の、とても趣のある民家です( ´ ▽ ` )

{6B0F5BB1-A6E5-418A-B2A3-7CCDDE1810D6:01}

大家さん付(笑)
隣が大家さんなので安心です( ´ ▽ ` )

{F4B5AE26-3FC2-4662-9191-918635C02D37:01}

大家さん宅の晩酌付(笑)

{498A3ADF-7275-4B74-A3B5-A1442F77F172:01}

私のいない間に大家さん宅で飲んでいた友人二人(笑)

{1AEAC0FE-99BE-4E6D-A247-0C02FC890AE3:01}

朝起きると、朝ごはんが置いてあります(笑)

都会は人との交流が希薄だとか聞きますが
それ、受身の姿勢でいるからかもですね

ご近所に挨拶しているか
自分から懐に飛び込んでいるか

世の中、この大家さんご夫妻のように面倒見がよく愛情のある人ばかりではありません
土岐山はラッキーだっただけ

人との交流が面倒なんていう人いますが
なんて贅沢で勿体無いことをしているんだろう、と思います

人生の醍醐味は人との交流につきます
恐れることなんて、何一つない

本当に恐れるべきは
自分一人の力で生きていけなくなることの方です

いつまでも人まかせ、人のせい、人が〜してくれない、なんて考えてばかりで行動一つしない人には
楽しい人生なんてやってきません

いつか必ず死ぬんだよ
お一人様一回もれなく
生きることを怖がっていたら勿体無いよね

全く話は変わりますが(笑)

今日は女性の美しさのお話

土岐山が敬愛する、荒井弥栄さん

{AA973A1C-FFF2-4355-BA1B-378E488BEAF6:01}

美しいでしょう( ´ ▽ ` )

でもですね
弥栄姐さんの美しさは
メイクした顔でも
上品なお着物に包まれた外見でも
綺麗にセットされたヘアでも
無いのです

{ADAC45D1-DA42-4BCA-97D3-9F8978973CDB:01}

土岐山が盗撮しました

福島には今だ原発の余波で家に帰れない家庭がたくさんあり
今の仮住まいではペットを飼えなかったり
餌をあげにいく足がなかったり

そうした方々のために
ボランティアで給餌をする団体があります

土岐山も弥栄姐さんに誘われて先日行ってきました

まだまだ福島は終わっていない
そのことを肌で感じました

一日でかなりの件数を回ります
70件近く

この時は5月でしたが
冬はかなり雪深い日もあるようです

泥だらけになりながら犬や猫を愛おしそうになでる弥栄姐さんを見て
ああ、この女性の美しさは愛情の深さから滲み出ているのだな、と思いました


綺麗な人、増えていますよね

アンチエイジング、という言葉もよく聞きます

アンチって、
『アンチ巨人』とかで使われるアレだよね(´・Д・)」


調べたら「反〜」・「非〜」・「抗〜」を表す接頭語
とのこと

なんか
エイジング、って言葉に失礼なような気がする((ΦωΦ))

年月を重ねる時に使うエイジングという言葉
土岐山は、とても好きです(^^)

昔、ショーン・コネリーが出演していたCMで

『時は流れない  それは積み重なる』

というコピーがあって

土岐山はその言葉がとても心に残っています

流れ行くものって、根っこがないんですよね
だから、流されちゃう

根っこって、信念です
真っ直ぐに自分の足で生きようとする、意志です

それがないと、人の言うなり、言うがまま

新製品が広告に出たらそれに群がり
これが効くとテレビで紹介されたら買いにいき
これが流行りだと雑誌に出たらその格好をする

自分の意志は、どこ?

根っこがないと地表に芽はでない
茎は伸びない
花は咲かない

根っこが無かったら
人が作った造花を買ってきて土に挿し

さも、私は本物ですよ、と見せ続けなくてはならない

でも
根っこを張ってきた人は
根っこのない人がすぐにわかる

どんなに精巧に作られた造花も
水を自分の力で吸い上げていないのがよくわかる

そこには生命の躍動が無いからです

生命の躍動が無いものに、真っ直ぐに生きている人は惹かれません

造花は造花の良さがある
でもそれは人の生き方には必要ないものです

科学がいくら発達しても
心理学がこれだけ横行しても

人の心は肉眼では見えないのです

だから目に見えないものを感じる心が必要なのです

人の心は考えたってわかりません

だから自分が正直でいる必要があるんです

自分が嘘をつくということは
相手の嘘を疑う心を作ることと同義です

だから自分に正直でいることは大切なんです

自分の心しかわからないのなら
自分の心が判断基準になります

自分が人を陥れないなら
相手が自分を陥れるかも、なんて思わないです

自分が心に思っていないことを言わないなら
相手だって、きっとそうです

あとは、目
目を見たら、その人の本気がわかります

それがわからないのは、自分の本気の根っこが無いからです


{C066FC66-6A2C-40DD-96F2-DFDCF7F3515D:01}

{C2DC284A-FB6C-4C7E-8CCC-FB710DAA03AF:01}


荒井 弥栄さんの新刊

『英語で日本のしきたりと文化を伝える本』

なんてわかりやすいタイトルなんでしょ!!笑
まるで弥栄姐さんの生き方そのもの(^^)
そして中身もわかりやすいです
本当に指差しだけで伝えられてしまう
姐さん、私のためにありがとうございますm(_ _)m(笑)

二年前に初めてお会いした時から、ずーーーーっと変わらない美貌と、真っ直ぐなお心
真っ直ぐすぎてよけようか一瞬迷う時があるほどです(笑)

荒井弥栄姐さんのブログはこちら( ´ ▽ ` )

素敵な女性に共通すること
それは正直さ、誠実さ、シンプルさ、そして深い愛情

あの人、本当はどう思っているんだろう
私はあの人に好かれているのかしら、嫌われているのかしら

知らんがな(笑)

だって、人の心がわかるわけないでしょ
考えてもわからないことに時間を割くのは無駄なんです

だったら自分の根っこを作る生き方を模索した方がいい

だいたい、あの人がどう思っているとか、こう思ってるのにわかってくれないとか

面倒くせぇな((ΦωΦ))

ものごとを面倒にするということは、相手に対する思いやりに欠けるということ
だって精神的に面倒なことって真意にたどり着くまでものすごく回り道
子どもの教育はまた別ですが、大人同士という対等な関係において相手に回り道という心労を与える人が思いやりがあるとは言えないと私は思います

率直にものが言えないのは相手を信頼していない証拠
「どうせ言ってもわからない」なんて諦める関係性はパートナーでも友人でも仲間でもなんでもない
ただの知人です

弥栄姐さんのブログを読んでいたら姐さんのお友達でスタイリストの方のお言葉がこれまた真っ直ぐで美しかったので(勝手に)ご紹介させていただきます
ぜひご一読くださいませ




ーーーーーーーーー

注・・文中の『彼女たち』は、荒井弥栄さんとそのお友達お二人を指しています

『今の時代 まぁ ただの綺麗 年齢より若く見える
キランキラン みたいな女性は溢れるほどいます。

見飽きたくらいに。

ただの綺麗じゃないな、と思う「その差」って
中身が追いついているのか 否か。

肖りたい『何か』を持っていらっしゃること、ですね。

外見だけ取り繕うのは簡単。
良い服を着て メイク技術があって、無駄な脂肪を落とせば
それなりになる。

でも、それだけなら 若いほうがもっと綺麗。

なぜ彼女たちは 美しいことが 当たり前の上に
「滲み出る品格」「凛とした聡明さ」までもが伝わるのか。

それは生きてきた 中身の差です。

そして各分野の「ほんもの」でいらっしゃる。

強みをしっかり持っていらっしゃり、実績が伴っている、
ということでしょうか。

( きっぱり )

美人なんだけど 何をやっているのかよくわからないという
人にはよく会います。なんらかの集まりとか
どなたかの出版記念パーティーなどで。

でも 覚えられないんですよ。美人なだけでは。

また、何をやっているかわかるけど(名刺に書いてあるから)
その職業だと 他にもっと抜きん出た人沢山いるよな~

で、終わる説得力がない人。

たぶん 実力・実績が怪しい範囲なんでしょう。
どうしても その人にお金を払いたい域にまで
感じません。

また、彼女たちの魅力は
相手を思いやる 御もてなしの心、ベースになる
ホームが(日本や日本人と言う事も含め)しっかりなさって
います。

ただの綺麗で品がない方の多くは
まず 基本の生き方 毎日の暮らしがすさんでいます。
表向きだけを取り繕う、必死感が悲しい。
空しいレベル。

だって メッキがはがれてきますから
表面的な美だけでは 50も見えてくる年齢になれば
すべて
誤魔化せないものになってくるのですよ。

そう、彼女たちには ホンモノに漂う優雅さがある。

バブルな優雅さでは決してない、知識や作法、立ち居振る舞い
に滲み出る優雅さなのです。

もちろん そういう人達は会話が楽しい。
有意義な時間を美しい聡明な方々と過ごせば なお
豊かです。』

ーーーーーーーーー

最近気づいたのですが、ただ綺麗なだけの美魔女には同世代の『私も綺麗になってキランキランしたい』人だけはファンとしてつくのですが、ぐっと年下の若い世代のファンがいないのです
若い世代は、若さという美貌をすでに持ち合わせていますから年がぐっと上の無理矢理感漂うメッキの美貌はいらないんですよね

「生き方を学びたい」
そう思わせる魅力がその人にあるか
それこそが女性の美しさだな、と思います

弥栄姐さんから、日々女性としての生き方を教わっておりますm(_ _)m


土岐山も50歳まであと5年( ´ ▽ ` )
こうした先輩方にならってメッキで覆う必要のない人間であるための土台作りを毎日積み重ねて行きたいと思いますm(_ _)m



土岐山拝
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
まずはこちらをご一読ください

ちばてつや先生がご自身の終戦時の引き揚げ体験を漫画にされ、NHKのサイトで無料で公開されています
引き上げ時の壮絶さが描かれています


『家路』ーちばてつや画


こうした体験をされた方々の戦後の頑張りで今の平和があるのだと思うと時間も身体も食べ物も、何もかも無駄にしてはならないとあらためて思います

そして私ももうお返しする側の年齢です
次世代に何を残せるかだけを考えています


このちばてつや先生の無料漫画を読み返して、あらためて戦争について考えました

まず思うことは、戦争とはやはり狂気であること
自分がされて嫌なことは人にもしないように、と誰もが小さい時に教わっているはずで、それができるようになることが大人になるということなのだがこうしてSNS一つとってみても丸腰の相手を批判罵倒する投稿やコメントがあったり、そしてそれに乗っかる人がいる

分別ある大人ならそんなことはしない
何故なら人に攻撃を故意にしかけることは感情をコントロールできない幼稚な所業であり、そもそもそんな行為は無益であると大人ならわかっているからだ

子どもと大人を見分ける方法は簡単だ
自分の意見と違う人とも、共通点を見つけて温かい付き合いができる人が大人
自分と違う意見を持つ人を排除しようとするのは子ども
大人と子どもの世界は相容れない

だが世の中には大人の姿をした子どもが沢山おり、その人が肩書きや名声や権利などを持つ場合も少なくない

銀座にもたまにいましたよ
事業を起こして代表取締役と、世の中への響きは良いけどホステスに意地悪を言ってウサを晴らす人
自分に逆らうと即その部下を排除する人、沢山いました

そしてそういう人に迎合する人もまた子どもで、自分の弱い心が一時的に救われるから人を虐めるリーダーにそうだそうだとついて行くのだが、そもそもそうした人に意地悪をするエネルギーが増幅していくことが戦争の火種になると私は思っている

人を傷つけることって全く楽しくないよ
だって単純に自分がされたら嫌でしょう

(たまに悪意なく言った言葉に敏感に反応して私はそれを一番気にしているのに、とか勝手に傷ついたとか言って落ち込む人いるけど、それは知らんがなって話。相手に悪意が無い場合は100%受け取る側の問題。甘えんな)

自分がされて嫌なことを平気でできること自体がまだ大人になっていない証拠であり、人が虐められていることや嫌な思いをしていることに対して喜んで混ざっていることが狂気なのだ

人の不幸は蜜の味、って、そんなわけねーだろ

戦争だって、単純な話
自分がされたら嫌でしょう、ってこと
自分に銃を向けられたら嫌でしょう
自分に刃物を向けられたら嫌でしょう
自分に手榴弾投げられたら嫌でしょう

SNSは気軽に使えるコミニュケーションツールだ
だからこそ慎重に扱わねばならない

沢山の人が見るSNSで個人や特定の団体を批判や糾弾するなどもってのほかだ
本当に言いたいことがあるなら本人に直接会いに行って伝えるのが筋
交通費やアポイントの手間を惜しんでいるようじゃ全く本気じゃないのよ、その意見

私は少なくとも批判を繰り返す人、その人に迎合する人を大人とは見ない
心が弱い人は、まだ子どもなのだ
もっとも自分から縁を切ったりはしないけどね

ただ、戦争を引き起こすのは自分以外の人を認めようとしない弱い心だし、幼児性の集大成だと思っている

大人になるためにはじっくりと自分に向き合うこと

昨日友人がアルフレッド・アドラーの名言集をシェアしていた
このことが腹から理解できて実践できたら大人なんだろう

アルフレッド・アドラー名言集

大人ばかりの世界には、争いなんてない
感情抜きの話し合いで解決できるからね
そもそも、大人は自分のことでは怒らない
そう感じられる人が世の中の大部分になったら戦争なんて起きるはずもないのだと思うが

追記  「いるいる、こういう幼稚な人!」と、他人事に捉える人が一番危ないと思う
私自身も自戒を込めて、忘備録として書き留めています



土岐山拝
AD
いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:
皆様おはようございます

土岐山です( ´ ▽ ` )

今日も朝から鰹節を削っています( ´ ▽ ` )

{5051E30B-BCD9-4B94-B384-C4C2C2815CBA:01}

{E41FB1A8-D16C-42EB-9BC5-9C6E944D2B8A:01}

お気に入りの鰹節削り器( ´ ▽ ` )


今朝Facebookで読んだソフィアエムート姐さんの記事

リンクの貼り付けをすると、なんだかブログがアップできないもんですからm(_ _)m

「ソフィアエムートのスピリチュアルコラム」
で検索してみてくださいねm(_ _)m

本文を一部紹介させていただきますm(_ _)m


あなたもヒーラーになれる!と言う悪魔の囁きに要注意!
↓↓↓↓↓


『人の為とか綺麗事を言って、お金の計算しかしていない人間をたくさん見てきた。

 

家庭的でいい奥さんだったのに、インストラクターやプラクティショナーになって、家を空ける事が増えて家事や家族の団欒がなくなって離婚した人達もいた。

 

今まで目立つ事もなく静かに暮らしていた普通の主婦やOLが 急に外に出て人に認められたり、注目を浴びるようになると、今までの生活が退屈で平凡で色褪せて見えてくるらしい。

 

そこで外でもっと、認められたい!   注目されたい!   褒められたい!

 

と言う欲に駆られた人達(特に女性、主婦)はドンドン家庭の事がおざなりになって外での付き合いが派手になって家庭が崩壊していく。』


大切なのは、それをやることによって自分も家族も周りの人達も、喜んで、楽しく、幸せになれるのか、ということだと、ソフィアエムートさんは言います

土岐山も、同感

このソフィア エムートさんの記事はぜひ沢山の人に読んでもらいたい

ヒーラーに限らず「この資格取得すると収入アップ」「今の仕事をいやいやするなら好きなことを仕事にしたらいい」「キラキラママのプチ企業」といった、主催者側のお金儲けや主催者自身の自己顕示欲を満たしたいための信者集めのセミナーが横行している

収入アップや自己実現
それは実は本当の目的ではないから、そうしたセミナーに通っても気持ちが安定するわけじゃない
だって自分を見て欲しい、認められたい、が目的だからね

「そこに行けば自分も何か変われるかも」という100%他力本願かつ依存心全開でそんなセミナーに通ったらいいカモになるに決まってんじゃん

だいたい、勉強って人生を間違えないための知恵をつけることでしょ
そんで人生って、身近な大切な人達とあたたかく繋がって幸せな気持ちで毎日を過ごすためにあるんだから

そのセミナー内で派閥があったり、主催者の言うことを聞かなかったら破門されたり、あまつさえそのセミナーに夢中になって子どもの食事を作ったり子どもと話す時間を削って自分が楽しむことを優先して子どもから信頼されなくなったりって、本末転倒だろうがよ((ΦωΦ))

セミナー生同士のいがみ合いとか、主催者が自分の意見と違う人は認めないとか、もうそれものすごく不自由な世界よね

心が自由って人の自由を認めることだよ

子どもに関してはまだ自分でお金を稼ぐことができないから、経済的にも精神的にも自立するまでは教育が必要だけど
うちの子は自由にさせてます、ってのはただの責任放棄だからね
自由には、自分のことは全て自分で責任を取るという覚悟がもれなくセットでついてくるからね
子どもはまだ自分で稼ぐことができないから、様々なことで責任とれないからね
子どもが精神的にも経済的にも自立できるように見守ったり、必要な時に手を差し伸べたりすることが教育というのであって、放ったらかしも過干渉もどちらも教育じゃないからね

精神的に自立して、はじめて心の自由が手に入る
精神的に自立するって、人生を人任せにしないことと、人のせいにしないこと

人生を人のせいにしているうちは、まだ子ども


そうした精神的に自立していない大人の姿をした子どもへの誘い文句は、まあ、甘美な言葉よね
「収入アップしたら〜」
「好きなことを仕事にしたら〜」

自分の人生に満足している人達はみんな
目の前の当たり前のことを有難いという気持ちで大切にしている

毎日ご飯が食べられること
家族と笑顔を交わせること
自分の仕事場があること
友達と楽しい時間を過ごすこと

これ、もう、最高に幸せじゃないですか

自分の足元にある幸せに気づかないで、全くの他人が指図する人生を選ぼうとするなんてクレイジーだよ

「自分はこのままでは終わらない」「自分にはもっと何かあるはず」
安心してください( ´ ▽ ` )
そういう人は、自分から無理やり肩書きつけて世に出ようとしなくても、世間が放っておかないよ

そもそも好きなことって、無理やり仕事にする必要あんのかな、と私は思うけどね
自然と稼げている人は別だけど

与えられた仕事を好きになるまで一生懸命やれない人が、好きなことをしてフリーランスで稼ぐってできるんかな
知らんけど((ΦωΦ))

とはいえね、自分の都合だけで動ける人ならどんなチャレンジしてもいいと思う
大人だけの都合ならよ

しかし子どもを育てるという一番国づくりに重要な仕事を放棄して自分のチャレンジって、もうそれ、順番が無茶苦茶よ

自分よりも人と楽しそうにしてるお母さんを応援するような精神的に自立した子どもなんていないよ
逆の立場なら、いい気持ちするかね

そんで、いつまでも自分の人生がうまくいかないことを親のせいにすんな
自分が親にされて嫌だったことを子どもにすんな

親は親の人生
自分は自分の人生

出会う人も、生きる時代も、学ぶ内容も全て違う

お父さんとお母さんは自分という人間をこの世に送り出してくれた

それだけでもう十分だろが!!((ΦωΦ))

お母さんも外に出て働くことが自己実現、みたいな金儲け主義のやつらの誘い文句に乗って莫大なセミナー料払うなら、鰹節削り器買って家族のために丁寧に出汁をとって家族が笑顔になる方がよっぽど実質的な幸せのように思うけど( ´ ▽ ` )
美味しいものって、みんな笑顔になるよ( ´ ▽ ` )

先日、鰹節削り器作り講座に出かけたよ( ´ ▽ ` )
岐阜の各務原市にある木材団地ってところの、ノブちゃん先生の木工教室( ´ ▽ ` )

{68E2032B-0609-4EE8-9F71-E480FE5D616A:01}

{8CDAD647-FCB3-47BB-B6FA-57BA380C70DF:01}

{2D6C9F8E-6FF0-4FCA-9373-15030410F2A5:01}

{AAF13B59-EEB4-48BA-895F-15BB8D06A539:01}

{8F827BAD-445B-4ED1-8B69-6BB7B411B515:01}

{DBAB1B55-C7AD-4108-B3FE-586B7C35FB90:01}

丸一日かけて、ノコギリ引いて、キリで穴をあけて釘を打って、こんな立派な鰹節削り器が出来て、楽しくて、嬉しくて
全てコミコミでたったの4000円だったんだけど!!( ´ ▽ ` )

目に見えない、手に取れないものを追っかけまわして散財して人間関係で疲れて最後に何も残らない人生と

4000円で美味しい鰹節が削れる削り器を作って
その削りたての鰹節で作る香り高い味噌汁を飲んで笑顔になる人生

どっちがいーでしょー( ´ ▽ ` )

もちろん、それはあなたの自由( ´ ▽ ` )

お好きな方を(^^)

今日は久しぶりに尊敬する方々に会いにいきます(^^)
セミナーじゃなくて、好きな人同士のお食事会(^^)

それでは皆様
よい一日をお過ごしくださいませ(^^)


土岐山拝
AD
いいね!した人  |  リブログ(1)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。