そのボタン、押していいですか?





2011年 日本


監督:成島出


原作:角田光代


出演:井上真央(秋山恵理菜=薫)

   永作博美(野々宮希和子)

   小池栄子(安藤千草)

   森口瑤子(秋山恵津子) 





子どもを身ごもるも、相手が結婚していたために出産をあきらめるしかない希和子は、


ちょうど同じころに生まれた男の妻の赤ん坊を誘拐して逃亡する。


しかし、二人の母娘としての幸せな暮らしは4年で終わる。


さらに数年後、本当の両親にわだかまりを感じながら成長した恵理菜は大学生になり、


家庭を持つ男の子どもを妊娠してしまう。Yahoo!映画)







初見です。原作は読んでいません。ネタバレ注意。




いいんだろうなと思って見たんですけど、思ってたよりよかったです。




役者陣がみんないい。永作博美に母性が生まれていく様とか、ほんとにうまい。




井上真央もいいですね、こんなうまいとは思わなかった。




あと小池栄子。グラビア上がりとは思えない自然な演技。立派な女優さんです。




演出、脚本もすごくいい。




冒頭に結末を持ってきて、過去と現在を行ったり来たりする感じ。




終盤になってきて、色々重なったりしてく様が見ていて気持ちよかったです。




回想シーンで音だけオーバーラップする演出もよかった。




終わり方がちょっと乱暴ですけど、見ている側にある程度委ねるという点がいですね。




そして、めちゃめちゃ考えさせられます。




もし自分が生後4か月の子供の親で、誘拐されたその子が4歳になって帰ってきたらどうするだろう。




子供は誘拐犯を親だと思ってて、自分のことは知らないおじさん扱い。




誘拐犯を擁護する気は全くないですけど、正直、子供の幸せだけを考えたら…




って考えてしまう自分は本当にガキなんだと思います。




ただ、何が善で何が悪かなんて答えはないと思うんです。




要はどこで切り取るか、どの視点で見るかって話だと。

AD


そのボタン、押していいですか?




2012年 日本


監督:窪岡俊之


原作:三浦建太郎





戦乱の世界。長大な剣を自在に操る屈強な剣士ガッツは、傭兵(ようへい)集団「鷹の団」を


率いるグリフィスと出会う。数々の激戦をくぐり抜けたガッツとグリフィス、そして「鷹の団」の


兵士たちは、固いきずなで結ばれていく。しかし、グリフィスの夢のために戦い続けることに


疑問を抱き始めたガッツは、グリフィスのもとを去る決断を下し……。Yahoo!映画)







お久しぶりです。あけましておめでとうございます。





何回か年明けにブログ書こうと思ったんですけど、全くもってネタが無かったです。





今日は久しぶりに試写会に行ってきました。ベルセルクの劇場版です。





これ、3部作なんですよね…





ちなみに原作は大ファンです。といっても途中まで…





魔法とか出だしたあたりから一気につまらなくなって…見る気が失せました。





この漫画の「蝕」の絶望感と言ったらないですよね。漫画史に残る名シーンだと思います。





映画ではこの「蝕」は第三部に収録されるようです。





感想としては、よかったです普通に。原作に忠実です。





原作ファンも楽しめることは間違いない。試写室で見たので正直迫力には欠けましたが。





残酷描写もちゃんとしてて、好感がもてました。





STUDIO4℃製作ですが、さすがですね。





アニメ映画だけでなく「はじめの一歩」など普通のアニメも手がけてますよね。





同作はかなり好きで、全部見ました。迫力とか空気感が好きです。





ただ一つケチをつけるとすれば、「三部作」ってところですね。





今回の第一部の公開が2月。上映時間は82分。





そして第二部の公開が6月。





まとめろよ!っていう…毎回毎回1800円を払わせるのはどうかと思います。





全部見たら5400円ですよ。せめて2部におさめてほしかった。





終わり方も中途半端です。原作ファンなら見ますけど、一般のお客さんにはきついでしょうね…





成功するかと言われれば、微妙かもしれません。





とは言え原作ファンは見て損はないです!劇場に足を運んでください。

AD

どうもお久しぶりです。ほったらかしにしてました。





ネタはまぁあるんですけど、仕事柄、公の場に晒せないので…





これからは少しずつ更新はしていこうと思います…出来る範囲で。







今は実家の三田に帰っていて、お正月休みを満喫しています。





昨日は友人のRとHとカラオケに行くことになり、一足早くHの家に上げてもらい、時間をつぶしてました。





このHという男は物持ちが本当によくて、小学生の頃の学年文集をまだ持ってるんです。





卒業文集ではなくて、その学年の一年の思い出の冊子ですただの。





でも当時の記憶ってすごいですね。表紙見ただけで時空を越えて色々と思い出しました。





僕が思い出したのは4年か5年の頃の記憶。





学校の体育館に劇団員みたいな人たちが来て、演劇をやってくれたんです。





その劇を見て、子供ながらに感動したのを覚えています。




主人公が「とらやん」って名前で、小汚いおっさんなんですけど





確かワイヤーを使って宙を飛ぶ演出をしたり、テーマ曲もちゃんとあったりして。





劇が終わって、感動しまくった友達何人かで話してたら、そのうちの一人が





「とらやんに会いに行こうぜ!」





とか言い出して、体育館の裏口に7、8人で向かったんです。





そしたらドアから見慣れないお兄さんが出てきて、今だ!って感じでみんなで突入を試みました。





ガキ共「とらやーん!とらやーん!!」



お兄さん「ちょ、何!?」





子供とはいえ、急に7、8人もの人数に突っ込まれたので、結構あたふた。





ガキA「とらやーん!とらやんに会わせて!」


ガキB「そーよそーよ!」


お兄さん「ダメダメ!入ったらあかんよ!」


ガキC「ケチ!」


ガキD「おじさんは関係ないでしょ!」


おじさん「お、おじさん?!誰がおじさんじゃ!」


ガキA「おじさんはどいて!」


ガキC「とらやーん!あ、とらやんいた!!」


ガキB&D「わーとらやんだ!!」


クソガキ共「とらやーん!ちょ、どけよ!とらやーーーん!!!」





こんな感じでかなりうるさかったと思います。おじさんもテンパったんでしょうね。





子供を一人で制しながらお兄さんが言い放ったセリフは今でも脳裏に焼きついています。







お兄さん「とらやんもただの人間なんだから!!」









そうだけど。





一番子供に言っちゃいけないことを結構な声量で言い放ったんです。





結局とらやんには会えずに教室に帰りました。お疲れ様です。









しばらくしてRを拾いに行き、カラオケに向かいました。





田舎なので娯楽はカラオケぐらいしかありません。めちゃめちゃ混んでる。





30分くらい待って入室したんですけど、普通に歌ってても面白くないのでゲームをしました。





採点をして、下一桁の数をカウント。0~9までの10種類の数字をたくさん集めたほうが勝ち。





ビリが一位のカラオケ代を払うというものです。





運の要素が強くて結構盛り上がりました。「5」とか「6」が難しい。





そんな変なことをしたので選曲がめちゃくちゃ。





91 横断歩道を渡る人たち/Mr.Children

90 GOOD LUCK MY WAY/L'Arc-en-Ciel

92 flower/L'Arc-en-Ciel

94 キン肉マンGo Fight!/串田アキラ

88 2℃目の彼女/シド

91 裏表ラバーズ/初音ミク

89 Judas/Lady Gaga

95 クラシック/JUDY AND MARY

86 ハミングがきこえる/カヒミカリィ

94 月光花/Janne Da Arc

90 NOT FOUND/Mr.Children

92 赤黄色の金木犀/フジファブリック

93 Take Me Out/Franz Ferdinand

90 music controller/capsule

?  青雲のうた(採点不能)





狙って点数出すのがこんなに難しいとは思いませんでした。





それでも何とか一位になれたのでタダで歌えました。





金がかかる勝負事は強い。でも人相手にしか発揮できないのが残念すぎる。





今日は久しぶりに幹事を買って出て、忘年会をします。中学の友達。





10人集まるので結構楽しみ。飲み放題なので久しぶりに潰れてきます。

AD