東海進学アカデミーのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
受験の話しは少しお休みさせて頂き
心にうつりゆくよしなしごとを

地震とそれにまつわる色々
まず被災された方々には心よりお見舞い申し上げたいと思います

そしてそれにまつわる色々な情報が流布していますが…
報道にまつわる様々な言説
寄付、ボランティアに対する意見

人には人それぞれの考えがあって良いのでしょうが
もっとシンプルにいけないでしょうか?

寄付した額がいくらだとか
有名人がした寄付だからどーとか
まる1日休憩もなく働いた報道者の食べた弁当が何弁当だとか

それを必死であげつらい
揚げ足とって アゲアゲな気分になってる人たちの声って
わざわざ取り上げるに価するモノなんでしょうか?(笑)

言ってしまえば
クオリティーペーパーとゴシップマガジンの記事
両方を同じ価値で扱う必要はあるのかということです



もちろん朝日を始めとする
クオリティーペーパーの自殺行為

そして今回の震災での
一部マスコミの傍若無人な振る舞いは
直接的に迷惑を被る人たちがいるという意味でも
そして言論の価値を自ら貶めているという意味でも
罪は小さくないでしょう


しかし
ネット上に流される
民意 世論 世間の声
これらは一昔前で言えば
「便所の落書き」レベルのものが殆どでは?

論理的にも 事実的にも
何の裏付けもなく
ただ自らの感情の捌け口として
他人を叩きたいだけの人間の声


知り合いには
「趣味は炎上させること」
と恥じらいもなく言ってのける人間がいます

ヒマに任せ
ネットをうろつき
炎上させやすそうな記事を探して回る

そういう輩が
何か被災者のために頑張っている人間にたいし
投げ掛ける言葉と

覚悟と決意 そして 多くの行為と思考に裏打ちされた言葉が
同列に扱われる

それがもし現代の平等であるならば
残念ながら現代は再び「パンとサーカスを求める人々の時代」に
戻ってしまっているのかもしれません

そういった意味で
今回 ママモデルタレントの行った寄付と
誹謗中傷に対する毅然とした態度は
どんな評論家の言葉より雄弁であり
まだまだこの国は大丈夫と思わせてくれるものでした


シンプルに
と言いつつ
理屈をこねてしまいましたが(笑)
言いたいのは
「誰のためなの?」ってことです
この時期の被災地にまつわる言葉は
「被災者の為であるか否か」
で良いんじゃないでしょうか


仮にリポーターが
豪華幕の内食ってても
それで寄付やボランティア活動が効果的に行える
有益な情報が流れれば良いじゃないですか

自分の嫌いな有名人が寄付を公表して鼻につく思いをしても
それで寄付が触発され
被災者のもとに物資が届くようになれば良いじゃない

そういった
シンプルな基準に照らして考えれば
下らない中傷が 本当に下らないって
良く分かってくると思うのです


中傷記事の中にも
一瞬「一理あるかも」と思わせてしまうものもあります
理屈だけ(本当にだけ)優れている人も世の中にはいますから

しかし
昔の人は
上手いこと言いました

理屈と膏薬はどこにでもつく


下らない言葉はいつの時代にもあるでしょう
しかし
それを取り上げ 時代の言葉としてしまうか否かは
受け手にもかかっている


覚悟をもった 行為者の言葉か
単なる膏薬まがいのくっついてきただけの屁理屈かは
シンプルに基準に立ち返って見れば
すぐに分かるものだと思います

どうか
当事者の声
それに前向きに関わる人たちの言葉が
多くの人に届き
多くの人の行為と祈りを触発しますように


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最初にちょっとCMと趣味自慢を


まずは来る6月5日(日)、入試説明会&全国統一テストを実施します

説明会では今年の大学、高校、中学入試分析そして今年の当塾の合格者並びに保護者の方のお話しを紹介させて頂きます
理Ⅲ合格者二名を始めとする受験生たちと当塾がどのように関わって行ったか、是非皆様にご紹介させて頂きたいと思います


次は趣味自慢(笑)
先日、多治見の器祭り行って参りました❗
その時にお助けして参ったのが三島手の茶碗と黄瀬戸の器に入った苔。






世間的にはバラの盆栽に見えるかもしれませんが、あくまでも自分には苔がメインです(笑)


 さて、余談はここまでで合格体験記。
 トップバッターは慶應医学部特待、東京大学理科Ⅲ類、いわゆる理Ⅲ合格のhy君です




東京大学・理科Ⅲ類、慶応義塾・医医※特待 Hyくん

僕は理系の受験生でしたが、合格出来たのは国語を得意科目に出来たことが大きかったと思います。

始めのころは、国語はセンターで使うだけのつもりでした。しかし、志望校が固まってくると、二次でも国語は使うことになり、さらに医学部ですと小論文も必要になり、多くの場面で国語の力が役立ってきました。また、理系で国語が得意になれば相対的に有利になりますし、本番でも国語が自信をもって受け切れたことが後の試験科目にも良い影響を与え、合格につながったのだと思います。

そんな国語ですが、僕が今まで受けてきた中で東海進学アカデミーの授業が一番分かりやすくためになりました。授業自体が楽しく、興味が湧くので集中して受けることが出来ましたし、内容も充実しています。学校では教えてくれない文章の読み方・解法のルール、さらには記述の書き方まで体系だって教えてもらえました。勿論、その場限りのテクニックでは無いので、英語・理科など他の科目の記述でも自信を持って書けるような本物の国語力が身に付きます。文章との付き合いは一生続くものですから、大学に入る前に国語力を養っておくことはとても大事だと思います。皆さんも文系・理系に関わらず、東海進学アカデミーで国語を武器として受験を乗り切って下さい!!




 この合格体験記は理Ⅲ合格確認後、わずか15分後に書き上げられました
 結果、あまりにも空気を読みすぎた感がなきにしもあらずですね(笑)

 先日、さんまさんが仕切るバラエティーで東大生を集めていじってましたけど、あれは明らかに偏った東大生を集めてましたよね
 ただ、だいぶ改まってきたとは言え、世間での「東大生のイメージ」に近い学生を集めていたのは間違いないですね
 勉強だけでその他の能力は著しく欠如。特に運動、そして何よりコミュニケーション能力(その中でもさらに異性間での)
 ただ、このような特徴を備えた学生は東大でなくてもいくらでも居ます。ただ、「東大生でもこんなこと出来ないんだ❗」と思って安心したい皆の気持ちを汲んで「東大生ダメ番組」「東大生モテない番組」が作られるのでしょうね(笑)

 さて、肝心のhyくん。彼が如何に理Ⅲ合格に至ったかは説明会などの別の機会に譲るとして、今回は彼のパーソナリティーを示すエピソードを。


 残念ながら(?)、彼は上記のバラエティー番組に代表される「世間がこうあって欲しいと望む東大生像」からはかけ離れています。
 部活はテニス、それも岐阜市内であればほぼ決勝か準決勝には進出
 ギャグセンスも高く、授業中に見せ場を取られ歯噛みしたことも一度や二度ではありません
 

 さて、そんな彼ですが、不思議と私がお茶を入れるタイミングで来ることが多く、一度ならず茶菓と煎茶を振る舞わせて頂きました。

 そんなことが重なったある日、彼の方からある有名和菓子店の茶菓を携えてやって来たのです。

 そこで私も自慢の鼠志野の菓子皿で応戦しました。もちろん湯呑みもちょっと気合いを入れたものにして。
 あえて私もそこで器については語らず、彼の茶菓、そして受験バナシについて話したのですが、私が器に盛った菓子を出した瞬間の「おっ」という表情は鮮明に覚えています

 茶を入れ、器を用意しもてなしたのはわたしかもしれませんが、あの場での一番の馳走は、私の謀に素早く応えた彼の表情でした。
 そう考えると茶菓を持参した時点ですでに彼の私に対する試験は始まっており、それに対しなんとか合格点をもらったのかもしれません
 つまりは結局終始彼にもてなされていたのかもしれません

 このような緊張感のある楽しさを共有出来たのは、とても良い思い出です
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本当に久しぶりに更新

タブレット手に入れたんで更新マメにしますよー
って言った気もしますが(笑)

タイトル「受験結果」
にしましたが、本当に「受験結果」です
当たり前ですが、本当の意味での結果なんてその生徒がえ社会に出て、親になり、責任のある仕事を任されるようになり…
って考えるとおいそれと「教育の結果」なんて言葉は使えません
最近「教育の効果も数値化していない測るべき」なんて本も売れてるみたいですが

またじっくり読んで見たいと思います

ただ、折角のブログなんで
学校名と人数だけかいてもつまりません
それでしたらHPや折り込みチラシにも載せてますから

ここでは生徒の合格体験記、私の指導体験記等を徒然なるままに順次、エッセイ風に公開していきたいと思います

そうは言っても五年目、集大成にふさわしい結果が出ましたので
とりあえず一部ご披露させて下さい。

中学受験
東大寺学園  ラサール  洛星  海陽※特給 滝 などなど

高校受験
岐阜(2)  鶯谷(3うち特待1)

大学受験
東京(理Ⅲ.2)  大阪 名古屋 岐阜(医1.応用生命1.工学1.地域科学1)  名古屋市立 愛知県立(看護1 日本文化1)

慶應(医.特待2) 早稲田(政経) 同志社 立命館
などです

では次回以降少しずつ詳細を
いつになるかはわかりませんが(笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。