ケリケラータなレプタイルズ!

爬虫類、両生類、鋏角類(蜘蛛とか)を中心にマニアック連中の観察記録をやっていきます。

かつての僕のようにネット上でさえ情報収集に困ってる方々に少しでも力になれたらと思っております

至らぬ所も多々あるかと思いますが、大目に見てやってください(^_^;)

ハチュ飼育者、蜘蛛飼育者のみなさま、見てくださったら是非コメって行ってくださいね!

ハチュ&蜘蛛仲間募集中です!ο(*°▽°*)ο

テーマ:



皆様どうも、こんにちは。

時給108円です…

5月は大変忙しい月でしたが、その元凶が本日にて終了。残りは遊びに回せる時間が増えます。
ってもう終わりじゃねーか5月!

























本題

さて、では引き続き新入りの話


♂?


シロテンカラカネトカゲ/
オオアシカラカネトカゲ
Chalcides ocellatus



カルキデス・オケラータス。久々に読みやすい学名ですね(笑)
爬虫類の学名すぐ忘れるマンなのでオオアオジタすら未だに覚えてないのですが。何ギガスだったっけ。

余談ですがホカケトカゲって学名ハイドロサウルスでしたよね。かっけぇ


♀?


今回は雌雄に関するお話。

スキンクというと雌雄判別は比較的難しいイメージがありますが、婚姻色を呈するもの、♂の頭部が大きくなるものも結構いるのも事実。

カラカネトカゲの中でも最もお手頃価格ということもありペア取りを狙ったわけですが…

わっかんね!これ!


見てくださいよ、上の2枚。
♂は微妙に頭の形違うハズ…との事で店員さんと長い事観察してましたが結局確信持てず。
実際ビミョーでしょう?

一枚目の♂(?)は数匹いる中でも最も大きく、頬の形が一番はっきりしてる個体だったので、まぁ恐らく♂で間違いないんじゃないかとの事。
問題は♀。みんな似たり寄ったりなんだわさこれが。





♂?

♀?

横から見ると…ん?なんか確かに違うような。
下の個体の方が鼻先がシュッとしてますね。
♀候補で迷ってた個体にもうちょい鼻先が細く見える子が居たのでそっちとどっちが良かったかなぁとは思います。

ちなみに、裏側から変なとこ覗いてもなんも違いはありませんよ。
体カチカチ系のトカゲみんな割とそういう所ありますが、例に漏れずこの子らもカッチリガードしてるもの。膨らみなんざ見えません。




というわけで判別は難しいようです。はい。

しかし外国サイト漁ってたら気になるものが。


英語ですら無かったので雌雄の話してるのかすら分からなかったのですが、これはまぁ気になる画像ではありません?

ただし、外国サイトで引っ掛かるChalcides ocellatusはどうも日本に流通してるものと同じには見えなくてですね……体側の模様、尻尾の形状などから日本に出回ってるものとは別種の可能性が高いんじゃないかと思います。
あと画像で見ても明らかにうちにいるカラカネよりデカイ。ゴツイ。

調べてみるととりあえず2亜種(?)ほど確認できまして、

比較的日本に出回ってる個体に模様が似ている基亜種
Chalcides ocellatus ocellatus

側面の黒斑が背中より多く側線らしきものが見える
Chalcides ocellatus tiligugu

がいるのかな?という感じでした。


そしてどうも私の手元にいる個体は↑のイラストには当てはめられなさそうな感じであります。

まぁ、分布域があまりにも広すぎますし、研究が進んでないのか知りませんが情報不足ですね。



とりあえず雌雄であることを祈って飼育してみようと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。