パンダ

テーマ:

2泊3日の九赛沟→成都旅行に行ってきました。

九赛沟の観光も終わり、あとはパンダで日頃の疲れを癒すだけだったのですが、なかなか成都にたどり着けませんでした。 19:00九赛沟を出発予定だったフライトが2時間遅れ何とか出発、しかし着いたのはチョンチンラーズジーで有名な重慶!!成都の雷雨の影響で、何と着陸できなかったとか。


重慶に着くと、天候が好転したらすぐ出発するとかで3時間ほど機内で待つがそれでも出発できずロビーへ移動。周りには、成都に着けないフライトが続々他のエリアから集まってきました。 

嫌な予感が走る!!


今回、同じツアーだが、30分遅れの便で出発予定だった家族から電話入る。 

「今、とうとうこっちはキャンセルされた」 

彼らの便は、機内には搭乗したものの、出発できず九赛沟にとどまっていたのだった。


ただ、もう、どうしようがなく、家族で長椅子をベット代わりに寝に入ることにした。

しかし、受付には、苦情客が殺到し、早く新しい時間を教えろだとか、キャンセルしたいから荷物をよこせだとか、乗継のフライトをどうするんだなどいろいろな声が飛び交った。

受付の女性は一喝! 

勝手に成都行のくせに重慶に降り立ったくせに文句を私にいうな。 急に残業でこんな仕事をすることになった私だって被害者だという訳のわからない口論を始めるしまつ。 そして、私の隣では、夜中の2時に配られたカップラーメンをすするババア。 くさくて、寝れねーつーの。


そんなこんなで、朝方5時、アナウンスが流れた。 出発できるそうだ!  やったー!!

実際出発したのは6時ころで何とか7時に成都に着いた。 到着ロビーでは、ガイドが徹夜で私たちを待っていてくれた。

ガイドは、さー、お疲れでしょうからまずはホテルでチェックインをと勧めるが、コマネチが一喝。


このままパンダ基地へ連れていって頂戴!! 


ガイドは、泣きながら承諾しパンダ基地へ移動。 

ちなみに、私たち開園前に潜り込み一番のりでした。そして、先着50人だけがパンダを抱けるという申込も一番で受付し、念願のパンダを抱っこしちゃいました。 写真は、苦労したあげくやっとのことで報われたトカ昇天の瞬間です。



パンダさんのチョコレート-Panda


ちなみに、抱っこするには1300元(17000円)/人の寄付が必要ですので、うちは3人で3900元(51000円)もかかりました。毎年、200元くらいずつ上がっているそうなので、興味がある人はお早めに。


トカ

AD