国際コミュニケーション学科のエアラインゼミの学生12名が中部国際空港でインターンシップに行ってきました。

学生がインターンシップについてレポートしてくれました!

 

---学生レポート 『インターンシップ3日目』---

 

 最終日はゲート座学、2016年入社の方とのお話会、ゲートシミュレーション、修了式でした。

 

◇ゲート座学

 

午前中はゲート業務を座学で学びました。

 

GSがCAに引き継ぐための、お客さまの情報がリスト化された用紙を元に座学を進めていきました。

その用紙の情報はすべてアルファベットで省略されていたため、最初は暗号に見えました。

しかし一つずつ解読してうちに、授業で学んだ3レターや知っている単語が出てきました。

 

英語の大事さを痛感したのと同時に学んだ事が活かされて嬉しかったです。

 

 

◇ 2016年入社の方とお話会

 

1つ上の先輩3名の方とお話しする機会を作ってくださいました。

年齢が近く、1年前は就職活動をしていたということで、様々なことを伺うことができました。

 

 

◇ ゲートシミュレーション

 

ゲートにて、午前中学んだゲート業務を実際に体験させていただきました。

3つのグループに分かれてゲート係員とお客様の役をローテーションで行いました。

ゲート係員には、

 

・搭乗の案内をアナウンスでお知らせする

・一人一人に搭乗券を手渡しする

・お客様が全員ゲートを通過したか確認する

・ゲートまで来ていないお客様を探す

 

など、大まかに上記の4つの業務があります。

 

実際に体験してみて、車いすの方や幼児を連れたお客様など一人一人に適した案内を瞬時に判断する力が問われた業務でした。

 

アナウンス体験では実際にカウンターに立ちマイクを持つと緊張してしまい、顔がこわばってしました。

また、お客様に分かりやすいよう、便名や時間など重要な単語ははっきり・ゆっくり話すなど工夫して行いました。

 

ANAのアナウンスでは7時を「ななじ」と読むと学びました。

これは「しちじ」と言ってしまうと「いちじ」と聞き間違えてしまうことを防ぐためです。

一つ一つお客様目線で考えられていると思い、納得しました。

 

 

◇ 修了式

 

最後にインストラクターの方から手作りの終了証をいただきました。

そして憧れであるスカーフを一人ずつ首に巻いていただきました。

 

3日間のインターンシップが終了しました。

今回のインターンシップでは専門知識だけでなく、空港で働くすべての方々がお客様や仲間を想って働いているということも学ぶことができました。

そしてなにより、「ANAのあたたかさ」を肌で感じることができました。

また、同時に自分に足りない部分やもっと勉強しなくてはと痛感しました。

今回学んだことを活かして、更に自分を磨きたいと実感しました。

 

3日間、インターンシップに参加させていただき、本当にありがとうございました。

AD

国際コミュニケーション学科のエアラインゼミの学生12名が中部国際空港でインターンシップに行ってきました。 

学生がインターンシップについてレポートしてくれました!

 

---学生レポート 『インターンシップ2日目』---

 

インターシップ 2日目はカウンター業務についてです。

 

まず、手荷物カウンターで、グランドスタッフの方がどのような動きをされているのかを見学しました。

カウンターに立ってお荷物のお預かりをしている方、フロアに出てお声掛けをしている方、アナウンスをする方など同じカウンター業務でも多くの役割があり、それらを自分たちで考えて行っていることに驚きました。

気配りや気遣いが大切だと聞きますが、自分たちで考えて行動に移すことだけではなく、先を見据えての行動が素晴らしいと思いました。

 

午後は手荷物お預かりのシミュレーションを行いました。

トレーニングルームでお客様役とスタッフ役に分かれ、チケット受け取りから手荷物タグ発行までの作業を行い、実際のカウンターに立って様々な場面を体験しました。

午前中の見学でグランドスタッフの方々は簡単に操作しているように見えましたが、安全のために気をつけなければならない点が多くあり、事前に察知する力が必要だと感じました。

 

明日がインターンシップ最終日です。

最後まで様々なことを学び、少しでも知識を増やしたいと思います。

AD

国際コミュニケーション学科のエアラインゼミの学生12名が中部国際空港でインターンシップに行ってきました。 

学生がインターンシップについてレポートしてくれました!

 

---学生レポート 『前泊・インターンシップ1日目』---

 

 前泊するため名古屋へ向かいますが、みんな期待と不安でいっぱいです。この研修で学ぶことを活かし、これからの就活や自分の将来に役立てていきたいと思います。 

私たちが乗った飛行機です!! 

乗り場まではバスで行きました。初めての経験にワクワク! 

東北を応援する飛行機で機体には東北に咲く花々の絵のデザインが施されています。 とても可愛らしい飛行機でした!


名古屋へ向かう飛行機の中では、CAの方々の動きを実際に見ることが出来ました。

 機内で体調が悪くなったお客様に迅速な対応や周りの方への気遣いなど、その応対にとても感動しました。 

自分もそのような行動が取れるようになりたいと強く思いました。

 

機内からの景色です!

 

中部国際空港へ到着し、夕食は味噌カツを食べました!

名古屋物です!!とても美味しかったです! 

 

 3日間の中部国際空港インターンシップが始まります。

 普通、経験出来ないことばかりなので、沢山のことを吸収し、
充実したインターンシップになることを目標に頑張りたいと思います。 

 

 

翌日、早起きをし、入念に身だしなみを整え空港へ向かいました!

 GSのインストラクターの方々とお会いし、インターンシップが始まりました。 

みんな緊張の中、自己紹介をしましたが、インストラクターの方が和やかな笑顔で緊張をほぐしてくださいました。

 

次に、空港業務についての紹介をしてくださいました。 

GSの方々の1日のシフト表をみせていただき、分単位での仕事スケジュールに驚き、自己管理の大切さを感じました。

午後は空港見学をさせていただきました!!

空港は、東京の国際空港と似ていましたが天井から忍者がぶら下がっていたり、和のテイストが施されていたりとお客様に目で楽しんでいただけるような要素がたくさんありました。

 

忙しさの中にも、お客様だけでなく、仲間を思いやる気持ちに対する笑顔が絶えず「ANAのあたたかさ」を感じました。

普段は入ることのできないプレミアムクラスのラウンジや保安検査場を見学することができ、より間近で実際に仕事をされているところを拝見できました!

 

インストラクターの方は、どんな質問にも瞬時に答えてくださり知識の多さに感銘を受けました。

初日はとても緊張しましたが、学ぶことや発見の多さであっという間に一日目のインターンシップ が終了しました。

 

夕食はきしめんを食べました!

これはあかもくという海藻が練りこまれているきしめんでとってもおいしかったです! 

 

 

明日のインターンシップも手荷物カウンター業務など内容盛り沢山で楽しみです。

AD