東員自転車工房の作業日誌

自転車のパーツ取付、オーバーホールなど作業を募集してます。詳しくは東員自転車工房HP→http://toincyclefactory.web.fc2.com/index.html


テーマ:
COLNAGO ACEオーバーホールです。


http://www.colnago.co.jp/products/road/ace105/
元はこれだろうか、クランクとキャリパーがコルナゴデザインでコンポが105のミドルグレードフルカーボンフレーム、なかなか魅力的なモデルだ。
フレームをこの状態でお預かりし、どこからか集めた10速系6700アルテグラを組付ける。


フルカーボンながらヘッド、BBはアルミ部材が埋め込まれている。
BB規格は確認していないけど、シマノ変換アダプター的なものを預かって圧入したのでBB30だろうか。


カーボンリム用シューが付いた6700キャリパーに通常のシューを取り付ける。
これで思い出した。6700はDEROSAのSKにBORAというとんでもない仕様から移植するものだった。ちなみにSKはCHOLUSになったそうだ。


ホイールはシマノのRS30で、鉄シャフト大径ボールの標準的なハブだ。
シマノホイールはニップルがモデルごとに違うくらい色々あるようで、パークツールのシマノ用ニップルレンチを持っているもののほとんど合うことがない。
これは4.4mmが使えたのでかなりレアケースだ。


FULCRUM RACINGZERO後輪も預かっているのでオーバーホールする。
大量のグリスが充填してあるがほとんど色も付いていない新鮮なままなので、そういった箇所はグリスがさほど必要ないことが分かる。
ハブシェルにはUSBの表記があり、ボールだけセラミックになっている。
11S用フリーボディーに10Sカセットを入れるので1.85mmスペーサーと1.0mmロースペーサーを入れる。


ディレイラーハンガーのネジがナメていてボルト留めができない。
ホイールを取り付けてクイックで締めれば使えないことはないが、ホイールを外すたびにRDも外れるという面倒なことになるのでハンガーを取り換える。
WHEELS MANUFACTURINGのdropout-186は2011ACEに適合するとあるし見た目も同じなので自信満々で取り寄せたが、少し合わない。
やすりで削るもきりがないのでグラインダで成形する。削った部分は油性ペンで塗装した。


一応はまったが、シャフトが通らないしRDが前側に傾いて通りにくい。
このあたりもさらに削ったりして何とかホイールを付けられるようにした。
リプレイスハンガーは古いモデルでも交換できるからいいと思っていたがなかなかうまくいかないものだ。


ブレーキはPTFE、シフトにOPTISLICKを用いた。
フリース着てるけどいつの作業だろうか。
付属のアウターキャップは5800以降あたりの専用のような形をしているが、6700の溝にも使うことはできた。
ジャグワイアの極細ライナはワイヤとの一体感があり目立たず、動きの妨げも少ないので優秀だ。


チェーンを取り付ける。


ペダルはよく付け外しする左側に少しガタがでている。
ここの共締めナットは小さいうえにかなり固く締めてあるので7mmメガネレンチが必須だ。さらに内側の10㎜ナットも薄いので薄いスパナもいる。


直付けFDがそのままボルトで取り付けてあり、角度の調節ができないのでスモールパーツで取り寄せた。


エバディオのバーテープは両面テープがひっつかないので嬉しい。
色々と問題のある車両でしたが何とか完成しました。


東員自転車工房http://toincyclefactory.web.fc2.com/index.html

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

タロウ銀輪さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。