東員自転車工房の作業日誌

自転車のパーツ取付、オーバーホールなど作業を募集してます。詳しくは東員自転車工房HP→http://toincyclefactory.web.fc2.com/index.html


テーマ:
自分で調節してたらニップルが切れてしまいました、と持ち込んで頂きました。
多分これ。


赤いアルミニップルで、手持ちであったのですぐ直るかなあとやってみたがそんなに簡単ではなかったという話だ。
このホイールはストレートプルスポークを使っているが、扁平なエアロスポークではなく丸いストレートスポークになっている。
扁平だとストレートプルでもスポークを保持してニップルを回すことができるが、丸いと保持しようがない。さらに、何故かニップルとスポークがガチガチに固まっている。
はじめはプラ面プライヤーで保持して回そうとしたが歯が立たず、強力ペンチで思い切りスポークを挟み込んでようやくニップルが回る感じだった。
これはおかしいと思いリムテープを取ってみると、スポークのネジ部が完全にニップルを突き抜けている。締めチューニングをしすぎてスポークが伸びてしまったのだろうか。


中古ホイールということで、前オーナーが締めて締めてを繰り返し、ついにネジ部が尽きてしまったがさらに無理やり回してニップルが切れてしまったということか。
それならばネジ部を作ってやればいいのでは、と思い、ホーザンねじ切り器で数回転分くらいネジ山を足した。


ニップルは新調してSAPIMのSecure Lockを使おうとしたが、このロックシステムのためねじ込むのが非常に困難になってしまった。
ノーマルアルミニップルにして仕切りなおしだ。
スポークとの共回りを防ぐため、ニップルの頭に少しグリスを付けておく。
やはり、普通に組めばスポークを保持することもないくらいニップルが回る。難なく組直すことができた。
EASTONは以前にも、この後にも同じ症状があった覚えがある。よくよく見るとフリー側なんか首の部分が食い込んできているように見える。締めすぎてニップルが回らなくなったらもうネジ山が尽きたと考えられ、そこで止めてホーザンのねじ切り器を買ってくるのがいいだろう。

東員自転車工房http://toincyclefactory.web.fc2.com/index.html

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

タロウ銀輪さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。