東員自転車工房の作業日誌

自転車のパーツ取付、オーバーホールなど作業を募集してます。詳しくは東員自転車工房HP→http://toincyclefactory.web.fc2.com/index.html


テーマ:
数か月前後しますが大型物件を仕上げたので報告しましょう。

ルイガノのクロモリフレーム、これをデザインしてもらった原案のようにしてみようというご依頼だ。これは楽しそうだ。


所々傷ついて塗装が剥がれている。どこもメッキが見えているので、メッキ下地の上に塗装が施されているようだ。


チェーンステーだけ剥離を行い、他は強固な元の塗膜を残し塗り重ねることにする。
数年前の使いかけのネオリバーを出してみたら、剥離成分のジクロロメタンが抜けてほとんどパラフィンになってしまっていた。大きい缶は1台分ずつ小分けして保存するのがいい。
メッキ面は剥離しやすいのでこれでも削りやすいくらいにはなった。
塗り重ねる塗膜は非常に薄く凹凸をカバーすることはないだろうと考え、剥がれていた部分を木工やすりでならした。


塗料はsoft99のグレープラサフ、150トヨタスーパーシルバーM、ウレタンクリアを用いた。

工房内にブルーシートで塗装ブースを設置する。
10WLED投光機で照らしながら塗装する。


プラサフで下地の色を覆う。


シルバーを塗装してブースを撤去するとスッキリだ。これならかなりお手軽に塗装を行うことができる。


次にロゴを作る。
もらったロゴのデータの縮尺を計算し、反転してプリントアウトする。


車屋さんとかで売っているカッティングシートにカーボンペーパーで写してハサミで切るという恐ろしくアナログな方法で作っていく。多分、いや絶対もっと楽な方法があるだろうけど考えるより行動と言っておくとかっこよく収まる気がする。

コンチネンタルなんかもう泣きそうになる。この仕上がりだけが原動力だ。


ふう


翌日ウレタンクリアを吹いて乾燥しながら次はホイールだ。


元はC50デュラホイールですがHEDにしてみよう。
ホイールは曲面なので温めて伸ばすことが必要になる。
はじめ練習でそのまま貼ってみたら内側にしわが寄ってしまった。ということは、内側を先に貼っておいて温めて伸ばしながら外側を貼るといいのではないかと考えやってみるとうまくいった。

上出来だ。


ヘッドチューブのプレートを貼るのにいい両面テープがないかと辺りを見渡すとチューブラー用の宮田リムテープを見つけた。申し分ない。


ヘッドのカップを圧入するときに工具でよじって少し塗料を剥がしてしまった。
フォーククラウンは外しにくかったのでマスキングで対応したが特に問題ない。


出来ました。渾身の力作です。

東員自転車工房http://toincyclefactory.web.fc2.com/index.html

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

タロウ銀輪さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。