東員自転車工房の作業日誌

自転車のパーツ取付、オーバーホールなど作業を募集してます。詳しくは東員自転車工房HP→http://toincyclefactory.web.fc2.com/index.html


テーマ:
Time Edge First オーバーホールです。

flame:Time Edge First
component:shimano Ultegra6600
wheels:campagnolo zonda


ドロップハンドルにプロファイルデザインのTTバーが付いたトライアスロン仕様だ。


チェーンが伸びているので交換する。


アルミコラムが錆のように腐食していてフォークはハンマーで叩きだした。
形としてはインテグラルヘッドだが、ベアリング部からボールを樹脂で固めたようなものが出てきた。


開けてみてはないので分からないけど多分Wレバー台座だろう。


はめ込み式のケーブルガイドだ。


綺麗にフェイシングされたBBだ。
シマノ純正BBはフタを開けて古いグリスを吹き出し、グリスアップする。


ガイドプーリーがセラミックブッシュでテンションプーリーがシールドベアリングになっている。


ペダルのネジは音鳴りの原因になりやすいのでよく清掃する。


TTバーの肘置きは使わない時は跳ね上がるようになっている。
スプリング等が錆びているのでブラシで何とかしたり注油したりしてみる。


ホイールはカンパのゾンダだ。
シマノ10Sのフリーボディーだが、将来11Sに対応できるようフリーボディーを交換する。


新製品が出ていたので白い方にしてみる。型番はFH-BO015X1となっている。従来のはFH-BU015X1のようだ。
合わなかったらどうしようとドキドキしていたが、カセットが奥まで入るようになっている以外は各部寸法は同じだ。多分フルクラムもいけるだろう。


そういえば、カセットのロックリングがカンパのものだった。古いシマノ用フリーボディーはロックリングだけカンパ規格なのだ。これは不便だ。
新しいフリーボディーはロックリングもシマノ規格で、とりあえず自分の自転車からロックリングだけ外して取り付けた。


無事取り付けることができた。
10Sで使用するので、1.85mmスペーサーとロースペーサーを入れる。


ホイールのセンター、振れ取り調整を行う。
G3はスポークが集中していて、どうしても縦振れが発生してしまう。張る側にチューニングするとより強く出てくるのでなるべく張力が上がらないように調整するといいだろう。


ケーブルは赤だ。
古いアウターケーブルはだいたい中身がむき出してくる。


色が強いケーブルはケーブル小物が際立っていい。


完成しました。

東員自転車工房http://toincyclefactory.web.fc2.com/index.html

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

タロウ銀輪さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。