東員自転車工房の作業日誌

自転車のパーツ取付、オーバーホールなど作業を募集してます。詳しくは東員自転車工房HP→http://toincyclefactory.web.fc2.com/index.html


テーマ:
ボントレガーのレースライトホイールのベアリング交換です。


ハブは恐らくDT SWISS 240Sと同等と思われる。
ラチェットが他メーカーと一線を画していて、スターラチェットとなっている。
ラチェットのグリスアップまでは工具なしで分解できる構造となっているが、ベアリングを交換しようとすると専用工具が必要となる。


主軸の両側にオーバーロックナット的なカバーがはめてあるだけで、引っこ抜くとフリーボディーも抜くことができる。ここも本来はバイスにアダプターを付けてカバーをつかみホイールを引き上げるという取り方をするが、まあそんなに変形するほど掴まなければそのままバイスではさんでも問題なかった。
またカセットが付いていれば、それごとガシッと掴んで引き上げれば全部抜ける。カセット付けたままでもOKだ。

フリーを抜くとシールドベアリングが見えるが、右ベアリングはスターラチェットを噛み合わせるための歯とワッシャで頑丈に閉じ込められている。左側のベアリングを主軸を叩いて叩きだすことになっているが、結構強く叩いても出てこない。前後輪ともかなりシビアな設計になっているようだ。
あまり叩くのも気が引けるのでネジ棒で押し出すことにした。適当なスペーサー(この場合はカートリッジBBのアダプター)でハブシェルを支持し、片方は主軸を押す。
ここまでは問題ないが、よりによって最も強大な力のかかる後輪右のベアリングを抜くには専用工具が必要だ。


このあたりの工具についてはJPスポーツのサイトに詳しく載っている。
http://www.jpsg.co.jp/2011/11/ffwd_news_53.php
この中から、この品番
HXTXXX00N5027S  Ring nut installation tool
をコピペしてグーグル先生に探してもらったらebayで見つかった。よく似た形のもので3pawl~というのもあるが、それではなく240S等に対応する普通のものだ。

このリングは漕ぐ方向に締まっていくのでものすごく固い。工具をスパナで回したくらいでは絶対に外れない。工具をバイスで固定し、ホイールを回して外す。
万力も片持ちでは全く歯が立たなかったので、コンクリートの隙間にはさんでスポークが引きちぎれんばかりにホイールを回してようやく外れた。フリーボディーの方は見ていないので覚えてないけど、こっちも同じ構造だったらもう諦めるしかないと思う。


ベアリング規格は後輪が6902、前輪が6803だ。

インターナルニップルで、パークツールのSW-15のどれかで振れ取り調整を行う。
左右同じ所で引っ張っているので横振れは安定してそうに思えるけど、少スポークを1か所に集めるというスポークパターンはG3同様縦振れが心配になってくる。なるべく締めチューニングにならないよう心がけるといったところか。経年ででてくるものは仕方がない。

DTハブ、工具コレクションが増えて大満足であります笑


東員自転車工房http://toincyclefactory.web.fc2.com/index.html


ところで、作業日誌が滞りまくっているのにはわけがありまして、このところ工房建設を急ピッチで進めているのです。


屋根を張ったところで我が家のママチャリを旧工房から出すことができたので暫く停滞しておりましたが、昨年12月にガルバリウム波板の壁を張りだしてからワクワクが止まらなくなり・・・


電気工事をして24時間体制が整いヒートアップ・・・


夜なべして吊り戸ができちゃって


ほとんどビョーキです。


作業台もカンセーイ


で、今に至るわけですがこの不完全感が何かと作業を滞らせます。
こういった自転車整備以外の下らない雑談は主にFBで行っております。本名は三輪圭太郎といいますがそのまま登録しているのでご興味あらば覗いてやってください。こちらのつぶやきはかなり下らないと自負しております。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

タロウ銀輪さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。