東員自転車工房の作業日誌

自転車のパーツ取付、オーバーホールなど作業を募集してます。詳しくは東員自転車工房HP→http://toincyclefactory.web.fc2.com/index.html


テーマ:
前後しますが珍しい作業が入ったので忘れないうちに書いておきます。


MAVIC R-SYS SLR後輪、オーナーが工具やトラコンプリングを付けて送って頂きました。
ん?トラコンプリングって何?何で調整するときにとりかえるの?と思ったが、やってみたら分かった。

センターがかなり反フリー側に寄っていて、フリー側も若干弱めに感じたのでちょうどフリー側を締めればカーボンスポーク側はいじらなくて済むかもと思ったが、金属スポーク側をどれだけ締めてもなかなか寄ってこない。カーボンスポーク側を緩めるしかない。
ここは予想通りトラコンプリングを外すことにしよう。
トラコンプリングはカーボンスポークが内側に入ってこないように押さえるためのもののようだ。押さえている状態だとカーボンスポークが回らないので取る必要があるのかな?と感じた。


外す時はマイナスドライバーを溝にあてて、力任せにてこで取る感じだ。
外すだけならフェルトやプラ板などを当てるだけでもできそうだ。
マイナスドライバーの跡が付くし、けっこうよじれるので確かに再利用はできなさそうだ。プラスチックの回り止めは破壊される。スポークが当たっている跡があり、これが深くなると音鳴りの原因にもなるようだ。


ニップルを回してみると、カーボンスポークからハブ側の付け根部分まで一緒に回る。説明書にKRRRとだけ書かれているが、トラコンプリングを付けたままニップルを回すとKRRRと鳴るぞっていう警告だったようだ。ここでようやく理解できた。
こちらはちょっと回しただけで大きくリムが動く。左右でこれだけ特性が違えばセンターがずれてくるのも無理ないかなあとも思う。しかし振れは全くない印象。


トラコンプリングを取り付ける。プラスチックの工具をあててハンマーで叩くだけだ。
けっこう強く叩く必要があるので工具はあった方がいいだろう。


ベアリングは反フリー側6901、フリー側は内径8mmで608のようだ。
フリーボディとの間のワッシャーは入れ忘れて締めると終わるので気を付けているが、これは入れ忘れる心配がないようになっている。


東員自転車工房http://toincyclefactory.web.fc2.com/index.html

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

タロウ銀輪さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。