東員自転車工房の作業日誌

自転車のパーツ取付、オーバーホールなど作業を募集してます。詳しくは東員自転車工房HP→http://toincyclefactory.web.fc2.com/index.html


テーマ:
珍しく毎日更新されております。
早くも雛祭りを迎えましたがこの作業でようやく今年分に追いつきました笑
今年もすでにいくつか難作業をやらせて頂きました。ご提供大変有難うございます!


遠方からはこBOONで送って頂いての作業だ。
このはこBOON、縦×横×高さを足して160cm以内とあり、さすがにホイール2本入りの箱は無理かと思っていたが、難なく送られてきた。メジャーをあててみると、何とギリギリ160cmをクリアしている。もうこうなるとファミリーマートの幹部に自転車乗りがいて「でかくて軽いもの」としてそこらへんにあったホイールの箱を測ったとしか思えない。


普通のレー3にこのセラミックボールを導入する。仕様としてはUSBになる。
グレード3、真球度が0.4μm以内ということだろうか。よく分からないがもの凄い精度に違いない。
このセラミックボールの効果について少し思いを馳せてみた。
良く回るホイール、それはいいだろう。しかし、玉当たりを緩くすればどんなホイールでも良く回るものだ。やはりホイールたるもの、走ってどうかというのが重要だろう。力が加わった時にどう動くか。

例えばチェーン。コマの連結部が緩くなって伸びるだけでシャキッとしなくなる。同じようなことが通常のハブで起こっていると仮定する。鋼球では僅かに潰れてしまうのではないだろうか。リムのねじれが、スポークの躍動が、ハブシェルに伝わるものの鋼球が潰れることでその情報を減衰してしまっているのではないか。
そこをセラミックボールに置き換えてみよう。何だか地面からの情報がよりダイレクトに体に伝わってくるような気がする。よく考えると軸受というものは自転車の中でも実に特殊な役割を担っていて、他のパーツがどれだけ硬く、強く、軽くと頑張っても軸受がダメだったら全て台無しといっても過言ではない。
まあそれは極端だとしても、何だか反応がいい気がする、という効果くらいは期待できるのではないだろうか。物理的な速度にはほとんど影響が無くてもプラシーボ等として人間の性能が上がるなら色々飛ばしてセラミックで速くなる!って言っちゃってもよろしいですよ。自転車と人類は何でもアリなんですよ。

後日オーナー談によると「全然違う」そうであります。益々軸受というものが分からなくなってまいりました。

ハブを分解してボールを取り出す。


リテーナーから鋼球を取り、黒いセラミックボールを入れる。

グリスはナスカグリスのソフトを用いた。


フロントも同じく、進行方向に向けるとロゴが読める向きとなり、後輪と同じく玉当たり調節機構がある方が左になる。多分どっちにしてもいいと思うけど。


グリスは前後輪ともカンパのグリスが使われていたようだ。


センターのずれ、振れ共にほとんどなく優秀だ。これで安いところだと5万円弱くらいで買えるのだから人気があるのもうなずける。よくできたホイールだと思う。

東員自転車工房http://toincyclefactory.web.fc2.com/index.html 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

タロウ銀輪さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。