東員自転車工房の作業日誌

自転車のパーツ取付、オーバーホールなど作業を募集してます。詳しくは東員自転車工房HP→http://toincyclefactory.web.fc2.com/index.html


テーマ:
フルクラムレーシングゼロのオーバーホールです。
赤いアルミのブレードスポークでインパクトの強いホイールだ。
リムはアルミの2wayfit、ハブはUSBとなっている。

まずは落車の影響で曲がってしまったスポークを交換する。
ニップルは6mmの六角だがアルミなので普通のスパナで回すとすぐナメてしまいそうだ。
緩める方向なら何とかできたので、対する2本を緩めて曲がったスポークを摘出し、フルクラムディーラーでパーツ取り寄せをお願いした。


スポークはニップルとセットだ。ニップル誘導用の磁石と鉄ネジ、レーシングゼロ専用ニップル回しを手に入れた。マニアックな工具だ。

バルブホールのプラスチックブッシュを外し、鉄ネジを付けたアルミニップルを入れる。

スポークホールがギチギチで通りにくいが、磁石が強力なので何とか頭を出すことができた。

はじめ何も付けずにスポークを通して締めていったが、なかなか回らないのでネジにグリスを塗ってやっと締めこむことができた。
当初付いていたニップルにはスポークプレップ的なものが付いていたようだ。ネジ部にカスが付いている。


スポーク交換できました。
ロットのせいかもしれないけど、交換した所だけスポークの入りが浅いような気がする。
元々のスポークが伸びた状態で安定し、新しいスポークはそんなに伸びていない状態で均衡したという感じだ。まあメーカーとしては交換するなら全交換したいところだろう。1本1800円くらいするのでスポークだけで高級ホイールくらいいきそうだが。

後輪は振れ取りを行う。


一か所どうしても締めたいスポークがあったのだが、スポークを保持してニップルを締めると何とスポークがねじれてしまった。
これはスポークプレップ的なものが組む時はグリスのような働きをして、負荷がかかると緩み止めのような役割をするためかもしれない。
局部的な振れでスポーク本数が少なくしかも2to1、緩ませるチューニングでは対応できない場所で困難を極め横振れのラインを整えるくらいしかできなかった。

次はハブのグリスアップだ。
これはUSBなのでボールがセラミックで受けは通常の鋼鉄のタイプだ。


逆ネジのナットを右回りで緩め、フリーボディーを外す。


両側に六角レンチを入れ、お互い左回りすると非ドライブ側のオーバーロックナットが緩み、玉押しを外すと軸を抜くことができる。


真っ黒だ。USBはボールが硬く強いが、受けがそれに耐えられないので通常より消耗が激しいかもしれない。CULTとの差は明らかだ。とはいえ施工前でも悪くない状態ではあった。


前輪は後輪の非ドライブ側と同じ構造となっている。


できました。これはなかなか難しいホイールでした。



東員自転車工房http://toincyclefactory.web.fc2.com/index.html 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

タロウ銀輪さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。