東員自転車工房の作業日誌

自転車のパーツ取付、オーバーホールなど作業を募集してます。詳しくは東員自転車工房HP→http://toincyclefactory.web.fc2.com/index.html


テーマ:
古くからの自転車仲間であるひかげさんからのご依頼です。
高速時にブレーキをかけると前輪が安定しない、等の症状だ。


このホイール、まだ工房を始める前に名古屋の某ショップで日曜バイトをしていた時に僕が組んだものだ。
この頃はまだ自分用のホイールしか組んだ事がなく、経験値としては5セットくらいだろうか。初めて人様のホイールを組むということでショップで正しい組み方を教えてもらって気合を入れて組んだものだ。
まあ経験が浅いので不安要素でいっぱいだった。
パッと組んで長期間OK、なんて言えるのか。今までは何となく組んで乗りながら調整して、センターなんか感覚でちょい寄せてあーいい感じとかやってたから。
そんな初号機、お隣八日市まで受け取りに行った。


こんな感じで。

各部見てみよう。


前輪は確かに振れている。自転車屋で直してもらってもすぐ振れてしまうようだ。


後輪は振れはないが、ちょっと左に寄ってるかな。


解体しようとニップルを回すと、前輪がものすごく締まっている。これは明らかに異常だ。
振れが直らないのも不安定な挙動も原因は間違いなくこれだ。
一回中間メンテした時に不安になって結構締めたような気がするからなあ。

前後輪ともスポーク、リムを一新したいとのご依頼なのでリムとスポークを発注する。
しかし2週間後の鈴鹿エンデューロに出場するため実測している時間はない。(いつの話だ笑)
オープンプロのERDは検索しよう。
DT swissのカリキュレーターではオープンプロのERDは604mmとあるが、実際はちょっと違うらしい。前組んだ時はマヴィックの取扱店サイトで計算したしなあ。
一応信憑性のありそうな602mmを使ってスポーク長を計算する。
FH-7900とHB-7900はシマノHPの数値を使用する。
32H三交差で前輪295mm、後輪292,294mmとなったっぽい。
ええいと通販で一挙発注する。

その間にハブの分解グリスアップを行う。


79になって大きく変わったのがデジタルアジャスト(だったか)だ。
玉当たり調節が簡単で、絶対に動かないのでクイックの締めこみの影響もない。
フリーボディーがカートリッジ式ということ以外は非常によくできた構造だ。
ブルべ的に酷使されたはずだがグリスは少し黒くなっている程度で驚くほど痛みがない。


材料届きました。
ホシの#14-15バテッドにアルミニップルを合わせてみた。


前輪は一応ひとつずらし、スポークが当たる面を新しい所になるようにした。
ホイールはお陰さまで何本も組ませてもらって、色々な素材を見る事ができた。
オープンプロは中でも別格の安定感があるように思う。何でだろう。


完成しました。

東員自転車工房http://toincyclefactory.web.fc2.com/index.html 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

タロウ銀輪さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。