東員自転車工房の作業日誌

自転車のパーツ取付、オーバーホールなど作業を募集してます。詳しくは東員自転車工房HP→http://toincyclefactory.web.fc2.com/index.html


テーマ:
ブリヂストンアンカーのネオコットクロモリ、RNC7です。
ハンドル交換ですぐ出来そうだったのでオーナーに見てもらいながらの作業とした。
やはりこうやってやると楽しい。何かと効率が悪くなるけど笑


黄色一色でロゴなしだとオシャレだなあ。
TIAGRA完成車だったのを、Wレバーにしてピスト風のハンドルにしようというものだ。
これは確かに良くなりそうだ。


これは元々付いていたステムで、オーバーサイズコラム用のものだ。
対してRNC7は1インチアヘッドなのでシムを入れて径を変換している。


交換するステムもオーバーサイズなのでこのシムを使おう。
しかし余って飛び出している。


ノコで切ろうかと思ったけど小さくて切りにくいのでグラインダで削った。


ステムが薄くなった分コラムが余る。1インチのスペーサーは持ってないし、コラムを切るか。


カーボン用に32山が付いていたのを標準的な24山にする。
ソーガイドは持っていないので、ビニールテープを目印にして適当に切る。


うむ、OK。


RNC7はWレバー台座があり、STIで使う場合はここにアウター受けが付いている。

7900のWレバーだ。このTIAGRAは10速なのでこのまま使える。
説明書を読んでみたがフリクションモードが見当たらない。無いのだろうか。こりゃないな。
フロントはダブルとトリプル、リアは10速限定ということだ。
インナーワイヤとRD部のアウターやキャップ類が付属している。


取り付け方はあまり覚えてないけど説明書のとおりだ。
けっこう変な感じだったから写真でもとっておけばよかったか。今後79のWレバーなんて見る事はなさそうだが笑
あっ思い出した。フロントはフリクションでリアがインデックスだな。


おっと、このブレーキレバーか。
ケーブルは用意していなかったので再利用しようとしていたが、タイコがMTB用なので合わない。偶然これの直前にMTBをバラしていて、そのお古を拝借した。アウターは普段のオーバーホールで余ってきた切れ端で何とか事足りた。


このままだとクランプできず、一緒に付けてくれたというシムを片側だけ付けるとよさそう。しかしカーブしているところなので形が合わない。このままうにょーと変形させながら締めこむと固定されているようなのでまあいいだろう。

ハンドルやブレーキレバーの位置を調整する。
まっ、こんなもんかな。

ケーブルの取り回しはこんな風で、はじめ右前ブレーキで通してみたがカーブがきつすぎてうまく動かない。それで左前ブレーキにしたらこのようにスッキリと収まった。
ブレーキ?ああどうせ両方かけるからどっちが前でもいいや、と終始ラフな雰囲気で進める。

ブレーキレバーの隣は常時手を置いておく場所になるのでここに化粧テープがあると邪魔っぽいなあと思い、上から巻き下ろすようにした。


おお!実に爽やかじゃあないですか。
ハンドルって変わるもんだね。

東員自転車工房http://toincyclefactory.web.fc2.com/index.html

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

タロウ銀輪さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。