東員自転車工房の作業日誌

自転車のパーツ取付、オーバーホールなど作業を募集してます。詳しくは東員自転車工房HP→http://toincyclefactory.web.fc2.com/index.html


テーマ:
ちょっと前後しますが、続けてコーラス11sエルゴパワーの分解修理いきましょう。
エルゴレバーだと思ったらエルゴパワーというのか。


これは2011モデルのようだ。
随分と前にお預かりしたものでなかなか手がつけられずにいたが、先日ケンタウルを分解して割とうまくいったのでこちらも分解してみた。

前転の落車から左レバーが効かなくなったという症状だ。
木陰にカモフラージュした路面の突起に気付かず突っ込んで前転、当然無意識だからもの凄い勢いだっただろう。自転車に乗っている以上、自分だけは落車しないなんて絶対にないことでございます。このオーナーも月1000km走る熟練のサイクリストなのに起こった。自転車に乗っていると皆さんもそうだと思うけど、身体の痛みだけでなく色々と肩身の狭い思いをすることだろう。でも身体が治ったら性懲りもなくサドルに跨る、それが人間というものだ。ああ、この話に展開は特に無いです笑。

レバーを見てみると、


ギザギザが無い。落車の衝撃でシフトレバーがあり得ない角度まで押されたか、ケーブルが引っ張られたかでラチェットが向こう側まで回転してしまったのだと思う。


まずブレーキレバーを外してみよう。ケンタウルと同じく、ピンの中央部がへこんでいてそこにプラスチックのブッシュが嵌めてあり抜けなくなっている構造だ。割が入っているので叩いたら開くようだ。


親指側から叩いてみたがなかなか抜けてこない。


頑張ったら抜けたが、外側から叩かなければならなかったようだ。よく見るとピンの窪みは外側の方が斜めになっている。外側から叩けばブッシュが開きやすい。


フタ開けますよ。


ゼンマイ状のバネが出てきた。


バネを取ると、これは樹脂製のケーブル受けだ。多分正常なものは180度反対なのだろう。


ケーブル受けの次は解除レバーだ。


解除レバーはバネに引っ掛けてあるのでそれを外しながら取る。


金属製のギヤだ。


裏側は突起が付いている。


相手には窪みが並ぶ。ここに突起がはまり位置を固定するわけか。
単純明快だがちょっと無理あるような気もする。何か他のモデルはまた違う手を使っているし、色々試行錯誤しているようだ。


何だこれは。これ、組立時までよく分からなかったけどバネのようだ。
これで窪みのパネルを押さえとくでしょ?で、突起のパネルを力ずくで回すと隣の窪みに移動する。


そのバネは白い樹脂製のパッキンの上にある。滑りやすくするためだろうか。

パッキンの次は解除レバーのバネだ。


これでシャフトだけになった。

前側もボルトでフタがしてある。


ボルトを取るとシャフトが後側から抜け、巻きレバーのユニットが外れる。


こんな順番。


ベアリングだ。シールドはない。


巻きレバーはギヤとスプリングを挟んでおいて、スプリングを本体の所定の位置に引っ掛けながらシャフトが通る位置に持っていき、後ろ側からシャフトを入れて貫通させる!
ここは超難しいので覚悟を持って分解しよう。今回のケースはここまで分解しなくても直す事はできたので必要は無かった。何ならブレーキレバーも外す必要は無かった。のでよほどの事が無い限り後側のメンテで十分だろう。


まずは解除レバー用のバネを付ける。これも結構難しい。
ピンセットを用いてゼンマイの内側を移動させて本体の穴に入れる。


白いパッキンと板バネを入れる。中央部が膨らんでいる形状で、同じものを向かい合わせるとバネになる。


こんな感じ。ここに金属製の平ワッシャが1枚入ったかな。


窪みプレートと突起プレートを向かい合わせる。窪みプレートは位置が決まっていて、突起プレートはギヤ状のギザギザが解除レバー側に来るように設置する。


解除レバーを入れてバネを引っ掛ける。


樹脂製のケーブル受けをシャフトの形に合わせて入れ、ゼンマイ状のバネを入れる。


ラチェットを一番解除した状態だとそのままスポッと設置することができた。


フタをしてボルトで締める。


ブレーキレバーを付けピンを叩く。


これが本来の形だ。同じくケーブルが付いたままでも分解できるようになっている。このメンテナンス性の良さはカンパニョーロの長所だと思う。短所はぶっちぎりで値段かな笑。以上!

東員自転車工房http://toincyclefactory.web.fc2.com/index.html

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

タロウ銀輪さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。