東員自転車工房の作業日誌

自転車のパーツ取付、オーバーホールなど作業を募集してます。詳しくは東員自転車工房HP→http://toincyclefactory.web.fc2.com/index.html


テーマ:
BMC SLX-01のクランク交換を行います。
ノーマルクランクからコンパクトクランクに変更するだけでなく、6700のロー30Tのカセットへの変更も同時に行い大幅なシフトダウンを実現する安心チューンだ笑。

FSA SL-K Light MegaExo Crankset 53-39 → FC-6750 50-34
FSA BB → SM-BB9000 68mm
CS-6700-10s 11-28T → CS-6700-10s 12-30T
RD-6700-SS → RD-6700-A-SS
CN-6700 → KMC10s

交換部品の選択は上記の通りだが、なかなかにややこしいのでまとめてみよう。

ノーマルクランクからコンパクトへ→チェーンの長さが変わる、FDも一応専用品がある
FSAクランクからシマノクランクへ→BBもシマノに
ロー28Tから30Tへ→RDを30T対応のものにする

ここで30Tに対応するRDがあるということを初めて知った。
RD6700Aと、Aが付いていれば30Tに対応しているということらしい。
MTBの10sディレイラーなんかは34TなのでCSも一緒にごそっと入れ替えればもっといけそうな気がする。もっとも同じ10sであっても厳密にはロードコンポとMTBコンポは互換性が無いことになっているけども。
そこまですることは無いにしても、クロスレシオより坂道でのもう一枚を望む需要に応えた形であろう。一方でコンパクトクランクにすることで11-23などの超クロスレシオカセットを無理なく選択することができ、ホイールを坂用と平地用で用意してある場合なんかは車体の特性を瞬時に変えられる。インナーが5T変わるだけなのになかなか魅力的なアイテムだ。


ということをやろうと思ったが、ペダルが外れない!
またもう一方のクランクに棒を突っ込んで固定しようとしたが、何と左ペダルも外れない。
裏から六角レンチに延長パイプを差して回してみたが六角レンチが折れそうなくらいたわんでしまう。あれこれ試しても写真のような方法がベストっぽく、軍手を2枚重ねて地道に体重をかけ続けた。

おおう取れた。見えるところが錆びていたのでネジ部が固着していたかと思っていたが、ネジ部はしっかりとグリスが残っているようだ。


やっとの思いでFSAクランクを外し、シマノクランクを取り付ける。


BB9000はベアリング部がひとまわり小さくなっており、BBに付属するアダプターを用いることで従来のBB工具で取り外しすることができる。シェル幅は変わらないのでシマノホローテックⅡクランク全般に使う事ができる。
ちなみにFSAのBBとはシェル幅が違うのでやはりFSAのBBにシマノクランクを付ける事はできないだろう。


コンパクトクランク用のFDというのもあるが、ここは変更なしでいってみる。直付台座に取り付けるようになっているが、一番下にしても3mmほど空いてしまう。このフレームはアウター50Tが限界だろう。


KMCのゴールドチェーンはミッシングリンク付きだ。
チェーンの長さはシマノ式でアウター×トップの時にプーリーが垂直になるよう合わせている。


確かに30Tでもプーリーが干渉することはない。RD6700は28Tでもギリギリになってしまうのでプーリーが下げられるようになったのだろう。これでOKだ。

東員自転車工房http://toincyclefactory.web.fc2.com/index.html

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

タロウ銀輪さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。