東員自転車工房の作業日誌

自転車のパーツ取付、オーバーホールなど作業を募集してます。詳しくは東員自転車工房HP→http://toincyclefactory.web.fc2.com/index.html


テーマ:
RALEIGHミキストオーバーホールです。
ミキストというのはトップチューブの下がったフレームでロードのパーツで組まれた自転車の呼称だそうだ。
今回の車両はVブレーキなのでクロスバイクに近いかな。この通り泥除けとカゴが付いてるので見た目はママチャリだ。


内容は一般的なクロスバイクとなるが、初めて知ったことがあるので先に書いておこう。


何年か前からよく見るようになったこのボスフリー、取り外しに使うアダプターがカンパニョーロのカセットロックリングのアダプターと同じなのだ。カンパ工具はまず互換性が無いという認識だったのでちょっと感動した。

バーハンドルでVブレーキ用レバー、ラピッドファイヤ式変速レバーで外装3×7段変速となっている。

チェーンはまだ伸びていない。


まずチェーンを洗っておこう。パークツールのチェーンウォッシャーは頑丈そうだと思って使っていたが、もうフタを留める箇所は割れてしまっている。多分ディグリーザー入れたまま放置したりするのがダメなんだろうな。商品は悪くないと思う。


これは切るのも何なのでフレームからは外さないことにした。と思ったらFDのガイドプレートがリベット留めしてあってFDも一緒に吊るして行う事に。まあ普通分解しないわな笑。
ケーブル類は再利用しようと思ったが、アウター受けに溝がなくインナーワイヤを抜かなくてはならない。押さえて潰れた部分でアウターの内側が傷ついてしまうし、インナーワイヤを見ると錆びていたのでケーブルは交換することにした。元々付いてたのが普通のMTB用のものっぽいのでちょっともったいない。


クランク取り付けは四角テーパーでフィキシングボルトが六角レンチのタイプだ。フィキシングボルトを外しコッタレスクランク抜き工具で引き外す。


JIS規格だろうけど一応シェル幅を測ってみる。68mmでJISだ。右側が逆ネジになっている。
カートリッジBBで、アダプタを用いて左側から外す。左側は位置を決めているだけであまり締めこんではいないが、右側は固定しているので強く締まっている場合が多い。


左側はプラスチックだな。
ステムは斜ウスでスレッドヘッドとなっている。フォークを抜けばバラしは終了だ。ここまでで一番苦労したのはカゴと泥除けの取り外しだな笑。


各パーツを洗浄してフォークだけ取り付けておく。


ここでハブのグリスアップをしようとしたが、ボスフリーを見てみるとカニ目レンチ(HCW-4 ヘッドスパナ 36mmメガネxピンスパナ用)が合わないしボスフリーのアダプタも合わない。これでは後輪のグリスアップができないので後輪だけ持ち帰らせてもらうことにした。
HCW-4は固定なので大抵は合うものだと思っていたが、やはり使い道は限られるようだ。アジャスタブルピンスパナがいる。


アジャスタブルピンスパナは赤と緑とあるけど、写真からするとピン部の出っ張り具合が違うようだ。緑は出っ張りがなく力を入れやすいが、奥まった所は届かない。赤の方が汎用性は高いので赤にしよう。

で、後輪はおいといて前輪を開けてみる。真っ黒だ。これはグリスアップしがいがある。


Vブレーキのバナナは内部にライナーが入っているが、ここは力がかかるし頻度も高いのですぐライナーが削れてしまう。ケーブル交換するのを機にライナーを交換しておこう。



これで後輪以外は完了、後輪は持ち帰りアジャスタブルピンスパナとボスフリー外しを仕入れる。
まずはホームセンターに行ってボスフリー外しを探してみたが全くなし。金森サイクルに行き聞いてみると、ここでカンパのロックリング外しが合うという情報を入手する。あててみると確かにピッタリだ。アジャスタブルピンスパナはamazonで購入。


昔のボスフリー外しは中央に穴がないので軸を抜かないといけないようだ。このアダプターは要るかなあと思って買ってみたがいまだ使った事はない。


ボスフリーを外して軸をグリスアップ、という順番が普通かなと思うが、ピンスパナを手に入れたので何となくフリーボディーの分解から始める。


このフタは逆ネジのはずだ。しかしものすごく固い。一応グーグル先生に聞いてみるとやはり逆ネジで合っているようだ。


こうやって叩こうとしたがビヨンビヨンとなって打撃には不向きだ。地道に体重をかけていたらパキーンと外れた。よかった逆ネジでOKだ。


ここで引っこ抜くと細かい玉がパラパラと落ちるのが通例であるが、かなり固めのグリスで組んであり奇跡的にくっついている。
カンパのロックリング外しをあててクイックで押さえ回してみるが、ここは正ねじで漕ぐと締まるので大抵普通の力では外れない。これもモンキーくらいでは回ってくれない。
軸を抜いて圧入工具を入れ、モンキーをハンマーで叩いてやっと回すことができた。

軸は特に変わったことはない。前輪は真っ黒だったが後輪はそんなことはなく、回転が渋く感じたがどうやら防水ブッシュの当たりが強いせいのようだ。中身は良好だった。


ボスフリーはグリスの粘度でボールをくっつけていく。びっしり並べて1個分開けるようにする。
爪が付いた内側の筒にボールを並べ、外筒を被せるようにする。なぜなら、はじめ外筒に並べて内筒を突っ込もうとしたら爪でボールを崩してしまってうまくできなかったからだ。
ここは想像の通り気の遠くなるような作業なので失敗した時の精神的ダメージも大きい。

上側は置いてくだけだからまだいいけど。玉当たり調節の薄いワッシャーを入れ、逆ネジのフタを締める。この状態だと力が入れられないのでハブに装着してから本締めを行う。
そうそう、これはスプロケットは外してある。スプロケットはトップギヤがロックリングの役割をしていて、スプロケットリムーバーで回す。ということはスプロケットを固定する方もいるのでスプロケットリムーバーが2つ必要だ。写真は取り付け時なので1つでOKだけども。これも漕いだら締まっていくので外れなくなることも多い。

ちなみに軸が付いた状態でもアダプターは入るので、軸だけグリスアップするという時はまずボスフリーを外してから行う。これで回しても多分外れないので、クイックにワッシャを入れて挟み、打撃ということになると思う。


ふいー完成しました。



東員自転車工房http://toincyclefactory.web.fc2.com/index.html

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

タロウ銀輪さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。