東員自転車工房の作業日誌

自転車のパーツ取付、オーバーホールなど作業を募集してます。詳しくは東員自転車工房HP→http://toincyclefactory.web.fc2.com/index.html


テーマ:
MAVIC コスミックカーボン SLS" ベアリング交換と軽く振れ取りをしました。
ちょっと小出しだけど写真の量が膨大すぎて整理するだけで精一杯だったのですいません。
こう見返すと同じような写真があってどうして?と思うがよく見ると意味があったりして細かく思い出すことができるのでいいですな。

このモデルはカーボンディープリムでありながらリムサイドがアルミのクリンチャー仕様で普段使い等としてガンガン使えそうだ。
昔MTBがほとんどVブレーキだった時代はリムの減りというのが深刻で、MAVICのリムは減りにくいと評判で過激なライダーによく選ばれたものだ。今はどうか分からないけど、自分でリムが選べるならMAVICを選ぶかなあ。今までMAVICはシールドベアリングだからと完組は完全に視野から外れていたけど、ベアリングを交換することができることを知ってから俄然プッシュできるようになりました笑。結構僕単純です。

では後輪から分解していきましょう。
オーバーロックナット的なものははめてあるだけだ。


付属の工具を使って調節ナットを外すとベアリングが出てくる。


左側は8mmか10mmくらいの大きな六角になっている。フリー側は普通の5mmで、両側に六角レンチを入れて正ねじ方向に回す(左回り)とフリーボディーを固定しているネジが外れてフリーボディーも抜くことができる。

爪が本体側に付いていてフリーボディー側がギザギザになっている。
この爪はポロッと取れるのでなくさないようにしよう。ベアリングの間にワッシャがあるのでこれも忘れやすい。実はこの後このワッシャを忘れて大変な失敗をしてしまったのだ。また後で、時系列順に進めていきましょう。

この構造を見て ? と思った。普通は軸にベアリングが2個、フリーボディーに2個付いているはずなのにこれは3個しかないのだ。フリーボディーの右端に1個しか付いてないけどどうやってチェーンの力を受け止めるのかと思ったら、駆動時は爪を介して本体にガッチリ固定されるわけだから大丈夫なんだな。空転の時はフリーボディーに力は加わっていないから右端のベアリングだけで回せばOKというわけか。これなら軸受間を広げることができるし、おまけにラチェット機構を奥の方にできるから防水性の面でも有利だ。よく考えられている。

フリーボディーのフタは18mmくらいの大きなボックスレンチを用いて外すが、本体を支持するためローギヤを付けてスプロケ外しで固定して回した。


次は前輪を分解する。
後輪の反フリー側と同じようにロックリング的なものを引き抜いて調節ネジを外せば軸を抜くことができる。


ではシールドベアリングを外していこう。
どうせ捨てるものなので裏からマイナスドライバー等で叩き出してもできるが、ベアリングプーラーなるものを使用する。これ地味に1万円くらいしたからたくさん作業して元とらないと笑。


前輪が6901×2、後輪左側が6903×1、右側が608×2となっている。
いつもamazonで買ってたけど、MONOTAROが異常に安い。同じNTNなのに何でこんなに違うの?送料がかかるけど2個くらい買えばもう送料込みでもこっちの方が安くなる。


届きました。
ベアリングの圧入はM6のネジ棒と色々なサイズのワッシャーを用意する。
今回は6903が外径30mmφ、6901が24mmφ、608が22mmφとなっている。
6901はちょっと奥まったところまで圧入しなければならないので24mmφちょうどのワッシャがいる。と思ったら何かピッタリのがある。そうだ、この前レーシング5のを交換した時に削ったやつだ。あれも6901だったのか。
圧入時は外側だけを押すのが理想ではあるが、平面で押すことができれば使用時と変わらないのでOKだ。ただワッシャー1枚でやるとたわんで内側だけ押すことになってしまうので、平面が維持できるよう3枚ほど重ねて圧入するといい。


フリーボディーのフタはまたローギヤ&スプロケ外しで固定して締めつける。

ラチェットの爪はあまりグリスまみれということもなかったので、可動部はチタンスプレーを吹いてボスと爪にグリスを塗った。


軸を入れてフリーボディーを入れて、ネジを入れて両側からグッと締めつけてよっしゃ、と思ったらフリーボディーが回らない。あーやっちまった!


そう、ワッシャーを入れ忘れたのである。フリーボディーの中に608ベアリングが並んでいて、その間にワッシャーが無かったため両側から締めつけたらベアリングの内側だけを挟みこんでしまったのだ。あわてて緩めてワッシャーを入れてみたが、すでにベアリングがゴリゴリしている。まあベアリングだけで済んで良かった。これはいい勉強になりました。

これ!これ大事ね。


前輪は軸を通して調節ネジで挟み具合を調節するだけだ。後輪の左側も同様。
ここが緩んでいるとホイールが横にスライドすることになるから良くないし、締めすぎるとベアリングに負荷がかかるので良くない。ガタがなくスムーズに回るくらいにしておく。これはネジ部のブッシュで動かないようにしてあるだけなので時々チェックした方がいいような気がする。


完成しました。お待たせして申し訳ありませんでしたが貴重な経験になりました。

東員自転車工房http://toincyclefactory.web.fc2.com/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

タロウ銀輪さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。