東員自転車工房の作業日誌

自転車のパーツ取付、オーバーホールなど作業を募集してます。詳しくは東員自転車工房HP→http://toincyclefactory.web.fc2.com/index.html


テーマ:
自分ので実験がやや成功したので依頼ものをやってみよう。
マテリアルはNoTubes ZTR Alpha 340 Rimだ。

手順は前と同じく、アルマイト剥離→メタルプライマー→塗装でいくが、今回は赤なので塗装はウレタンのみで終わりだ。
ステッカーを剥がすと溶接面を見ることができる。

アルマイトの上への塗装は全くダメだそうなのでアルマイトは剥離してアルミ地を出すわけだが、薬剤はちょっと大変そうなので物理的に削るという作戦でいく。
前回手作業でやったら1本やるのにとんでもなく苦労したので卓上グラインダを導入した!


ハンドドリルをラチェットベルトで固定してシャコマンでスイッチオン状態にすることで両手が自由になる。さらに先端工具を手軽に交換することができるときたもんだ。
手持ちのヤスリはすぐ目詰まりしてしまったので切削のものにした。かなりいい感じだがこれは根気のいる作業だ。


3日くらいかけてようやく2本終わらせ、ブレーキ面をマスキングする。


メタルプライマーを塗布。これはクリアだ。



次にウレタンスプレーを塗布する。ここら三重県はこのイサムのエアーウレタンが売っている場合が多いようだ。クラシカルなデザインがいいね。


・スプレーガンは無いけどウレタン塗料を塗りたい方にお勧め

・ラッカースプレーよりも綺麗で強い塗膜が出来る

・ガソリンが着いても溶けないからバイクの燃料タンクもOK!

だって。soft99のもそうだったけど1本2000円以上する高価なスプレーだ。
缶の内部に硬化剤が仕込まれていて、使用前に硬化剤タンクに穴をあけてウレタン塗料と混合し吹きつけるといったものだ。そのため硬化剤と混合してからその日のうちしか使うことができない。
1層目を塗ってみると、やはり下地色なしでいきなり赤はきつそうだ。メタルプライマーに色つけてくれりゃいいのに。


5層くらい重ねてようやくこれくらいになった。


絶対余ると思ってたけど見た目の大きさの割にそんなに容量はない。塗装面積は0.6~1.0m2とあり、小型スプレーの2/3くらいしかない。
下地が隠れるまで塗装しようとしたら丁度使い切ったところだ。
これは大変な上に軽くなったり速くなったりは絶対ないのであまりオススメできるチューンではないな笑。いいところといったら、この人変態と言われることくらいか。
あ、スポークは実験ものの出来栄えがよろしくなかったのでシルバーのままでいきます。

東員自転車工房http://toincyclefactory.web.fc2.com/index.html

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

タロウ銀輪さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。