東員自転車工房の作業日誌

自転車のパーツ取付、オーバーホールなど作業を募集してます。詳しくは東員自転車工房HP→http://toincyclefactory.web.fc2.com/index.html


テーマ:
もう作業日誌というより月誌と呼んだ方がいいんじゃないかと思うくらい音沙汰なしですが、東員自転車工房ダラダラとやっております。
今回はパワータップをいじらせてもらえました。
依頼主は志摩サイのTakaさん。隣町であります。
はじめはハンドルとステムの交換ということで出張。
ハンドルを変えるとポジション調整が必要になってくるけどウチにローラー台など無いのでご自宅に訪問です。まあなんとご夫婦で小児科医ということで、しっかりと予想はしていたものの一言で言うと「城」。何というか自転車乗りの間口の広さを思い知った。自転車は老若男女集まっても楽しむことができるからねー、ものすごい可能性を秘めていると思うよ。

当日は雨降りで玄関にお邪魔して作業を行った。そこの階段から宝塚スターが降りてきそうだ。
ポジションは後で調整するとして、特に計測せずバーテープを剥がしてブラケットを外す。
練習用のコルナゴで、ヘッドパーツからステム、ハンドルまでFSAだ。ヘッドパーツはプレッシャーアンカーとヘッドキャップが別になっているもので、ボルトを締めて下からテーパーがかかったボルトを上げてアンカーを広げて固定する仕組になっている。FSAの場合はこのアンカーが一度広げると動かないようになるようで、ボルトを緩めて抜いてしまっても下に落ちていくことがない。
交換したステムのコラム側の高さが少し短いようで、トップキャップが届かずきちんとコラムを押してくれないのでアンカーをハンマーで叩いて下に落とした。それかスペーサーを足すかだ。
交換するカーボンハンドルはアナトミックシャロータイプで、ラベルが正面を向く所からちょっと送るあたりがしっくりくる。ブラケットを付けてローラー台に乗りながら位置を決め、バーテープを巻いて完成だ。

これに付けているパワータップのホイールが衝撃で振れてしまっているので振れ取りと、ついでにフリーボディーの分解ということでお預かりした。
振れ取り前
http://www.youtube.com/watch?v=CjuCLEdxuJY&feature=plcp
確かにかなりきている。振れ幅は1.8mm程度。ニップルはパークツールの0番でDTのブラックスポークあたりで組まれているようだ。フロントはリムもDT。一般的なリムやスポークで手組できるのでいい。テンションもさほど高くなく調整はやりやすい方だ。
振れ取り後
http://www.youtube.com/watch?v=yVBdb53UJKQ&feature=plcp
衝撃を受けたと思われる部分がピコっとするがこれを直そうとするとバランスが崩れすぎて下手すると縦振れまで発生しかねないので残しておくくらいでいいと思う。リムの変形によるものだから反対からぶったたく方がまだいい。まあ1mmくらいの振れは乗ってても気付かない。

リアの分解いってみましょう。
左側のカバーは外す必要は無いけどちょっと中身を拝見。ホイールに付属のツールを使って回す。


ここが出力計測センサと信号を発信する部分だ。通信規格はant+でgarminやyupiteru、スマホなんかにも飛ばせるんだろうな。何とケイデンスまで計測するらしい。グイッグイッていう出力のテンポから割り出すのかな。こりゃ便利だと思ったらめちゃくちゃ高いんだなこれが。あれ?あの家にはもうひとつあったよ?
オーバーロックナットっぽいのは引き抜くだけだ。左側はそのままシールドベアリングが出てきて、右側はフリーボディーがスポッと取れる。これだけカンパボディーを入れてやればカンパ仕様になる。軸径は15mmだ。



この軸はどちらにも動かないので、ベアリングの内側に突起があって、軸を叩くことでベアリングを打ち出すようになっているのだろう。今回はベアリングの交換は行わなかったが、交換するなら検索してみたので後述する。
グリスで真っ黒になっているラチェット部をウエスでグリグリとするとベアリングの型番を確認することができた。赤いパッキンやフリーボディーのフタなども取って綺麗にする。
爪を上げるバネがかなり強い。これが爆音の正体だろう。爪の内側はあまりグリスを詰めても動きが鈍くなるだけなので潤滑程度に、外側にモリッとグリスを盛る。スペーサーを入れてフリーボディーを戻してオーバーロックナットっぽいのをはめれば完成だ。
フロントはイモネジを緩めて引っこ抜くだけだ。9mm軸が入っている。軸の構造はリアと同じだ。



シールドベアリングの交換はあまり興味がなかったので(笑)勉強していなかったが、ついでなので交換するつもりで調べてみよう。
リア軸の両側は6802番 24*15*5


フリーボディーは6902番 28*15*7


フロントは609番 24*9*7

アマゾンで検索、何となくNTNで。
6802 http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A8%E3%83%8C%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%83%8C%EF%BC%88NTN%EF%BC%89-%E6%B7%B1%E6%BA%9D%E7%8E%89%E8%BB%B8%E5%8F%97-6800%E7%95%AA%E5%8F%B0-LLU-6802LLU/dp/B0010WO7EW/ref=sr_1_fkmr1_1?ie=UTF8&qid=1349880957&sr=8-1-fkmr1

6902 http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A8%E3%83%8C%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%83%8C%EF%BC%88NTN%EF%BC%89-%E6%B7%B1%E6%BA%9D%E7%8E%89%E8%BB%B8%E5%8F%97-6900%E7%95%AA%E5%8F%B0-LLB-6902LLB/dp/B00102701O/ref=sr_1_fkmr1_2?ie=UTF8&qid=1349881088&sr=8-2-fkmr1

609 http://www.amazon.co.jp/NTN-NTN-%E3%83%99%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0-%EF%BC%88%E4%B8%A1%E5%81%B4%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%EF%BC%89%E3%80%90%E5%86%85%E8%BC%AA%E5%BE%849-%E5%A4%96%E8%BC%AA%E5%BE%8424%E3%80%91-609ZZ/dp/B004XHRU6S/ref=sr_1_5?ie=UTF8&qid=1349881555&sr=8-5

あ、ティラミックもある。高い笑 http://www.amazon.co.jp/%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%B3-TK6802TBT-%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%99%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0-2%E5%80%8B-%E3%83%9B%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%AB%E7%94%A8/dp/B0079UQLOS/ref=sr_1_3?ie=UTF8&qid=1349881732&sr=8-3

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%B3-TK6902TBT-%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%99%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0-2%E5%80%8B-%E3%83%9B%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%AB%E7%94%A8/dp/B0079UE3IO/ref=sr_1_6?ie=UTF8&qid=1349881630&sr=8-6

で、軸はいいとしてフリーボディーのベアリングはどうやって引っこ抜くんだろうと思っていたらベアリングプーラーというのがあるんだな。これBBベアリングを自力で引っこ抜こうとして頭の中で思い描いていたやつだ。
パイロットベアリングプーラーセットF1内掛け8-29mm対応 D1


8-29mmなら大抵のベアリングに使えそうだ。自転車だと8と14しか使わんか?
圧入は適当なネジ棒とワッシャでいけるだろう。きちんと外側を押せるようにワッシャを二つに割ってやっている人がいた。
これ面白そうだから仕入れておこう。というわけでシールドベアリングがゴリゴリな人を募集します。又はマヴィックをセラミック化してやるぜーという方は勇気を出して依頼してみてください。何とかします。

  
東員自転車工房 http://toincyclefactory.web.fc2.com/index.html   


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

タロウ銀輪さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。