東員自転車工房の作業日誌

自転車のパーツ取付、オーバーホールなど作業を募集してます。詳しくは東員自転車工房HP→http://toincyclefactory.web.fc2.com/index.html


テーマ:
23日は志摩サイのスッスくんのGIANT'09TCRたぶんこれ↓


のオーバーホールを行った。
当工房2件目のご依頼となる。
ドライブトレインに105を使って15万はさすがGIANT、お値打ちでございます。
クランクがR600に換えてある。ホイールはフルクラム R3 2wayfitでタイヤがfusion2。
オーバーホールついでにチェーン、カセットスプロケット、ケーブル全部、バーテープ交換という仕様だ。
スッスくんはひどい状態だと言うが、自分の自転車を見慣れているせいか全然大丈夫に見える。本来はこれくらいでオーバーホールするのがいいだろう。
さてどんな順番でいこうかな。
チェーン→ペダル→ケーブル→バーテープ→前後ディレイラー→クランク→BB→チェーンリング→ブレーキキャリパー→ホイール→カセット→STIレバー→シートポスト、サドル→ハンドル、ステム→フロントフォーク
といった感じでバラしていく。


ヘッドのベアリングが玉受けと一体になっていて取れない。どうなってるんだこれ?
パッキンだけでも取れてくれればいいんだけどそれも取れない。仕方がないので隙間からグリスを封入。動きは良くなった。
組み付けは、フロントフォーク→ステム、ハンドル→ホイール→ブレーキキャリパー→BB→チェーンリング→クランク→前後ディレイラー→チェーン→シフトケーブル→ブレーキケーブル→サドル、シートポスト→バーテープ→ペダルといった順番だ。

この中で面白かったキャリパーブレーキの分解いきましょう。
ドライブトレインは105だがブレーキだけティアグラBR-4500になっている。ダブルピボットのキャリパーだ。
バネを外してピボットのネジを外してみる。


ほほう、こんな風になってんだねえ。
両側の大きいアームの間に入る小さなアームにピボットの穴があるんだけど、その穴はねじになっている。この小さなアームとナットを共締めしてその隙間に大きいアームを挟むことでピボットが成り立つという仕組みだ。
ここの調節が微妙でけっこう難しい。前後で計4つのピボットを外したが硬く締まっているのもあればすぐ外れるものもある。この製品を組む人の中でも差があるということはやっぱり難しいのだろうか。
ギザギザのナットは13mmのメガネが合う。その他特殊な工具は必要ない。なかなか面白かったので今度自分の105もやってみようか。
2人でやって作業時間は6時間程度だろうか。やはりオーバーホールは時間がかかる。
フルクラムレーシング3のハブはシールドベアリングだと思っていたがカンパのカップ&コーンだったのか。メンテが簡単だと聞くのでまたいじらせてもらおう。

このクライアントに見られながら作業をするというスタイルは、一人で黙々と作業するのと違い程よい緊張感がある。普段何気なくやっている作業でも客観的に感じることができるといったところか。これはいい。

東員自転車工房http://toincyclefactory.web.fc2.com/index.html


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

タロウ銀輪さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。