東員自転車工房の作業日誌

自転車のパーツ取付、オーバーホールなど作業を募集してます。詳しくは東員自転車工房HP→http://toincyclefactory.web.fc2.com/index.html


テーマ:
ハブとリムが用意できたらスポーク長を計算しよう。
計算式は次のとおり。

L=√(a^2+b^2+c^2-2ab cosα)

α=360°/d*e

a:有効リム半径(mm)
b:スポーク穴ピッチ半径(mm)
c:軸中心-フランジ間長さ(mm)
d:スポーク数
e:組み数

組み数というのはクロスする対のスポークを通す穴の数だ。例えば一般的な3交差組みの場合はクロスしているスポークの間に4個の穴があるから組み数は6となる。ラジアルのばあいは0を入れる。
この式をエクセルに入れる場合はcosがラジアン単位になるので、1rad=57.29578 °であることから
α=360°/d*e/57.29578
としてやろう。

まずはリム外径を測り、
$東員自転車工房の作業日誌-リム外径測定

ニップル頭までの深さを測る
東員自転車工房の作業日誌-リム外径-ニップルの頭間測定
これで有効リム半径(a)が求められる。

次はハブ、スポーク穴ピッチ径を測り半径(b)を求める。
東員自転車工房の作業日誌-スポーク穴ピッチ半径測定

エンドからフランジまでの長さとオーバーロックナット寸法を測りcを求める。
東員自転車工房の作業日誌-エンド-フランジ間測定

意外とこれだけ計測するだけで長さが求められる。
最後にスポーク穴径を考慮して-1mmする。
数字を見て頭がいたくなった方はこちらへ(先に言え)

出ました。
a: 300.5mm b: 22.5mm c: 35mm d: 28本 e: 6
3交差組みで左297mm、右295mm
ラジアルで左278mm右276mmとなりました。
今回は右3交差、左ラジアルなので295mmを14本、278mmを14本ということになります。

後日フクイサイクルで物色、スポーク在庫豊富です。
東員自転車工房の作業日誌-スポーク在庫豊富

トランポなので14番で探したが278mmがなく、15番とした。15番だと270から305くらいまでほぼ1mm単位で在庫している。これは助かる。金森サイクルで本数指定注文というのもオツではあるが。
というわけでスポーク長計算でした。
もう組んでから書いてるので先に結果を言うと長さはバッチリでした。

東員自転車工房
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

タロウ銀輪さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。