東員自転車工房の作業日誌

自転車のパーツ取付、オーバーホールなど作業を募集してます。詳しくは東員自転車工房HP→http://toincyclefactory.web.fc2.com/index.html


テーマ:
$東員自転車工房の作業日誌-ハブスパナ
東員自転車工房の作業日誌-FH-6500細身シェルがいいです


新型サイクルトレーラーの開発に伴いリヤホイールを組む必要性がでてきた。
今回使うのはシマノアルテグラの3世代前モデルであるFH-6500。
確か2005年くらいにヤフオクで落札したやつですな。これにアレックスリムで組まれていた。セミエアロスポークを通す為にスポーク穴が削られている怪しいブツだが気にしない気にしない。
しばらく7801-SLになるまで旧チネリ号で使っていて、その後GT号へ。GT号はMTBでリヤエンド幅が135mmだが無理矢理この130mmをブチ込んでいた。これで王滝完走してるので上等でしょう。クロモリは何でもアリです。ちなみにGT号のフロントはHB-6500が現役。シマノのハブ大好きです。
でもやっぱりホイールの付けはずしが不便&28Hの26インチリムが高価すぎるという理由でXT32Hで新たにホイールを組み、FH-6500があふれたというわけだ。分解清掃だけしてグリスを詰めずに保管していた状態。

さて分解していきましょう。
左側から。確か14mmと15mmのハブスパナを使用。
左右とも玉受けの虫食いがひどい。ボールも曇っています。特にフリー側。
フリー側のダストキャップはただはめ込むだけになっていて、それを押し込みすぎて玉に当たっていた跡がある。玉に当たらず、ロックリングが入るあたりに設置しよう。
あさひでまだスモールパーツを扱っているようなので注文してみるのもいいけどこのままいきましょう。



東員自転車工房の作業日誌-右ダストキャップ

東員自転車工房の作業日誌-左も虫食い、酷使されてます

フリーも外したかったけど10mm六角レンチのようだ。後日ホームセンターで10mmと12mmを用意しておいた。
XT用に14mmは持っていたが使えず、左はマニアックな旧式フリー外しアダプター。FH-7400で使う予定。
まあ動作は良さそうなのでこのままいこう。

東員自転車工房の作業日誌-旧式フリー外しと14mm六角レンチ
東員自転車工房の作業日誌-ちょっと虫食い、フリー外しは10mm六角レンチか

グリスはマイナスドライバーが使いやすい。グリスガンがあるといいけどこんな感じで特に困らないのでいいや。
受けにも押しにもたっぷりと塗っていこう。
いつもrespoのチタングリスを使っていたからかボールが茶色に変色している。それだけ浸透力があるということか。このグリスは回転が変わります。今回はトレーラー用ということでデュラグリスで。これもいいけどね。


東員自転車工房の作業日誌-グリスはマイナスドライバーで
東員自転車工房の作業日誌-左玉押し
東員自転車工房の作業日誌-軸が通りまーす
東員自転車工房の作業日誌-ピンセットやラジオペンチが便利
東員自転車工房の作業日誌-右玉押し
東員自転車工房の作業日誌-ちょっと変色

完成しました。いいハブは玉あたり調節がやりやすくていい。
ヌルッとした回り心地ならOK。まだまだ使えるよ。
では次はホイール組みといきましょう。

東員自転車工房
http://toincyclefactory.web.fc2.com/
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

タロウ銀輪さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。