東員自転車工房の作業日誌

自転車のパーツ取付、オーバーホールなど作業を募集してます。詳しくは東員自転車工房HP→http://toincyclefactory.web.fc2.com/index.html


テーマ:

ようやく塗装ができたので組付けていきます。

BBはカップ&コーンで、クランクは非真円チェーンリングになっており、biopaceと名付けられている。

Rotorなどは踏み込む所が大きくなっていて考えは分かりやすいが、biopaceは逆になっていて考えが分かりにくくなっている。ので考えないことにしよう。

BBの黒い樹脂の蛇腹のようなものは防水パッキンで、このようなクロモリフレームでは重要な役目を果たしており、水が漏れてきて欲しくないところはよくグリスを充填しておく。

結構ぴっちりとしているので、写真のように一気に入れようとするとうまくいかない。

ボールは右カップに付けて取り付け、左からパッキンを入れて軸、ボール、左カップという順番がいい。

このSanteは所々デュラエースと同じ仕様になっており、左カップのリングがアルミ製であるのがBB7700あたりと同じだ。これは引っ掛けレンチ等1か所を引っ掛けて回すと弱くて欠けてしまうので多くの支点を持つ専用工具を用いる。

フレーム内部やフィキシングボルトなど錆びやすい所は防錆スプレーを吹きかけておいた。

キャップはピカピカでチェーンリングボルトの表側も平らにするなど細部まで見た目重視のコンセプトだ。なお、言われるまで気付かなかったがペダル取り付けネジの内側がメクラになっている。当時はペダルレンチで取り付けるのが主流だったが今は内側から六角レンチで取り付けるのが多いのでこれは困った仕様だ。しかしあくまで見た目重視のコンセプトであるためペダル選定の方に気を使うべきところだろう。

Wレバーも洒落た白色だ。

付属するアウターケーブルがパールホワイトでピッタリな色合いなのでケーブル交換に困りそうだ。

FDは最も歯が近づくところで1~3mmの隙間になるような位置にする。

ネジの表面処理までことごとく平面のデザインになっている。

RDのバネはどうしても隠したかったのかカンパを踏襲するデザインになっていてとてもいい。

ブレーキとブレーキレバーを取り付ける。

左前ブレーキ仕様とする。

シートピンがボロボロだったのでスギノのシートピンに交換したが、フレーム側が爪に対応していないのでシートピンの爪を削り取る。

これだけなのでやすりでちょっと削ればいいかと思ったが大変だったのでグラインダで粗方削り、鉄工やすりで仕上げた。

サドルはチタンレールのロールスだ。

Santeの32HハブはDTコンペティションとOpenPROを用いてオーソドックスな前後3交差組で組んだ。

寸法を覚えていないのだが、多分リヤエンド幅120mmのフレームに126mmのハブを入れる形だったと思う。ちょっとはめにくいだけで走る分には全く支障ないので特にこれといった加工は必要ないように思う。

リヤエンドの調節ネジはかなり錆びていたが錆を落として何とか再利用することができた。

かなり古い在庫のようで、チェーンは防錆グリスがカチカチに固まっている。よく洗浄すれば問題ない。

コネクトピンはアウタープレートに付いている。こうなっているとRD側から通すことができないのでクランクの方から通していく。

バーテープを巻く。

コロンバスチューブのデカールを貼ってみる。

忠実に元貼ってあったものと同じAELLEというデカールを選んだ。

ヤフオクで3000円くらいで売っている。どうやって手に入れるのだろうか。

貼り方はプラモと同じだ。本当は水に浮かべて台紙から浮かべて滑らせるのだが、タオルを湿らせてやってみたら滑りが悪く少しやりにくかった。これはきちんとやった方がいい。

ようやく完成しました。

これはいい色合いです。

 

東員自転車工房http://toincyclefactory.web.fc2.com/index.html

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

おおよそ30年弱前のRossinを再塗装します。

カラーはマリアローザ、ロゴやデカールはヤフオクものかオリジナル再現、シマノSanteコンポ換装というご依頼。

Santeとはこんな白基調の洒落たコンポだ。マスプロメーカーの資本力はこのような遊び心に使っていただけると大変ありがたい。

ピンクのフレームにはとても似合いそうだ。

クランク、クラウンレース、ヘッド玉受けを外し更のフレームまで分解する。

SanteのヘッドパーツはJIS1インチとなっている。

JISとITAの規格があるが、見た目では分からないので実際にあててみる。

玉受けがスカスカなので規格違いだ。

以下あさひさんサイトより引用

http://www.cb-asahi.co.jp/html/size-head.html

ノーマルサイズ--ISO(イングリッシュ/イタリアン)
【1.ヘッドチューブ内径】が30.2mm【2.クラウンレース外径】が26.4mm

ノーマルサイズ-JIS
【1.ヘッドチューブ内径】が 30.0mm【2.クラウンレース外径】が 27.0mm

ということらしい。僅か0.2mmだが、ITA規格フレームにJISヘッドパーツは使えない。

よって元々付いていたカンパのヘッドパーツを再利用する。

剥離剤は三彩化工のネオリバーを用いる。前回の余りがあり、剥離成分のジクロロメタンがほとんど抜けているようなので原液を加えて使ってみると問題なく剥離できた。

ただやはりパラフィンが固まりかけているせいか、塗装面に留まる作用が弱いようだ。新しいネオリバーは小分け密閉容器に入れて保管することにしよう。

一度の剥離では下地塗装まで落ちず、またステッカー下地も残った。

ステッカー下地を剥がして再度剥離を行う。

脱脂剤はBC-9、ボデーペンはホワイトプラサフと最終のウレタンクリア、本色はアサヒペンクリエイティブカラーのミスティピーチとする。

ビニールシートで簡易ブースを作り、投光器で確認しながら塗装する。

ロゴはヤフオクなどにオリジナルステッカーが売っていたりするが、オリジナルでもよいということで自作する。

こげ茶色にしたいがそんなカッティングシートは無いのでまずは塗装できないかやってみる。

ビニールにマスキングテープを貼り、ロゴを写して切り取り、フレームに貼ってみる。

・・・が、フレームに貼るところで絶対うまくいかない気がしたのでやめた。

では、白いカッティングシートをこげ茶色に塗装してみよう。

結構ペラペラのシートなのでスプレーの溶剤で縮むようだ。

乾いたらひび割れないかが心配だったが、柔軟性があり質感は問題ない。

フレームに貼ってみるとなかなかいい。この方法でやってみよう。

塗装して長時間置きすぎると縮む力が大きくめくれあがってしまう。程よく乾いたところで貼るというのが良さそうだ。

他アスリートカンパニー、当工房、Rossin縦貼りのロゴをデザインする。

ロゴ貼りはまっすぐ並べるのが簡単なようで非常に難しい。

特にくっついて長くなっているようなものが難しい。なんとなくまっすぐに置き、一気に貼り付けなければならない。ちょっと波打っているがフリーハンドでは限界だ。

まだ1文字ずつの方が簡単だ。

フォーククラウンのロゴは窪みになっており、ホームセンターで買ってきた筆塗用塗料を窪みに塗る。

なかなか綺麗に塗れないので、はみ出たのは削る前提でしっかりと塗りつける。

#1000ペーパーではみ出た塗料だけ削ると綺麗に仕上がった。

クリアは適当に屋外に吊るして吹きつける。

予想通り長くなってしまったので組付けは次回にしましょう。

 

東員自転車工房http://toincyclefactory.web.fc2.com/index.html

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
フルクラムのレーシング5LGです。
{67F2E55F-1A04-42CE-BDA9-BD1CEF7B23EE}
5以下グレードはシールドベアリングとなる。が、見た目はカップ&コーンと同じだ。
いつからこうなったのか、ハブのシャフトが大幅に良くなっている。玉当たり調整的なことができるようになった。
{8E24AF3C-85FD-41F4-8E7B-91EA2F145DB9}

{039FF941-58F2-4DE1-BDC2-802CE7C08877}

{1A246B48-4F71-49E1-8EAB-7E524196F009}

{F0E9503C-BE89-4A45-A6EB-5D3E362027AA}

{74039154-1B2B-49CC-9E68-D08286814B9E}

{20CDA227-0D12-423C-B2B6-9DB6BCC338F8}
{E4847478-C773-4DF2-A1B3-688757F260BA}

{06559CE6-372F-47F7-AAD5-EEC79306B609}

{44ACE7D1-9AAD-4D8A-8A37-A1A68CF4320E}


いいですね。
シールドベアリングハブとしてはマビックの次くらいにいい。
主軸ベアリングは前後4個とも6903だ。
カップ&コーンと同じように玉当たり調整をする。フリーボディー側が逆ネジで左側が順ネジというのも同じ、ベアリングが違うだけだ。
{01064877-30D4-4585-87BD-8F9AA9421FBD}

{8D87DBD6-C0A9-4CE5-A2B4-1FDB042FE184}

{FA9ED044-CBA1-4204-B970-275FFE8B5ED3}

センターのずれや振れはほとんどない。wiggleあたりで購入したので一応点検を、ということだろうか。

ニップルは以前はDTと同じレンチが使えたが、シマノホイールと同じような幅になっていて合うレンチがない。小さいモンキーでしっかり保持してゆっくりと回せば問題ない。この辺りまたパークツール出してもらえないだろうか。

リムの感覚としては、横振れを調整すると同じくらい縦にも影響が出て、柔らかいのかなと感じた。

組み方は得意の2to1組で、前モデルまでは右右の間が空くパターンだったがこれは均等割付となっていて、益々G3組が孤立する形となった。
左スポークが入る位置も、右交差の間となっている。手組で2to1をする時の標準パターンだ。

これでレーシング3よりは絶対安いのだから、かなり優秀なホイールと言えるだろう。


東員自転車工房http://toincyclefactory.web.fc2.com/index.html

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{1D3A4DE3-6E09-4606-945E-39D9ACD3A2A6}

面白い車両が来ました。
相変わらず背景が汚くてすいません。
写真を撮らなかったので文だけで簡単に。
まず前輪のエンド幅が100mmではなく、修理台に乗せられない。
近くのオガワサイクルで見たことがあったが、ホイールのセンターや振れ取りにもアダプターを使ってやるそうだ。
オークションか何かのものが郵送されたもので、部品が外された状態なので組み立てて欲しいというご依頼だ。

まずはメカニカルディスクブレーキが当たっているのが見られる。
メカニカルは右側のパッドが固定で左側が動くようになっている。レバーの引きしろを縮めるためにワイヤーを引いたようで、その為に左側のパッドがディスクに当たっている。
右側をもう少し近づけ、ワイヤーは元の位置に戻すことで接触はなくなり引きしろも適正になった。
しかし後輪側がまだかすっている。
ピストエンドでチェーン引きがなく、エンドの引きが均一でないために僅かに斜めになっている。チェーンステーとタイヤの隙間が均等になる位置にしたらディスクの接触はなくなった。
漕ぐ度に右側だけ引っ張られズレるのでチェーン引きが必要だ。
サーリーのサイトで見るとチェーン引きは1個単位の販売なので右側だけ付ければいいということだろう。

チェーンが伸びているので交換が必要だ。
9sで、自分のMTB用に持っていたチェーンがあったような気がしたので探してみたらあった。店内在庫で修理という珍事笑

ディレイラーは後ろを微調整したくらいだ。

他ヘッド、クランク、ペダル等問題はない。しばしファットタイヤのための設計を見て楽しんで完了です。

東員自転車工房http://toincyclefactory.web.fc2.com/index.html


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
MAVICの初代軽量ホイールHELIUMです。
{18C4EC22-7782-43EA-93A6-8A6F7FA1BFBA}


スポークがかなり緩くなっているが、ニップルが回らない。非エアロの丸ストレートプルスポークなのでペンチ等で共回りしないよう保持して回してもダメだ。多分ネジがないのだろう。
{05C2F4A9-E066-4A3D-8F53-34504EAA4A9F}

{B32B97AF-9D23-4CC3-8EF1-DC8AF2E8E02A}

{7D329B02-F4EE-41F9-8235-E7A456BDCA72}

{4ACB3F35-A02E-4C6E-AF7C-9EB6E46B7506}

{FC09FC8B-B201-4540-86F1-34D1BD5C8CA7}

{36835649-AFE6-4EF1-94FA-6E7DD2C79059}

スポークは置いておいてハブを分解してみる。両側に六角レンチをあてて緩めると左側が外れた。
今のMAVICならここが大きい六角になっていてフリー側を緩めるのだが、丸くて保持できない。
もう一度締めて回したら今度はフリー側が外れた。どちらが外れるのかは運次第ということか。
大まかな構造は変わらない。ベアリングは意外と608などでインチ規格ではない。
{12A1B661-EE7E-4DAF-9E14-87FAC38F1EDF}

{54B7541D-588C-4800-A3FC-490D87C9C03D}

{2D671A9E-896B-454C-97DE-5F6E1F45E6F7}

{6CB61F86-24B0-4B46-A1F9-27085A7164F2}

{C7F591F4-23E2-4349-B3C3-204F89C1C607}

一旦バラし、HOZANのスポークネジ切り機でネジを延長する。
左側は抜くのが面倒なのでハブにつけたまま行なった。
{CF9D3F72-AFEB-484C-B8D4-FE04A34DCD41}

{5BEBDD83-FB23-4B6D-A839-46A39D472703}

組み直す時が大変だ。丸くてニップルと一緒に回ってしまわないか分からないのでビニールテープを目印にする。
やはりネジがあると締めこんでも当たることはなく、またペンチほど強力に保持する必要もない。
程よく張りを出すとニップルからスポークが少し出ている。2mm程度のものだ。ピッタリのスポークにしているのだろう。
古いホイールが復活して楽しい作業でした。


東員自転車工房http://toincyclefactory.web.fc2.com/index.html




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。