1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-04-18 09:21:55

いま熊本で支援活動をしている公益団体に寄付して支援

テーマ:熊本地震の支援

熊本で大きな地震がありました。

 

現在、郵便局や宅配業者では、

熊本宛の荷物の受付を中止しています。

 

高速道路など、道路が寸断され、

電気や水道など、ライフラインも止まっている現地では、

荷物を送り届けることが、困難な状態だからです。

 

ニュースを見て、心を痛め、

「何かできないか」と、もどかしく思っておられる方も多いでしょう。

 

いま熊本の被災地で、実際に炊き出しや

支援物資の搬送をしている公益団体を紹介します。

 

(1)公益社団法人日本青年会議所

 

4月16日時点で、既に100万円を超える寄付があり、

現地の青年会議所のメンバーが、被災地に

資材を運んだり、炊き出しをしたりしているそうです。

 

熊本地震災害支援受付詳細は、こちら

 

 

(2)公益社団法人シャンティ国際ボランティア会

 

阪神淡路大震災の時はボランティア対策本部の設立を支援し、

そのノウハウを生かして、東日本大震災や国内外の

緊急救援活動に取り組んできた実績のある団体です。

 

熊本県内にも職員を派遣し、支援活動を開始。

 

熊本支援に関するお問合せ・詳細はこちら

 

 

東日本大震災の時は、アメブロでも、

残念ながら、義援金詐欺の通報がありました。

 

確実に支援活動を行っている、信頼性のある団体を

このブログでは、紹介していきたいと考えています。

 

実際に、被災地支援活動を行っている

信頼できる公益団体に寄付するのも、

いまできることの選択肢の一つだと思います。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-03-11 23:26:00

「3.11」でYahoo検索して、復興支援

テーマ:ネットで手軽にできる被災地支援
本日3月11日、Yahooで「3.11」と検索すると・・・

3.11ヤフー検索


ヤフーから、1人につき10円が寄付されます。

ヤフー検索で寄付


日付が変わるギリギリに、何とか間に合いました!

ヤフー検索で被災地支援


ネットで、誰でも気軽にできる、復興支援。


とてもいい試みだと思います◎
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-03-11 08:13:21

震災から5年

テーマ:被災地支援について思うこと
東日本大震災のあの日から、今日で5年。

津波の被害が大きかった陸前高田の戸羽市長の
ご子息の取材記事を読んで、ウルっときました。

(朝日デジタルの記事)
津波で亡くなった母、伏せた父 思い受けとめた17歳は


戸羽市長のご子息は、後に出版された本で、
初めて、父の想いを知ったそうです。

被災地の本当の話をしよう ~陸前高田市長が綴るあの日とこれから~ (ワニブックスPLUS新書)/ワニブックス

¥821
Amazon.co.jp



まだまだ避難生活を
余儀なくされている人たちもいます。

痛ましい出来事ではありますが、
忘れないで、前に進む必要があります。

いのちがあることは、当たり前ではない。

今日が、人生最後の日だと思って、
悔いのないよう、精一杯生きようと
改めて、心に誓った朝です。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-05-05 14:06:18

『走れ!移動図書館』公開インタビュー【河北新報寺島英弥×SVA鎌倉幸子】

テーマ:被災地の移動図書館
2013-03-13 23:55:14

写真展「大槌の宝箱」横浜展【関内・さくらWORKS】

テーマ:アート・写真展・展覧会で被災地復興支援

3/13(水)から、横浜・関内のさくらWORKS で開催されている

写真展「大槌の宝箱」 横浜展に、行ってきました☆



東日本大震災 被災地支援ボランティア情報-__.JPG


一緒に避難したペットを撮った

愛情あふれる写真が、印象的でした。



東日本大震災 被災地支援ボランティア情報-__.JPG


展示作品のポストカードも販売。


(売上は、今後の大槌の活動資金に)


東日本大震災 被災地支援ボランティア情報-__.JPG


シャンティ国際ボランティア会

移動図書館車 の利用者さんの作品も!

東日本大震災 被災地支援ボランティア情報-__.JPG


シャンティ国際ボランティア会

広報課の鎌倉幸子さん。


移動図書館のエプロンをつけて、

作品の前で、記念撮影ドキドキ



東日本大震災 被災地支援ボランティア情報-__.JPG


撮影者の佐々木さんのコメント。


「この日は図書の日で、

移動図書の人が来て

お茶をしながら

楽しく過ごしました。」


読んでて、嬉しくなりますラブラブ



東日本大震災 被災地支援ボランティア情報-__.JPG


黒板には、来場者の感想も!


東日本大震災 被災地支援ボランティア情報-__.JPG


写真の出品者と、お茶を飲みながら

大槌や写真について話せる「お茶っこの会」、

写真のワークショップなども開催。


【日程】

3/13(水)~3/20(祝)

11:00~18:00

(最終日は16:00まで)


【会場】

さくらWORKS<関内>


045-664-9009


〒231-0012

神奈川県横浜市中区相生町3-61

泰生ビル2F


(JR根岸線・横浜市営地下鉄

ブルーライン関内駅から徒歩3分、

みなとみらい線馬車道駅から徒歩5分:地図


【イベント】

・お茶っこの会(16日/17日 午前11時~正午、午後2時~3時)
・トークイベント
・グッズ販売
横浜会場で開催されるイベントの詳細についてはこちら







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-03-06 20:43:27

被災地の書店経由で本を注文→宅配で、復興支援

テーマ:本・書籍で被災地復興支援

東日本大震災から、もうすぐ2年。



東日本大震災 被災地支援ボランティア情報


私は、ブログを通じての情報発信により、

被災地支援ができないかと、考えました。


私のブログを見たドライバーの男性が、

仕事で使っているトラックを出してくれて

被災地まで支援物資を運んでくれたり・・・


私のブログを見た、教員の女性が、

被災地にボランティアで参加した後、

その次は、教え子たちを引率して、

再度ボランティアに参加してくれたことも。


昨年に設立した特定非営利活動法人

NPOホライズンカルチャーセンター を通じて、

のべ200人以上のボランティアを
被災地に派遣することが、できました。


このことを、facebookで伝えたら、

本で紹介してくださった方が、いますドキドキ

ソーシャルメディアで伝わる文章術/秀和システム
¥1,680
Amazon.co.jp

この本の215ページに、

私の名前が、のっています(嬉)


「興味や関心が『望む出会い』を

フラットに引き寄せる」という章で、

このブログのことを、事例として

紹介してくださいました。


著者の前田めぐる さんとのご縁自体、

ブログなどのソーシャルメディアで

引き寄せられたご縁なんですよね~。。




東日本大震災 被災地支援ボランティア情報-前田めぐる本目次

この本、明日3月7日までに
e-honで、購入すると、
お得な特典が、ついてます◎



期間限定の立ち読みファイルは、

こちらから、ダウンロードできます!



東日本大震災 被災地支援ボランティア情報-前田めぐるキャンペーンバナー

e-honの「マイ書店」に
被災地の書店を、登録してる人もいます。


【試してみた】
ネットで注文して地元の本屋さんで受け取る
「e-hon」が泣けるサービスだった件


被災地の書店から、発注された扱いになり、
自宅に配送してもらったとしても、
被災地の本屋に、手数料が支払われる。

こういう被災地支援も、いいかもしれません◎


東日本大震災 被災地支援ボランティア情報-e-hon


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-01-18 21:05:30

【1/21まで申込受付中!】みちのく絆めぐり石巻復興スタディーツアー(1/26-1/27)

テーマ:被災地ツアー・旅・旅行で復興支援

かながわ東日本大震災ボランティアステーション、

「一般社団法人 ISHINOMAKI 2.0」 の協賛により

1/26(土)~1/27(日)、仙台駅集合・解散で

「みちのく絆めぐり石巻復興スタディーツアー」。


3つのコースがありますニコニコ


(1)「ボランティアの現在」コース


ピースボートセンターいしのまき をはじめとし、

石巻で活動する主要なボランティア団体を巡る


(2)「石巻の歴史」コース


石巻から江戸へ千石船でお米を

運んでいた時代からの老舗の陶器店

「観慶丸」 をはじめ街の歴史を紹介


(3)「まちづくりの今」コース


ヤフー株式会社の復興支援拠点

「Yahoo!石巻復興ベース」

2012年11月にオープンしたばかりの

「石ノ森萬画館」 を巡る



1日目

石巻の復興に向けて、地元の方の講演や、

参加者同士によるディスカッションを予定目


2日目

女川にも訪問


布草履の生産・販売を通じ住民の支援をしている

ママサポーターズの工房「うみねこハウス」や、

震災後いち早く営業を再開し、

地元住民にも愛されている蒲鉾の

「高政」 などを訪れる予定音譜


宿泊先は、女川に12/27にオープンしたばかり、

被災地初の大型トレーラーハウス

宿泊所「El Faro(エル・ファロ)」



1/21(月)まで、申込受付中!!



>ツアー内容・募集詳細は、こちら☆







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-01-17 21:15:52

震災の日に思う【東日本大震災と阪神淡路大震災】

テーマ:被災地支援について思うこと
東日本大震災 被災地支援ボランティア情報-image.jpeg




あの震災から、もうすぐ2年。


昨年の3月11日には、メモリアル反応で、
体調不良になる人も多かったそうですが。。

生花を活ける活動に参加したりして、
だんだん外に出られるようになった人も。。

津波の被害が大きかった気仙沼では、
「美しい砂浜を残してほしい」との
住民の意見を、取り入れたうえで、
新しい防潮堤を、どこに建設するのか
いくつかの案が、検討されているそうです。


最近は、被災地で
涙を見ることが、多くなったとか・・・

阪神淡路大震災の時も、
2年後、3年後が、
いちばん辛い時期だったそう。。

阪神淡路大震災から、今日で18年。

風化させず、伝えていくことも、
大切だと感じる今日この頃。。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2012-11-20 05:42:24

【急募】図書館総合展での移動図書館広報ボランティア(パシフィコ横浜)

テーマ:被災地の移動図書館

岩手県陸前高田市、大船渡市、


大槌町、山田町の仮設住宅を中心に


巡回している、移動図書館車



(公共の図書館が壊滅的な被害を受けた地域)




東日本大震災 被災地支援ボランティア情報





本日11/20(火)~11/22(木)の3日間、


パシフィコ横浜
で開催の「図書館総合展
」では、


シャンティ国際ボランティア会の


移動図書館車
が、展示されます☆






東日本大震災 被災地支援ボランティア情報



図書館総合展
」での展示ブースで、


移動図書館車
のチラシ配布などの


広報ボランティアを、緊急募集中!




11/20(火)・11/21(水)・11/22(木)


9:30~17:30の間の可能な時間帯に


お手伝いできる方は、ぜひドキドキ






【申込み・問合せ】




kasai@sva.or.jp


シャンティ国際ボランティア会
・笠井)



















いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2012-10-22 05:37:35

被災地ボランティアで変わった、ひきこもりの青年とその家族の話

テーマ:被災地ボランティア体験レポート

東日本大震災の被災地復興支援をしている、しもまゆです☆


東日本大震災 被災地支援ボランティア情報


20歳の引きこもりのニートだった青年が、

被災地ボランティアに行った体験談 を、

以前、このブログで紹介したことがありましたが…


先日、彼から直接、話を聞く機会がありました。


兵庫県出身のIくん。


もともと、両親に虐待されていて、

サッカーだけが、楽しみでした。


しかし、体調不良が原因で、

大好きなサッカーができなくなり、

それで、勉強にも、身が入らなくなり…


大学に入ったものの、1年で中退。


ひきこもりのニート状態でした。


やりたいことも、人生の目的もなかったのですが、

東日本大震災が、人生の転機になりました。


東日本大震災 被災地支援ボランティア情報



毎年、1月17日には、地元の小学校でも、

阪神淡路大震災のメモリアルイベントが開催。


そのことが記憶にあって、

東日本大震災が起こった時には、

「ボランティアに行きたい」と思ったそう。


でも、どうすればボランティアに

参加できるのか、わかりませんでした。



Iくんのお母さんの知り合いの方が、

NPOファミリーカウンセリングサービス 経由で

ホライズンで、被災地ボランティアを

募集していることを、教えてくれたそう◎



人づてで、縁がつながって、

最初は、2~3ヶ月の予定でしたが、

結局、9ヶ月間も、被災地に滞在して

ボランティア活動をしていました。


今も、時間ができれば、

被災地に行って、

ボランティアをしています。


彼は、被災地ボランティアを通じて、

「人の役に立つことができる」という

喜びを知ることができました。


「おまえには、時間がある。

私たちにできることは、

それを、サポートすること」と、

両親も応援してくれていて、

家族関係も、良くなってきたそう。


善意の輪が、すこしずつ

ひろがっていくのを、感じます。。



【ボランティア問合せ・申込】


お問合せ/お申込み ⇒ daichi@horizonchapel.jp

03-5470-7755

(13:00~17:00)※月曜定休


(支援コーディネーター・塩崎大地)


〒156-0054 東京都世田谷区桜丘5-21-7

NPOホライズンカルチャーセンター

(東京都認可)


被災地で、確実にボランティアができるように

現地のNPO法人への、橋渡しをしています。



活動報告・ボランティア募集要項






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。