シンクロの流れが来た。とある集合意識の流れが来た。
中古の軽トラック欲しいなあ。って思って探してて、半年ほどひらめく個体に出会えなかったので、流れのままほっといた。
11月にとある車屋でベストな個体を発見。今がタイミング。買ったら流れが来るんだろうな~ってワクワクして買ったらドンピシャ、流れが来た。

会社を経営する知人Aからメールが来た「施設のお弁当の野菜を、体にいいものに変えたいんだけど。相談に乗ってくれる?」


ここで、僕たちの有機農業グループで囲い込みたいという欲が出そうになる。でも、相手は健康野菜素人。
体にいい野菜についてのあれこれをよどみなく説明した。
有機野菜、慣行野菜、土壌微生物の存在、共生微生物の存在、抗酸化力の強い野菜について、自然農法について、有機農法について、オリンピックに向けた有機野菜調達の取り組み、ロンドン、リオと有機野菜調達が続いたこと、東京の可能性、硝酸態窒素について、グローバルGAP、日本のGAP、ミツバチと農薬の関連を示した論文・・・


その数日後、知人A「○○農園ってどうなの?」

って、ほかの近所の自然農の人のことを聞いてきたから、僕たちグループに限定しないで、広く知りたいんだなあって。今はちっちゃいパイを自然農で奪い合う?No!

これは流れの序の口であることを知っているから。

その3日後、次の波が来た。
学校給食をオーガニックに変える。行政は乗り気。他県の学校給食をオーガニックに変える活動をオーガナイズしてきた人が間に入る。
2020、オリンピック有機野菜に向けて、集合意識は動いてる。


「○○農園」の存在に自我が焦る。
焦ってもNONO。僕の見据える未来は揺るぎない。僕のカタツムリの歩みはよどみない。週末の有機農家研修は間違っていない。農業関連の学会に参加することもベストタイミング。カタツムリの歩みでも、ベストタイミング。
焦らせてくる集合意識に、1つは立ち戻り、僕に何をどんなサインを出してるか、オーバーワークか、足りないか、見つめていく(金眼ちゃん)。

やりたいことがはじめから楽しいなんてことはそんなにはないんだということを教えてくれる。

きつい山登りの先に光がある日もあると、大嵐の日もカタツムリの歩みを進めた先に、光がある日もあると、シンクロは知らせてくれる。教えてくれる。

死に物狂いの興味が、揺るぎない興味が、それでも消えない興味が、突破口なんだと、経験が教えてくれる。

知り合いから、城山三郎の本の紹介を受けた。
彼の紹介で、作家、城山三郎、栗田勇の本を10冊図書館で借りてきて、読んでいる。初めて読んでいる。
城山三郎は、中学で特攻隊に志願した人で、その洗脳体験を下に、戦争戦犯が、本当に戦犯なのか、徹底的に取材して、真実をあぶりだしている。寝ても覚めても考えていると、夢でもそのことを見続けているようになり、戦争戦犯の亡霊が城山さんに書かせている感じ。描かせているというか、亡霊は自分の主張を城山さんに言ってくる。それを公平に、良い悪いどちらの味方をすることなく徹底的にどちらも取材して真実をあぶりだしてゆく。そして本にする。多くの人の目に触れる。多くの人が真実を知る。1つの集合意識のわだかまりが癒されてゆく。そんな1つの集合意識の成仏にも繋がるような仕事。集合意識=シンクロにブレない強さ、信念。ブレないけど無視もしないこれが瞑想、これが境地。集合意識の良い悪いをジャッジすることなく取材し、全身全霊を掛けて、あるいは人生を掛けて向き合っていく姿勢、ヒント。集合意識に書かされているではなく、集合意識のノックを無視しないで見つめて、評価しないで真実をあぶりだしてその真実を記す。

高山文彦さんとの対談なんだけど、高山さんも同様に夢で見まくり、少年Hを書いたとき、夢で少年Hが恋する少女が勤めている養護施設が出てきて、探してみるとほんとにそうだったと。彼が知らない養護施設。その情景と名前が夢で出てくる。取材するとその通りだった。語りかけてくる亡霊、シンクロ、集合意識。あるひとはそれを神と呼ぶ。唯一神と錯覚し帰依を示す。僕らは神さえ友達のように進んでゆく。だって友達だから。


金眼ちゃんが紹介してくれたブログに書いてあった言葉。
「川上から大きな桃が流れてきたからといって、必死で拾い上げて、あなたが桃太郎を育てる必要はないのです(笑)」
桃を無視しないで見つめて、隣のおばあさんが育てる桃太郎を見つめてあげてもいいのだろう。見つめたければね。

結論:シンクロの仕組みを理解して、好きなことをしていく。

AD
滝を滑り降りて遊んでいたのだ。
夢中になって、メガネを外すのを忘れて、滝を滑り降りてしまったのだ。
滝壺に滑り落ち、出て来た時には、メガネが何処かにいってしまっていた。
これは何を暗示しているのだろう?
このシンクロは何を言いたいんだろう?

何か見えてないものがあるんじゃないの?
今の進む道は間違っているんじゃないの?
メガネはまた買えば良いか。
忙しすぎんじゃねえか。盲目的になっていないか?

なにやってんだよ。注意不足なんだよ。また金かかるじゃねえか。

滝壺に潜ってみたのだ。
表面の波打ちとは裏腹に、水中は穏やかだった。メガネが底に沈んでいた。メガネを手にもって浮上した。

シンクロが導いていないから辞めた。
やりたいんだけど、シンクロはやれと言っていない。

本当にやりたい事は、不機嫌なシンクロにさよならしてもやりたい事なのかもしれない。

足が痛いからサッカーを辞めろと、シンクロは言っている。
足が痛いシンクロが辞めろと言っても聞かなかった先に、メッシは立っているのかもしれないから。
AD

バシャールのワクワク!

テーマ:
バシャールが教えてくれる。
「ワクワクすることをすればいいんだ。」
良いこと教えてくれるじゃん、気づかせてくれるじゃん!
この気づきはありがたい。

でも、「本当のワクワク」と、「偽りのワクワク」って、区別がつきにくい。
誰かに認められたくて、認められることが嬉しくて、やってるワクワクは、子供のワクワク。
子供は、親に認められたくてやっちゃうワクワクを、反抗期で越えてゆく。
だけど、大人になっても越えずに、ずっと気づかずに、全自動でやっちゃってる偽りワクワクって、意外と多いよね。僕も。
名誉職とか、名誉欲とかの大人子供って多いし、それは自分だってそうだ。
さらには、これがワクワクのハズなんだ!って思い込みもあったりする。

バシャールは続ける。このワクワクすることをやってると、シンクロがやってくる。それに乗っちゃえばいいんだよ!委ねちゃえばいいんだよ。

ここで僕たちは我に帰るんだ。
あれ?バシャール君?もしかしてシンクロの本質に気づいてない?
シンクロは大元からやって来るんじゃないと思うんだよね。
シンクロ各々の元は集合意識。集合意識が属するグループがあって、各々の集合意識がコッチ来れば最高!いいよー!って、部活の勧誘みたいのやってんのさ。
どのシンクロに乗るかは、自分が決めるのさ!自分自身しか決めらんないのさ!
それ以外全て帰依。自分以外に明け渡す帰依。降りるのも自由よ。
シンクロに乗ったり降りたりを楽しんでると、自分の感覚で見えてくるんだよね。
あれ、このシンクロ、何処へ向かわせたいんだ?ちょっと僕の望みとチャウゾ?
気づいたらGo!感じる方へGo!頼るのは自分さ!
そんなことを金眼ちゃんと話している。

バシャールも彼の次元より上の事わかってないからさあ。シンクロが各々の集合意識から来てて、全知全能ではないってこと、まだ、わかってないんだよ。
例えるなら、中学生に成り立てのバシャールが小学生に「中学スゲーぜ!」って自慢したくなっちゃってるようなもので、でも、小学生には、大学生より中学生の方が近いから参考になったりするでしょ?
って金眼ちゃん。
わかりやすいけど、バシャール傷つかんかな?教えてもらってありがとー!っていってるか?

金眼ちゃん:レインマン
AD
「根っこに共生微生物(エンドファイト)がいないと白菜が吸収できないアミノ酸があるんですよお。」
「これ、生殖成長に使われるアミノ酸ばかりじゃん。」


植物はまず栄養成長で体を作って、それが出来ると、生殖成長で実をつけていく。
その時に使われるアミノ酸が違う。


栄養成長で使われるアミノ酸は、微生物が共生していなくても利用できるアミノ酸。
生殖成長で使われるアミノ酸は、微生物が共生していないと利用が難しいアミノ酸。

栄養成長の間に植物は微生物と結婚し、子育て出来るお家を作り上げるんだ・・・


種が土に落ちました。その土にはその種と結婚する微生物はまだ少ない。大人になる間に結婚相手の微生物を呼び寄せます。





参考文献:エンドファイトの働きと使い方

シュタイナーさん

テーマ:
シュタイナーさんもワタクシと同じこと考えてたんだねえ。
 ワタクシ「思考が全自動に陥ってるなって気づいたときは、その裏にある引っかかりは何か見つめてみよう。」
小池龍之介さんに近いわ~。「考えない練習」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%B1%A0%E9%BE%8D%E4%B9%8B%E4%BB%8B
 シュタイナー「自分で思考する力を育てるには、他の人が考えたことに敬意を払う態度を身につけなければならない。」
これってノンバイオレンスコミュニケーションじゃん。
http://nvc-japan.net/nvc/
 シュ「ある物事について判断を下してしまうと、その判定から影響を受けてしまい、その結果、決めつけないでいたら出来ただろう体験を、流してしまう。」
 う~ん、あるある!
シュ&ワタ「思い込みが人生におけるあらゆる種類の一面的な決め付けをしてしまう。あるわ~。」

これって結構全自動で気づかずに回って決めつけちゃうね。
 「思春期以前に、大人に決めつけの思考習慣を植えつけられてしまうと、一面的に決めつけちゃう全自動思考発動人間に陥ってしまう」のだなあ。でも気づけばいいじゃんね。ああ、そういう状態だったんだな。当時の大人も理想的な人ってどんだけいるよ?って話で。
ムチで打たれる世界しか知らないサーカスのゾウのようだったんだなあ。とか。

シュ「見て感じたことをそのまま受け入れ、未熟な判断がその事柄をダメにしてしまわないようにする。思春期以前の子供には、ただ耳を傾けることができるように配慮しなければならない。」

40代の大人も、ただ耳を傾ける練習をしているのです。
今回はいいこと言ってんじゃん。シュタイナーさん。シュタイナーに判断下してる?って?
いいのいいのそんくらいで。あれ?
一面的に決めつけない事と、依存しない事は紙一重やね。
金眼ちゃん:
「ブログ見て思ったんだけど
アブラムシが嫌いな物出す微生物って大量の水に触れると同じ微生物が集まっている中では集合から離れて違う所に行く→微生物がいなくなってアブラムシが集まる
でも、次に水がたくさん触れて、野菜が微生物が好きな成分を出して呼び寄せるか、微生物いないから、その微生物のいない野菜に再び取り付く
そういう感じなのかな?

ワタクシ「すげー!あるねえ。
例えばアブラムシにタカられて、SOS物質を根から出す。
次の雨のときに、SOS物質が回りに広がり、お助け微生物がやってくる。
次の雨までに、アブラムシにやられ過ぎて、瀕死になったら、微生物は見捨ててやってこない。
見返りに貰ってるものが、貰えなくなるとかなんかで。そうした奴はかれてゆく。」

金ちゃん「ブログだと微生物だけの働きに見えたの
他にも
野菜からの働き
微生物の働き
アブラムシの働き
他にも何かあるので複数の働きで条件が変り結果も変るのではないかと思ったの。」

ワタ「すげ~すげ~!さらに発展して、農師匠と話してみた。
農師匠と、アブラムシについてお話しました。」

ワタ「アブラムシって、雨に当たると落ちちゃうって言うでしょう。
でも、雨後全くアブラムシがいなくなったブロコリーの隣で、相変わらずアブラムシがべったり付いているブロッコリーがある。
雨でいなくなるブロッコリーと、雨でいなくならないブロッコリーがある。
物理的に雨の強さで落ちちゃう。とは違う気がするんです。
さらに、雨で落ちちゃったのなら、雨が止んだら戻ってくると思うのに戻ってこない。」


農師匠「今年のマメ。
1回目の雨ではアブラムシは付いていた。
2回目の雨でもアブラムシは付いていた。
3回目の雨でアブラムシは一斉にいなくなった。
一斉にいなくなったんだよ。隣のマメには居て、こっちはいない。そういうことではないの。
いなくなる時は一斉にいなくなる。」

ワタクシ「ということは、雨を毎回取っておいて、アブラムシがいなくなった雨とそうでない雨を分析かけてみたら?」

農「アブラムシは真夏と真冬はほとんど来ない。ということは、暑さ寒さに弱い。
雨の冷たさで来なくなったとすれば、雨をとっといて分析してもダメだよね。」

ワタ「なるほど。
さらには、冷たい雨が降ったあと、アブラムシはいなくなって、そのあと復活していない。
復活していない。冷たさだけが原因なら、雨が止んだらまた復活すると思う。他の原因何かありますね。
なんかある。この何かを掴んじゃったら、すごいですね。
だって、アブラムシが来ないポイントを掴んじゃうんだから。
他の農家さんがアブラムシに困っている時に、うちらは、アブラムシが来ない。
これ、掴んでも内緒にしときましょうよ。野菜が少ない時にスゲ~売れちゃう!」

農「普通の農家はね、農薬使うからアブラムシ来ないの。掴んでも掴まなくても、アブラムシ来ないの。
農薬使わない農家さん同士で隠しあうの?笑」

ワタ「農薬農家さんはこんな面白いポイントに気づくことが出来ないんですね。
もったいないわあ。」

農「もったいないね。面白いね。
アブラムシ出ても農薬使えば野菜にロスがないでしょ。僕らはアブラムシ出ても農薬使わないから、ロスが出るよね。そこが価格に反映しちゃう。」

ワタ「やっぱ、アブラムシポイント、掴みたいなあ。」

農「アブラムシも野菜によって種類違うから。3回目の雨では、マメのアブラムシは消えたけど、他の野菜のアブラムシは消えなかった。」

ワタ「冷たい雨や暖かい雨が原因なら、冷たい水や暖かいお湯をかければいい。でもそうではない。かも。」


金ちゃん「聞きたいけど
アブラムシにちびっとでもやられた野菜と
一回もやられたこと無い野菜は味とか成長とかどう違ったりします?
この変化も意味ありそう」

ワタ「うん、食べてみた。アブラムシにやられてないブロッコリーは、どこまでも透き通って染み渡る味。
アブラムシが来ているブロッコリーは、喉にジワーっと残るものがある。エグミではないんだけど残る。
僕が食べたアブラムシなしブロッコは、前からアブラムシのいない君。一度アブラムシから復活君も食べてみたいわあ。」

アブラムシの宇宙

テーマ:
野菜に、
大雨でアブラムシが付き、
大雨でアブラムシが居なくなる。

大雨が降った数日後、アブラムシがやって来る。雨で弱った根っこに誘引されて、アブラムシがやってくる。

一方、雨が降った直後、アブラムシがいなくなる。
「大雨でアブラムシが流れてしまった。」
ほんとに?。
大雨でアブラムシが落ちました。
それであれば雨が止めば、またアブラムシはやって来はしないか?
実際には?
アブラムシはやってこないのだ。野菜は元気を回復し、アブラムシは、付かないのだ。

雨に因って何が変わったか?何の滞りが流れたか?共生菌か?物質か?

///////////////////////////////////

虫が食う野菜は不健康で、
虫が食わない野菜は健康的。という人がいて、なるほど。と思った。試してみたいと思った。

さらに飛躍して、「虫は腐敗したものを食べる。なぜなら、虫の腸は腐敗しているからだ。」
と、言う人がいたのだ。腸が腐敗しているのをどうやって確かめたのだろう。それに関して私は無知だ。
自分が試して、実感して言ってるならそれでいいのだ。その人の言葉で語られる、生きた言葉。
ところが、試さずに受け売りで言ってる人が恐らく含まれているのだ。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

植物の根っこに共生する微生物が作り出すアルカロイドは、アブラムシが嫌う物質なのだ。この微生物がアルカロイドを植物に提供し、アブラムシから守っている可能性があるのだ。
アブラムシが来ない理由の一つには、この微生物が根っこに共生していることが考えられるのだ。
共生微生物の作り出すアルカロイドに守られている。

これを知りました。ホントか嘘か。
試してない人はどう反応するだろう?
試してる人はどう反応するだろう?
「植物が弱ったから、共生菌が逃げ出して、アルカロイドがなくなったのであれば、事実と合うよね。そのデータ、合ってるかもね。」

科学に媚びずに帰依せずに、
科学を参考にして。

虫って不思議。解明出来る日を待ちながら、待たずに進めてゆくのだ。未来を進めてゆくのだ。
世界中の野菜の在来種のタネをみんなでシェアしようよ!
って、取り組み。[ Open source seed initiative ]
http://osseeds.org/
植物を愛してやまない、そして、探究心に突き動かされた、人たちのネットワーク。
世界中のみんなが、時には自然交雑させ、種を交換し合い、タネが移動した先で世代を重ね、風土に適応していく。無料のシェア。
そこではみんなが研究者。
世界中のガーデナーが、自然交雑で自慢の品種を作り出し、タネが世界中を移動する。
現代ならではのスピード感、しかも無料。


人間活動に乗っかって遺伝子を広げていく植物の戦略。陸に上がったばかりの頃には思いつかなかっただろうに。
あれ、これって、金眼ちゃんも過去に言ってたっけ?どっかで聞いた気もする植物の気持ち。

例えるなら、金魚を愛して止まない人達が、「俺のランチュウすげ~っしょ!?」
ってな感じ。

人参

テーマ:
抗酸化力が高い人参を作る人がいるという。
その人参はずっと腐らないのだという。
キーワードの1つは微生物肥料だという。

すごいなあと賞賛していた。
人参を見つめてきた農家Bさんに話した時だ。
「その人参の品種は何?種の採れないF1種じゃあないかい?
それはコマーシャルではないかい?
なぜなら、色が濃い品種の人参ほど抗酸化力は強いんだよ。」
と言って真っ黒い人参を見せてくれる。
教えてくれる別の視点。抗酸化力は品種で違うんだよ。

なるほどなるほど、お金のかからないやり方で工夫している農家Bさんの人参。

野菜がスゲーうまくなる魔法の高価な微生物肥料を使う人参。

多面的な見方を失えば帰依に陥るのだ。
抗酸化力=高額な肥料と引き換えに手に入れる抗酸化力の割合は?
品種によるところの割合は?見えているかい?

自分の芯をもって、
帰依せずに、
各々の視点を受け止める。
噛み砕いて
自分で確かめて行く。

何物にもオープンであること。
決め付けないこと。
帰依しないこと。


これが中々難しいのです~。
土壌微生物が整えば、野菜はグングン育ち、虫はつかない。雑草は生えない。
 かつて自然農法の大御所のみが辿り着けた場所。修行した人しかたどり着けなかった小乗仏教のような場所。
 腐敗と発酵を見極めるナウシカのみがたどり着けた場所に、日本人が辿りついた。誰でもたどり着ける大乗仏教のような場所。
100年前にシュタイナーさんが、微生物の大切さをわかっていながら辿り着けなかった場所に、日本人が辿り着いた。
シュタイナーが思い付かなかったことを、日本人が、思い付いた。
微生物を時短で整えるタイムマシーンに、日本人が辿り着いた。
土壌微生物は整います。

一方で、
科学はアタックチャンスのように、土壌微生物のパネル数枚をめくり、パネルの裏側に思いを馳せる。
科学がパネルをめくる日々にも、タイムマシーンは進んで行くのだ。
タイムマシーンを進めたいと。思う。
農場の微生物たちの状態を感じながら、日々のやり方を変えている日本人を目の当たりにして、風の谷まできたのだと。思った。
ナウシカに出会えたと。思った。 震災後の日本に風の谷が生まれました。
化学の農家さんを敵と見ず、先人と慕い技術を学ぶ風の谷の人を見て、僕と同じだと。思った。
次の世代は戦いの時代を超えてゆく。僕たちの戦いは終わるんだ。
「化学農家さんでも達人と言われる人はわかってるんですよ。土壌微生物の整え方。無意識でやってるんですよ。」
土壌微生物が整えば世界が救われる。100億人の笑顔の元は日本人が思い付いた。救われるのはヒトだけなの?違うよ。環境中の毒が減っていくから。毒を使わなくてすむようになるから。
シュタイナーさんや、福岡さんみたいな、一部のすごい人しか辿り着けなかった場所を、人類はタイムマシーンに乗って越えてゆく。

一方、科学では:
無農薬リンゴ園の土壌微生物のパネルが一枚開きました。
 http://www.maff.go.jp/j/seisan/kankyo/yuuki/convention/h26/pdf/d06.pdf
 http://www.maff.go.jp/j/seisan/kankyo/yuuki/convention/h26/pdf/d01.pdf
冬水田んぼの糸ミミズの科学のパネルが一枚開きました。
 http://www.agri.tohoku.ac.jp/ecs/files/oc2014.pdf
 http://www.agri.tohoku.ac.jp/ecs/intro.html
科学は、麦の中に住んでいて、カビ毒を分解する微生物のパネルを一枚アタックチャンスしました。
 http://www.niaes.affrc.go.jp/sinfo/result/result22/result22_26.html
トマトの根に住んでいて根腐れを防いでいる微生物のパネルを一枚、アタックチャンスしました。
 http://www.niaes.affrc.go.jp/sinfo/result/result30/result30_80.html
除草剤を分解する微生物のパネルをアタックチャンスしました。「除草剤 2,4-D 分解菌データベース」:人間が作り出したものを浄化してくれている微生物様達。
 http://www.niaes.affrc.go.jp/techdoc/inovlec2005/2-3.pdf


さて、
シュタイナーさんが気付かなかった扉を、風の谷の人たちが開けました。
腐海の微生物たちは、カビ毒だけでなく、あらゆるものを消化するでしょう。
人類が手に入れた整ったバランスMAXは、あらゆることに使えるでしょう。
どっちの側にも使えるでしょうね。
ナウシカには続きがありました。続きを描きたいと。思いました。