ゴール裏における策略

テーマ:
先日の広島戦、ゴール裏の話をします。

私のいた場所は下段、ゴール裏ど真ん中。
前から2~3列目。やなぎちんの後ろあたりかな?
で、私の後ろにはVERDISTA以外のサポーターがおり、
tohsuke69のブログに載ってる写真がちょうどよく
写ってるんですが見てみて下さい。(手抜き)

中段との間にユウキが立ち、その下のゲーフラを上げてるゾーンが
ありますね。
更にその下!
要するに、私の上(後ろ)、30~50人程いたでしょうか。
ここは立ちゾーンですし、レプリカ着用率も90%位。
普段はVERDISTAかTOKYO HEARTSの後ろに立っている無所属さん
達だと思われます。
試合前の写真を見ると皆手も上げてるし声も出ていたように思います。

…これがですよ。
1-1にされたあたり、更に逆転されたあたりに「声が聞こえない」と
思い振り向くと、そのゾーン全体が

全 員 棒 立 ち

ユウキのいる周辺は手が上がっていたので、上の方にいた人から見ると
『ある一部分が全く手があがっていない』
状態だったそうです。

私がどんなに跳ねようが歌おうがコールしようが
後ろから聞こえてくるはずの声が聞こえません。
もちろん手拍子もしていません。

わかりますよ、その気持ち。
完全に勝てるゲームでした。
でも終了間際にたて続けに2失点。逆転。
凹みますよそりゃ。

でも!!
サポーターが応援をやめてどうする。
諦めてどうする。
なので私はものすごく必死に声を出し、手をあげ、跳ねました。
でも真後ろの人達はどうしてもやってくれない。
口を半分開けたまま棒立ち。
くそう!これでもダメなのかよ!
もう本当泣きそうな気持ちで振り向いて叫びました。
「応援しろ!選手呼べよ!」

本当はもっと言いたい事、うまく言えた内容でした。
でも私もギリギリの精神状態だったのです。
普段はメンバー以外に応援の強制なんてしないし、してはいけないと
思っています。(~しようよ!はOK、~しろ!はNG)
でも私はどうしても勝ちたかった。
先週大阪で見たゲームとは明らかに違う試合内容、そしてサポーターの数。
圧倒的な得点差があったって応援するんだ。
1点差、しかも内容は良かった試合なんだ。
ロスタイムがあれば2点だって入るさ!

…私はどうしても諦めて欲しくなかったのです。
仮にもゴール裏のあの位置で立って応援していたという事は、応援に対する
意識は高いという事です。
そんなサポーターだからこそ私は悔しくて仕方ありませんでした。

…そして応援再開。
私が叫んだからなのかどうなのか、少しは声が戻ってきた、その時。
シトンが執念の逆転ゴールを決めたのです。

おーい!!
だから言ったじゃないかよー!!
応援すれば応えてくれるんだよ選手は!(泣)

結局引き分けてしまいましたが。
自分でできる事はやったつもりです。自己満足かもしれないけど。
応援観は各自違うでしょう。
あそこで選手に対して『何やってんだよ』という気持ちになった人は
応援なんかする気が起きないでしょう。
でも。
あのゾーンにいるならば応援を続けて欲しいのです。
一人が応援をやめてしまうと、連鎖して皆応援をやめてしまうのです。
(応援が途切れるたり、切り替わるのとは別物の話です)
応援を続けたい!という人も、隣の人がやっていないと何となくやめてしまう
ものなのです。(私みたいな人間は除)

まだヴェルディサポーターは過渡期だと思います。
もっともっと応援に対する意識が高まっていったら。
各自がそれに気付いてくれたら。
最高のサポーターになるのでは、なんて思っています。

いやでも贅沢な悩みになってきましたよ。
以前はこんな話以前にサポーターがいませんでしたからね。
…たまにもう「サポーター引退しようかな…」なんて思うのですが。
勿体無くてやめられるか!
見届けるまでやめないぞ!!
AD

実写版にまいっちんぐ

テーマ:
撮ったままたまってるビデオを見なきゃ…と
私が手始めに見たのは

『実写版まいっちんぐマチコ先生 THE MOVIE』

…30代くらいの男性ならわかってもらえるのではないでしょうか?
そうです、その
『まいっちんぐマチコ先生』
ですよ(爆)
私この手のマンガ大好きで(爆)
かぼちゃワインとか(爆)

その実写版が何故かケーブルテレビの『ファミリー劇場』で
放送したのでこれは撮らねば!!と意気込んで録画。

…なんじゃあこりゃあ。
アイドルのイメージビデオですね。
やけに老け顔のマチコ先生…。
てゆーかアイドル?
名波はるかって誰?
===(検索)===
…着エロクイーンって何!?(爆)

ええ、突っ込み所満載の映画(!?)でした。
去年制作らしいのですが、あくまで設定だけ借りた別物。
原作ファンの方は見たらいけません…。
何がダメってマチコ先生が圧倒的に可愛くないって事です!(泣)
生徒役の方が可愛いよぅ…。
(万一名波はるかファンの方いましたらごめんなさい)

見終わった後
「90分無駄にした…」
という虚しさだけが残り。
(全部見たんじゃん/笑)

あ、別にR-指定もない健全な(?)実写なんで御心配なく。
時間を無駄にしてもいい方、女の子の水着やブルマなんかが好きな方
(トップレスは無しですが)は見てみるといいんじゃないでしょうか。

でもテレビ版の実写の方はマチコ先生役の女優さんが違うみたいなので
また録画してみようかなっと。(懲りてない)
AD

葛藤して生きてゆきます

テーマ:
今朝はとんでもない夢を見ました。
とんでもなさすぎてこんな所では書けません。
それ以前に人様に話せる内容ですらありません(爆)
相変わらず私の脳は何を考えているんでしょうか…。
ちなみに、やしけんが登場しました(爆)

さて。世間では今日代表戦ですねー。
私が代表に興味ないのも相変わらずなのですが、
それは
『ヴェルサポだけどベレーザやヴェルディバレーに興味ない』
というのに近いかと思われます。
う~ん自然。(そうか?)
というか、代表って入れ込めないんですよ。気持ちが。
どなたか代表の素晴らしさを教えて下さい。
(こんな態度の人間には無理?)

さて、昨日は給料日だったんでお買い物!
夏っぽいバッグ\2100をゲット。

バッグ


真緑のカーディガン&タンクトップのアンサンブルもゲット。
セール品¥1995。

アルビオンのクレンジングミルク¥4500もゲット。
…何かお金の遣い方間違っているような。
ゲランのクレンジングクリーム(定価¥8000→4200円)も
ネットショップで買っちゃったし…。
最近は教祖佐伯チズ様の教えもあり、オイルクレンジングを
すっぱりやめ、ミルクかクリーム状のクレンジングにしています。
なかなか肌の調子が良くなって嬉しい。

…でもちふれのクリームクレンジングはよく落ちるけど肌が
ふにふににならないんだもん。
資生堂ドルックスのクレンジングミルクはは肌がふかふかになるけど
メイク落ちが悪いし肌に優しくない指定成分が山盛りなんだもん。
(どちらも数百円)

でもそこで1500円~3000円レベルのクレンジングを試さず、突然
数千円レベルにランクアップって、どうよ自分。
でも評判のイイものは試したい!
大人の乙女心でございます。

あと、今欲しいのは
『National エステジェンヌ イオンスチーマーナノケア』
です↓

スチーマー


安い所で2万円弱…。
う~ん。

頭の中では
「よ~く考えよ~♪お金は大事だよ~♪」
とぐるぐる。

保留。

あーでも年末の底値より3000円位安くなってるんでもう少し待って
みますか。
でも化粧品って高いもの使っても端からは全く分からないんですよね。
靴やバックや服を買った方が見た目はっきりわかるのに…。
2900円の服を買うのをためらって、5000円の美容液は即決って
やっぱりどこか歪んでいるとしか思えないのですが。
そもそもそんなに金をかける顔かというツッコミも無しで。

さて、今日あたりこの間注文したビタミンC美容液が届くかな~。
AD

毎晩、悪夢が落ちてくる

テーマ:
最近夢見がとてつもなく悪いです。
私は目覚ましを起きる時間の1時間前にかけるので、
止めたり鳴ったりを繰り返すその間に夢を見る事が多いのですが。

悪夢のだいたいは
『遅刻しそうな時間なのに準備が全くできていない』
『修学旅行に行ったのに荷物を丸々家に忘れた』
等々、『どうしよう!?』系が多いです。
何なんでしょうこの強迫観念。
普段から出かける前
『忘れ物したらどうしよう』とか
出かけても
『忘れ物してそう…』と
かなり気になる方なのですが、夢にまで見なくてもいいじゃないかー。

他のパターンとして
『元カレに「まだ俺の事好きなんでしょ」と言われる夢』
(なんでこの人の事好きだったのか今となっては全然謎)とか
『仲のいい友達のお父さんがクスリ売ってて捕まる夢』
(わけわからん)とか
『何人も人がいるのに私だけ犬に追い掛けられる夢』
(すんごい怖かった)とか。
書き出しちゃうと全然平気なんですが、見てる時というのはつらく
目が覚めて
「ああ夢だ良かった」
と心からほっとするのです。
心臓がばくばく言って、たまに起きてしばらく現実に戻れない事も
あったりして、そんな日は昼頃までブルー。

逆に、妄想&願望が入った夢を見る事もあります。主に
『憧れてて手が出せない人または好きな芸能人(…)とデートする夢』
なんですが(爆)
夢なんだからもっと堂々としろ!大胆に行け!とも思うのですが
夢を見ている間は現実だと信じ込んでいるのでできません(爆)
そして目覚めると悪夢を見ていた時よりもブルー。
ハイ!自己嫌悪一丁入ります!てなもんです。
虚しいというか、「あ~自分の脳みそ何考えてるんだ」と。

まあ正直言うとあんまり夢は見たくありません。
時間が経つとどんな夢も忘れて断片的な記憶になってしまうんですけどね。

今夜は悪夢を見ませんように。

Worldly desires do not stop!!

テーマ:
皆様ブログリフティングで盛り上がっておりますね。
私は好きな事を好きな時にこれからも書き綴って行きます。

さて、今ハマっている事。
というか私の趣味。
というか永遠のテーマ、『買い物』です!!
なんで女って買い物大好きなんでしょう。

ピアス



写真は昨日新宿ミロードで購入したピアス2つ。
緑の四ツ葉のクローバーとケロちゃん(笑)
試合に付けていこっと♪

今年は『グリーン』が流行っているのでしょうか、
街のいたるショップで原色グリーンのアイテムを見かけます。
私は真緑のベルトを購入。しかも¥680。安。
おかげで街でも緑の人をよく見かけますねえ。
でもその度に全員ヴェルサポに見えるんですけど(笑)

私は主に仕事帰りに買い物に行きます。さすらいポイントは
会社の最寄駅の本屋(週2~3回)
同じく100円ショップ(週2~3回)

新宿のヨドバシカメラ、ミロード、小田急、ハンズ、
たまに伊勢丹。
DVDは10%引き+10%のポイントが貯まるのでヨドバシラブ。
ミロードは服や雑貨やバラエティショップが充実していて
寄り道には最適。

原宿の竹下通り(…)←今期限りの安い服が欲しい時に。
ちょっと足を伸ばしてブックオフまで行ったり。
案外安い靴屋もあってAMEにメールしたらショック受けてました。
(先日AMEが定価で買った靴が4000円も安く売っていた)

渋谷は全域!マルイで化粧品や服飾雑貨を買い、ロフトも友達が働いて
いるのでしょっちゅう行ってます。
ドラッグストアを4~5軒回って値段をチェックしたり。
自分がレギュラー使いしている化粧品の底値はほぼ渋谷が叩き出して
います。恐るべし激戦区。
惜しむべくは最安のOSドラッグが化粧品をあまり取扱っていない事。
三千里薬局もオススメ。資生堂の小物まで28%オフってここしか
見ません。(2軒あるうちの小さい方)
みんな、マツキヨは店頭のお菓子しか安くないからね(笑)
(LOOK50円とかパイの実88円とかそういうやつ)
サンドラッグは店頭に出てる日替わり特価のシャンプーが安い。
コクミンは高いものもあれば安いものも。ワゴン品と特売日は安い。
あとあなどれないのが109-2。
今はジュニアステーションとか銘打っていて、私が入ると痛い視線を
感じる店もありますが、たまに掘り出し物が見つかるので行きます。
HMVやタワレコや靴のダイワやドンキやナカヌキヤなんかも覗いたり。
パルコはパート3がお気に入り。素敵インテリアがざくざく見つかります。

あとお気に入りは溝の口。
ノクティ&マルイに行くと何故か両手いっぱい買い物して帰る事も。
駅前のハイフキヤ(ドラッグストア)もわりと安い。
ついでにタイトーステーションで遊んでリラックマゲットしたり。

そして本命は町田!!
ここはもう行きたい所が多過ぎて一人でしか買い物に行けません。
一日がかり必死。バーゲン時期は必ず訪れます(笑)
正直住みたい街です。
ただ都心から遠いのがね…あっ、こんな事言うとVBのメンバーに
怒られてしまいます。
町田ごときで遠いとな。すまん。

長過ぎになってきたんで続き(え)はまたいずれ!
物欲尽きず。

愛すればこそ

テーマ:
万博に行った皆様お疲れ様でした。
あー、こういう試合はコメントのしようがないのです。

遂に試合終了後、選手が挨拶に来る時
『座り込んで無言』
をやってしまいました。
コールも歌も拍手もブーイングも無し。
(一部ファンは拍手もしていましたが)
選手にはどう伝わったでしょうか。

以前、母親が友人と話している時に私がサポーターをやって
全国飛び回っている話をしたら
「あら、でもそういうのってチームからお金もらえるんでしょう?」
と言われたらしいです。
呆然。

遠征費が出て応援できるなら誰だって遠征行きますってば!!
お金でも貰わなきゃ地方に応援しに行く人がいないと言うんですか。
その人はそこまでして全国各地に応援に行くなんて考えもできない
のでしょう。
愛するチーム、選手の為に、どこまでも応援しに行く心情なぞ。
もちろん遠征費は自腹で。

母親にはしっかり訂正しておいてもらいました。

そうやって行った試合で打ちのめされて。
試合後声も出ない、日焼けで真っ赤、そしてまた長時間かけて
(お金もかけて)家に帰る。
その気持ちはサポーター同士でなければ分からないでしょう。

今回、悲愴感はないかわりに虚無感に襲われました。
私何やってるのかな?と。
大阪まで何をしに来たんだ?と。
どうしてこんな思いをしてまで遠征するのか?と。
全てヴェルディを愛すればこそ、なのはわかっているのですが。

Tさん、運転本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。
速さと超人ぶりにびっくりでした(笑)

さて。
まだまだナビスコは続きます。
今現在の悩みは
『万が一消化試合になったナビスコ予選は行くのか?
それでも気持ちを入れて応援できるか?』
です…。
まあ結局行くんでしょうけどね。
家出人に間違えられないか心配です。
そんな歳じゃないから大丈夫か(爆)
今迎えの車待ちです。

ところで自宅の最寄駅から「青山一丁目」行の終電に乗った所、
向かいにいい感じに酔っ払った3人組がいました。
エルゴラをダラダラ読んでたら、「サッカー好きなの?」と声をかけられ。

…むむ、ナンパか?
暇潰しか?
と、かなり身構えていたのですが(すっぴんだし)少し話すうち
彼らが味スタのフーディ(売店)で働いている事が判明!

私がヴェルディサポーターで、これから万博に行くと伝えたら
なかなか喜んで?くれました。
次の味スタでは声かけてね!と見送られ、名刺頂きました…。
面白い出会いもあるもんです(笑)

おっ、迎えが。
では行ってきます!

愛しのラズ

テーマ:
唐突ですが音楽の話。
某所でコメントした通り、私の一番好きな音を奏でるバンドは

RAZZ MA TAZZ

です。
何より阿久延博のボーカル、メロディメーカー三木拓次のギターは
秀逸で、本当に最高の組み合わせでした。
しかし1999年に解散、その後メンバーはソロであったり、
別のバンド等で活動。
しかし2002年に三木拓次が膵臓癌の為永眠。
再結成の夢は断たれてしまいました。

VBよう氏に言わせるとRAZZ MA TAZZは
『どーしようもねぇ』
らしいですが私にはツボなんでほっといて下さい。
どのくらい好きかというと携帯メールアドレスに某曲のタイトル
まんま使ってしまう程です。

きっかけは母親が買って来た1枚のシングルCD。
『Season Train』
でした。『Season Train』自体はまあそこそこ売れただけあって
それなりにポップでキャッチーで聴き易いんですが、そのC/W、
『白い夜』が凄かったのです。
どう凄いって、これは聴いてもらわなきゃわかりません。
聴いてもわからん人はわからんでしょう。ただ私は
ものすごいショックを受け、こんなバンドを今まで知らなかったなんて!
と、速攻アルバムを買いに走りました。

カウントダウンTVで毎年
『今年ブレイク し そ う なアーティスト』No.1を取り続け、
しかし結局ブレイクしないまま解散してしまいました(爆)
でもそれからは聴けば聴く程ハマり、解散後の阿久のぶひろの
ソロCDまで買う始末。

…でもですね。
阿久のぶひろ(ソロはこの名前)の高音ボイスは、三木拓次の作る
メロディーでしか発揮できないらしく、阿久本人が作った曲さえも
本人の一番いい声(と勝手に思っている部分)が全く出ていないのです。
まあソロや手島おさむと組んだRoute246なんかはそれなりの魅力が
あるんですが、やはり何か違うのです。

実際のRAZZ MA TAZZは一度も見た事がありません。
ただ一度、三木拓次追悼ライブなるものを、渋谷AXで見ました。
そこにはメンバー4人と、三木が立っているはずのその空いた空間に
彼の愛用ギター。
その空間はまさに『穴の空いた』としか言い様がないアンバランスな感じで。
楽しかったのですが、それを『楽しい』と表現してはいけない、そんな
ライブでした。

で、それ以降私の中でまだ彼等を超える声&メロディーには出会えて
いません。
CCBの渡辺英樹の声もかなりいい感じの伸び方をするんで大好きなんですが。
(笠さん(ドラム)じゃないリードボーカル&ベースの人です)
どなたか私と趣味の合う方、オススメの音楽を教えて下さい。
最近どれを聴いても何も感じません。
本当ラズはいい曲がたくさんあるのですよ。
シングルよりもC/Wとか、アルバムの中の一遍とか。

あ、かと言ってTOKIOとKinki以外のジャニーズを勧めないで下さい(爆)

明日は万博なのに何を書いてるんでしょう(爆)
というか今夜出発です。
深夜1時に一人新宿集合は微妙にびびってます。。。
でも少しずつですが参戦表明もあって志気上がってきました!
では、万博行ってきます!

ルーツを探る:02

テーマ:
昨日の続きです。

その友人はヴェルディの観客が少なくなっている事、
サポーターが減っている事を危惧していました。
そして99年が幕を開けたのです。

99年、私はその友人と共にヴェルディの始動日、ランドに行きました。
1月末、今にも雪の降り出しそうな寒い日、私は練習を見学していました。
親会社が読売新聞→日テレに変わったという事もあるんでしょう、
私が嫌だった『読売色』は払拭されていました。
98年、スタメンの平均年齢が30歳を超える事もあったヴェルディは
…なんということでしょう!(ビフォアーアフター風)
大幅に若返っていました。

その中で私の目を引いたのは
米山篤志、森勇介(…)、牧野直樹、飯尾和也、飯尾一慶。
山田隆裕が移籍してきた事もびっくりでした。

そしてその年、私は『ランドの主』と呼ばれる程ランドに通い詰め
(週に3回以上、ランドで行われるサテライト、練習試合はほぼ皆勤)
ミーハーぶりを発揮しました。(暇だった短大時代…)
廣長優志が帰って来ても彼には見向きもせず(笑)
レプリカには5番米山の番号を入れ、試合も見に行くようになりました。
2ndには飯尾一慶のレプリカも作りました。
等々力の定位置は、ゴール裏1Fの一番メイン寄り、最上段。
もしくはバックスタンド1F。

まだサポーターにはなっていませんでした。
サポーターが減っているなあ、とは感じていましたが。
その時件の友人は、サポーターを増やしたい、その一心でとあるサイトを
立ち上げていました。
そこで出会ったメンバーに、現VERDISTAリーダーのAMEがいました。

そして99年も終わり、2000年。
毎回数千人しか入らない等々力競技場。
東京移転が正式決定され、既存のサポーターグループが解散、との噂。
(あくまで噂です)
解散と言ったって、既に数十人(十数人?)程の人数しか残って
いなかったのです。
この頃私は就職し、試合には行っていたもののあまり熱心にヴェルディを
応援しているとは言えない状況でした。
友人は既に『サポーター』でしたが、私はまだバックスタンドで試合を
見たりする事もありました。

それが何故でしょう?

転機は7月でした。
AMEとその友人、私の3人で磐田スタジアムに遠征したのです。
結果は負け試合でしたが、そこで初めて『ゴール裏』『遠征』の
楽しみを覚え、その日の帰り道、石塚ファンのmさんに電話し
無理矢理次の遠征(市原in山形)に一緒に行く約束をさせました。
免許を持っている人だったという理由だけです(笑)

そこで完全に私は応援にハマってしまったのです。
遅いスタートでした。

翌2001年、悪夢の残留争いの年は皆勤しました。
勿論ナビスコも、天皇杯もです。

そこからずっと応援し続け、今に至ります。
きっかけなんて些細なものです。
これを書くまで正直忘れていました(爆)
なので、サポーター歴なんて誇れるものではありません。
以前言った事を繰り返しますが、
『ヴェルディが好き』で『精一杯応援している人』なら
今日ヴェルディを応援し始めた人も、10年前から応援している人も
同じサポーターで、誰が偉いとかそういうものは
全く関係ないと思います。

皆同じ仲間なんですよ。

はあ。長くなりました。
書いてみたら案外つまらなくてがっくりです(笑)

ルーツを探る:01

テーマ:
サポーターになった経緯を尋ねられ、すぐ答えがでませんでした。
ちょっとここでお断りをしておきますが、もし気分を悪くされた方が
いらっしゃいましたらごめんなさい。

私は『読売』と聞くだけで反射的に負のイメージで見てしまいます。
アンチ読売です。
まあ○ベツネが嫌いだったという事、『勝って当たり前』的だった
巨人&巨人ファンが嫌いだったという事。
Jバブルの頃のヴェルディもそれに属していました。
問答無用で強かった、それが私からヴェルディを遠ざけていました。
実は95年頃まではマリノスが好きでした。
(その頃の私はサッカーにスタイルというものがある事も知らず、
それ以前に流行に反発する私はサッカーすらまともに見ていなかったので
好き嫌いはあくまでイメージでしかありませんが)

それが好きな選手ができると、ああ人間って現金。
途端にサッカーを見るようになりました。
白状します。
実は95年は川口能活が好きでした(爆)
そしてアトランタ五輪予選を見ていた私の目に飛び込んで来た一人の選手。

廣 長 優 志

今でもJリーグ1の男前だったと思っていますが、とにかく体も美しかった。
長い手足に滑らかな肌。綺麗な足のライン。
ちょっと傾いて立つ癖、涼やかな瞳。
もうこんなに惚れたJリーガーは後にも先にも彼だけです。
お恥ずかしながら、彼がいなければヴェルディを見る事すら
有り得ませんでした。
ええすみません、当時まだおぼこい10代だった私は、男は見た目でしか
好きになれませんでした。若かった…。
(ついでに『男を見る目』なんてのは存在すらしていない頃)
でもPENTHOUSEに半裸で載ったJリーガーなんて彼だけだと思います…。
ええ、そのくらい20歳ちょっとの廣長って美しかった。
(ひいた方ー。帰ってきて下さいー。キモいとか言わないで下さいー/泣)

そんなこんなで、ヴェルディを初めて見たのは97年、3月のナビスコカップ。
確かとんねるずの生ダラでSS席のチケットを当てた為です。
廣長はスタメンでした。

その年は等々力に何度も足を運びましたが、98年には廣長がガンバに
移籍した事、私が野球やサッカーの場内警備のバイト(シミスポにあらず)を
始めた事、ラモス、カズ、ヤス等ヴェルディの読売色が強くなった事等
色んな事情が絡み合いヴェルディは見に行かなくなっていました。

その頃ちょっとした関係でヴェルディ大好きな友人と知り合い、

(http://tohko1104.ameblo.jp/entry-4a65f572b29ca8b439496166e4fa8b0e.html
ダイヤル110を廻せ参照)

暇な時はヴェルディの試合やサテライトに連れ出されていました。
そこで飯尾一慶を目にしました。

…長くなりそうなんで続きは明日に…。