チガウカラー by Seedless

「色」をテーマに短くて抽象的なストーリーを紹介していきます。
光の角度によって違う輝きをみせる玉虫色のようなストーリー。
読む人の心の状態によって印象がかわり、決して完結しないため、結論は読み手がそれぞれの創造を膨らませて楽しめるように。


テーマ:

よく行くカフェでいつも見かける人

この街に引っ越してきて2年たった

新しい職場で働き始めた

カフェはその職場のすぐそば

僕が新しい仕事についた最初の日そのカフェで

エスプレッソを飲んだ 

そして君をはじめてみた

君をずっとみつめていた僕の視線に気付いて

君は僕の方をみる

その目は不思議な目

君は僕をみているのに

その視線は僕をとおりすぎる

まるで僕がすきとおったガラスのように

初めて君と言葉を交わした

僕はちょっと背伸びをしてたかな

君はそんな僕に気がついたのだろうか

僕にとって仕事前に飲むカフェでの一杯の

エスプレッソが当たり前になった

君もいつからか僕がカフェに来る頃にカフェに

座っているようになった

時々カフェに君の姿がみえないと

僕はタバコを吸うふりをして外で君を待つ

通りの向こうからこちらに向かってくる君

その姿をみつけると僕は君が僕に気付くのを待つ

ほとんど毎日顔を合わせる君と僕

でも僕らの感じはとても透明

君のこと好きなのかな

君は僕の事が好きなのかな

ただ僕が今漠然と感じているのは

僕と君は一卵性の双子だったといってもいいくらい

心が近いってことかな

Espresso


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

seedless10さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。