たった2ヶ月でTOEIC160点アップ!の秘訣をコーチング^^

私がほとんど スキマ時間のみの英語トレーニングで「 たった8か月で265点UPして TOEIC 920点 を獲得した方法 」を
あなたにもお教えします。 ~~~ 最後の2ヶ月も伸び続け、160点Upした秘訣を伝授!~~~


テーマ:

私が、スキマ時間中心の学習でも

「 たった8か月で265点UPして TOEIC 920点

を獲得した秘訣を
今回一気に紹介します。


この秘訣を具体的教材に適用したのが


という記事です。



私が、700点後半に上がってすぐ、

最後の2ヶ月も
伸び続け、160点Upした

その秘訣でもあります。


文字だけでは分かり難い部分もありますが、
少しでも皆様のお助けになればと思います。


【注意】
あちこちに「繰り返す」と書いていますが、

どの教材から、
 どんな間隔で、
 どんな分量で、繰返せばよいのか
?」は、

その人のレベルによって異なり

上手く調整しないと
いつものように挫折してしまいますのでご注意を!

挫折しそうになったら相談くださいね!



さて、その秘訣ですが、

常識と違っていて、「え?」

と思うのも多いかもしれません。


ただ、識と違うからこそ、
常識外れの急上昇ができたのだと思います。

私自身、「えーーー?」と思うスコア急上昇でしたし^^;

常識的な方法でも、
英語は、やれば必ず上達します!

ただ、
常識外れ方法」をもお勧めする理由は
その方が、常識的な方法よりも上達が速いから」という
理由からです。

今日は、ポイントだけの箇条書きです。

文字ぎっしりで読む気にならないと思いますが、

追って、分けて、
分かり易く、詳しく記事にしていくつもり
です。  
のでご容赦!

(上にも書いた、「
金フレ記事」に
 具体的に書いたりしてます)


~スキマ時間中心でも
  「わずか8か月で265点UP」
  した秘訣~

   
★★★は特に重要! それをやらない時に比べ、効率3倍!

(1)英語上達は、98%が筋トレ・練習! 勉強は2%以下に!★★★
  ・英語を「勉強」している時間は頭の中はかなり日本語モード。
    そういった勉強では上達速くできない!
  ・英語の筋トレ・練習で、頭を英語に染め上げよう。

(2) 「(文頭以外は)音声を追越して言える」ようになる迄、
    繰返し口真似する。
★★★
      ~何日も、何カ月もかけて。 日本語の無い音声で。
  ・シャドーイングは、普通より遅らせたり、逆に追い越そうとしたり、
    色々試行錯誤して身体に浸み込ませる。
  ・ 音声での暗唱をトライする。
      (普通のシャドーイングよりも言うのを遅らせる。
       or一文終わった後言う(一部分でも良いので))
   ・★同じものを★「我々の想像以上にしつこく繰返す」★  
    -その方が、「10回転ではまだ足りない、20回~80回イメージ。
    -「覚えた」と思うレベルで違うものに移るよりも、
       
上達が 圧倒的に速い。

(3) 「リズム、発音、音の連結・消失等」をフルコピーする気合
    口真似を繰り返す。
★★★
   ・「言える英語は聞こえ易い!」の大原則の最大活用。
   ・早い時期に、最低限の発音を練習しておくと、上手く真似できる。
     ※ 初心者のポイント 
      ・聞き取れなければスロー再生で始め、
       文1つづつ「ついて言える、意味が分かる」ようにして進む。

(4)先ず上記(2)(3)を頻出フレーズ集で実施し、
   最初に語彙を増やす。(2~6ヶ月)
★★★
   (文法問題やリスニング問題は
   しっかり語彙を増やしたその後なら超楽勝です)
    ・3冊やる(内1~2冊は相当とことんやる)。  
    ・語彙も文法問題も フレーズで身体に浸み込ませる。
    ・フレーズで英文の形(かた)・語順を口と耳に
     刻み込むのが大切。
      -その中で、語彙もついでに増えて行くイメージ。
        単語単体で覚えるよりも、
        遥かに速く英語全体が上達する。 
 
    ・これでどうしても覚えられない単語のみ、
     A4の紙にでも書き写し、持ち歩く。 
     (書き写すのは「単語」→「フレーズ+単語の意味」の形式で)
    ・あれこれやらない。

       800点狙いなら、下記3冊と公式問題集一冊
       躰に刻み込むだけで充分。
         -金のフレーズ
         -TOEICテスト出まくりキーフレーズ
         -文法特急

(5) 「ありありとした具体的イメージ」を
   思い浮かべながら英語を聞く・言うよう心がける。
   ・「英語→日本語→イメージ」ではなく、
    「英語→イメージ」の練習を心がけ。
     (2)~(4)は、自然とそうなりやすいトレーニング法です)

(6)英語の語順で理解するよう、常に意識する。
      ・笠原 禎一氏の高速メゾッドシリーズで
       
語順に意識を集中した練習を一日5分、
       早いうちに実施。
      ・スラッシュシャドーイングを時折実施 
        (「スラッシュリーディングのスラッシュ」を意識して
         区切りながらシャドーイング)

(7)「意味を理解した英文」を繰返すこと。 
     (分からない英文の聞き流しは、長期放置しない)

(8)「記憶には『思い出した回数』が重要」を常に意識する。
   ・「覚え込む」作業でなく、
    「思い出す」練習の回数をとことん増やす
   ・瞬時に思い出せなければ、すぐ見るor聞く。 
     0.5秒以上考え込まない。
     考え込む時間は無駄、回数増に時間を使う。

(9)「耳空き時間の発掘」 を常に意識する。
  ※「耳空き時間」の例;
   -起きたらすぐ英語聞きはじめる。 
   -身支度しながら、 
   -歩きながら、 
   -洗濯ものをたたんだり、家事をしながら、
   -声を出せない場所では、
     舌だけ動かしたり
     イメージシャドーイングで。

(10)「効率をとことん追求!」を心がける。
  ・直前までTOEIC問題練習やらない。
     (750点までは語彙増に集中)
  ・「音声を使わない音読」はやらない
     (上級になってから実施)
  ・書かない。   (書かない方が、繰返し回数が増やせる)
  ・ディクテーションも書かない。スクリプトでチェックするのみ。
  ・音声を「上手く口真似できない部分」、聞き取れない部分は  
   そこだけ集中的に繰り返す
    → 一日で上手くできなくても、何日かかけて。
    ・↑にはプレーヤーの便利機能を必ず活用する。 
     (スロー再生、3秒戻し、 区間リピート)
  ・繰返しの間隔は、「忘却曲線」を意識する。
  ・倍速再生も活用し、繰返し回数を増やす。
  ・文法書は勉強しない。
    大西先生の「英語のバイエル初級のp37まで」程度が適切。
  ・日本語を読んだり聞いたりする時間は最短に。
    (★日本語をカットした音声を使う)
  ・音声の空白やナンバー読み上げはカットした音声を聞く
  ・TOEIC800までは、「映画やニュースは息抜き」位置付ける。
    先ず頻出フレーズ集1冊に時間資源を集中投入!
  ・問題を何度も解く」よりも、
    「英文を耳や口にで躰に刻み込む」ことに時間を使う。
  ・一度やった問題は、英文を覚えるくらいまでしつこく繰返す。
    (音声が有れば、しつこくシャドーイングする。)
  ・間違った問題だけでなく一度やったTOEIC文は、
   全部!耳や口に染みつける。


以上が、
ほとんど スキマ時間のみの英語トレーニングで

「 たった8か月で265点UPして TOEIC 920点」 を獲得。
最後の2ヶ月も伸び続け、160点Upした秘訣です。

追って、分けて、分かり易く、詳しく記事にしていくつもりです。  


ご期待ください!

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
=======================
★わずか2ヶ月でTOEIC 160点アップしたコーチの
英語コーチング詳細/無料体験はこちら
======================

ランキングにも参加していおります。応援クリック頂けると嬉しいです^^
にほんブログ村TOEIC ブログランキングへ
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

EnjoyTOEICさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。