2008年04月18日

キャロル週間

テーマ:音楽

今更ですが、ipod買いました。^_^;

その前にパソコン買えよ、とも思いましたが(ほぼ1年前に壊れたまま)、取り合えずipod買いました。

ま、色々とストレスの成せる技です。

(切っ掛けを離すと長くなるらしい。)


そんな訳で今せっせとダビング(←死語?)しております。

手持ちのCDをパソコンに入れまくる日々。

で、ふと手にしたのがコレ。

ラヴ・メイクス・ザ・ワールド/キャロル・キング
¥2,265
Amazon.co.jp

数年前に手に入れていたらしい。(←すっかり忘れていたようだよ)

で改めて聴きなおすと、やっぱいいわぁ~この声。

と惚れ直しまして、名盤と言われるこんなものも引っ張りだしてきました。


これ。


うーん、これの本家本元版買おうかなぁ…等とボーッと聴いておりまして、ふとある曲で目が覚めました。^_^;


ろーりーたん?(大汗)


こここここれは、今、私の最も愛する海外ドラマの内の一つ「ギルモア・ガールズ」の主題歌 ではありませんかぁぁぁ~!?(右下の方ね。)

親子くさいデュエットだと思ってたけど、本当にキャロル・キング母子で歌ってたのか。

(注:「ろーりーたん」とは、主役の女の子の名前です。^_^;)


素晴らしい「縁」を感じました私。(大汗)


キャロル・キングが呼んでいる。


CDを買えと手招きしている。


私のライブにいらっしゃい!とカモーン!している。


…と激しい思い込み(いつもの如く)で、来日を取り合えず検索してみた。(汗)


すると来日は去年したばっかり。

しかもものすごい久しぶりのようだ。


が、NHKBShiで、ライブ放送が!!

4月か!

4月かーっ!!


と狂喜乱舞しつつ、日付を見ると4月11日、それは先週の事でした。(T_T)

(見たのは4月14日(月))


うぅぅぅ~こうやって縁を感じつつ詰めですれ違うって、なんか私の人生を感じました。(T_T)←重い。(大汗)


そんな訳でCD2~3枚買って、取り合えず心を慰めます。(T_T)



それにしても、例のタペストリー、相当聴いたんですけどね。

幾らアレンジが違ってたとはいえ、「ギルモア・ガールズ」の主題歌を聴いた時に気付かんかい!!と自己ツッコミを致しました。


年のせいで記憶力がないのか、それとも音感が無いのか…。(T_T)

AD
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2007年10月29日

小悪魔来たりて鍵盤叩く

テーマ:音楽

えー先日久々にライブに行って来ました~(^.^)

本当に久々でもう行く前からわくわくドキドキでした~。

しかも中々地元には来ない方でして、前に来た時は3~4年前じゃないかなぁ。


以下、中年エロオヤジ系(失礼)なライブ感想になりますので、不快に思われそうな方はお読みにならないで下さい。(大汗)


行ったのは某女性ジャズピアニストのライブでした。(感想があんまりなので匿名)

女性ジャズ○○というライブは、この方が3人目。


感想。


「小悪魔だ!小悪魔がいるぞ~!!」(滝汗)


………非難の声が聞こえる………。(T_T)


ちなみに他の女性ジャズ○○の方達への印象。


その1  お姫さまタイプ(大汗)

      おしとやかで演奏も癒し系。

      七人の小人(チガウ)にかしずかれて優等生型。


その2  女帝タイプ(滝汗)

      私に逆らう者は許さなくてよ!

      とでも言わんばかりにお付き(違う)の方達を従わせる女王様。

      (本名出したら非難轟々になりそうだ(ーー;))


そして今回。

のっけからハイテンション。

多分なんですが、1曲目以外は全て本人のノリで曲目決めていたみたいです。

次の曲に入る前に、他のメンバーに曲名を指示しておりました。

途中ベースのオジサマ(汗)が曲がわからなくて、楽譜を必死にめくっている姿が…。^_^;


で私1週間前ぐらいから、彼女のアルバム聴いてたので(ライブ行くので)、結構知ってる曲目白押しだったのに途中から「ゼンゼンチガウキョクニナッテル」状態。

アレンジしまくっておりました。^_^;

…多分即興…。(大汗)

やはりベースのおじさまの表情七変化が微笑ましく。(汗)

楽しそうだったり、困ったチャン顔だったり…振り回されておりました。彼女に…。(滝汗)

そんなメンバー達に、途中、舌をペロリと出して肩を竦めて笑う彼女。


「…小悪魔だ…小悪魔がいる……。」


そんな呟きをもらした九州男児達でした。(私一人だけど…汗)


とにかく終始ハイテンション。

アンコールで戻ってきた彼女が「ゆっくりと速いのどっちがイイ?」と客に尋ね(汗)、どっかのガキ 若い男性が「ゆっくり」とリクエスト。(ラストは某曲(ハイテンポ)で閉めるという話を聞いていた上、その曲が好きだった私は、「余計な事言うんじゃねー!」とちと怒りモード)

スローな筈のその曲も、最後はバンバン鍵盤叩きまくってましたよ。(大汗)


あっという間の1時間でしたが、聴いてる私もエライ疲れたという…。(←歳?)


女性ジャズ○○とかいうライブだと年齢層結構高い事が多かったんですが、今回若い男の子がやたら多くて。

うーむ「さすが小悪魔」等と妙な納得をした1時間でした。


でも楽しかったので、近い内にまた来てね~、ちーちゃん。(?)

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2007年05月27日

違世代交流

テーマ:音楽

先日某カフェで貧乏ゆすりしました。^_^;


いやいや、掛かっていたBGMが余りに良くてノリノリだった訳っす。

それはコレだっ!!

SOTTE BOSSE
innocent view

リンク先を見て頂ければわかりますが、懐かしい曲が目白押しだぁ~っ!

しかもボーカルの女の子の声がけだるくて良い~っ!

(休日出勤でノリが変。仕事しろよ)


で、検索かけてみました。

あっさり引っ掛かってくれたんですが、読み方がわからない。

で、会社の女の子(23歳)に聞いてみました。

「ねーねー知ってる?こういうの?」

「あー知ってますよ!カフェとかで流れてて私も気になってたんですよ!」

そんなこんなで意気投合。

2枚CDが出てまして↓、1枚ずつ購入する事に相成りました。

SOTTE BOSSE
Essence of life

世代を超えた瞬間であった。(ガッツポーズッ!!)




裏話:

23歳 仮名Aちゃん 「わーhelloだぁ~。私が初めて買ったCDが

               ”hello”だったんですぅ~」

39際 manu 「……………」


     ちなみに私が買った初「レコード」は

     「カルピス名作劇場”アルプスの少女ハイジ”」

     主題歌ドーナツ盤であった。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007年02月13日

DEMACHI

テーマ:音楽

先日某コンサートへ行った。

久々だったのでウキウキだった。

でも途中で寝た。(T_T)

起きたら4楽章終盤(ラスト付近)だった。(>_<)

物凄く損した気分になった。(ーー;)


ま、それはともかく(でも実は物凄く悔しいらしい。)、アンコールも終わり灯りがつくと速攻会場を出る。

トイレに駆け込んだ後(大汗)、会場付近を再度通る。

その間、約15分。

と、楽屋出入り口付近から外人のお兄さん、お姉さん、年配男性、女性がわらわらと出てくる。

周囲にはコンサートのプログラムを持った日本人が10名程たむろ。


おおっ!出待ち!?

っていうか、楽団員の皆さん、早くねーか?

コンサート用のタキシード又はドレスを脱いで着替えて荷物纏めて15分後に出れるんすか?

凄すぎるっす。

あのタキシードは、もしかして「着ぐるみ」のように後ろのファスナー上下開閉のみで装着可能だったりして。^_^;

いやぁ~本当に凄いっす。


ところで、出待ちの皆さんは、指揮者とソロヴァイオリン奏者の子が目当てだったようっすね。

でも中に一人、楽団員に駆け寄った子がいて(何の奏者かわかりません。楽器ケースの形から、恐らくホルンとかのような…気がする。←いい加減)慣れない?英語を駆使してサインを貰っている姿が微笑ましかったっす。

そしてヴァイオリニストのお嬢さんが、こりゃもう天使のような美少女でねー。

私服も又可愛くて、一緒に写真を撮って貰っていたおっさんが羨ましかったっすよ。(大汗)

しかし、やっぱり流暢?に英語で感想を述べる人を見ると10倍増しで格好良く見えますな。(汗汗)

英語勉強熱を更に燃え立たせる私であった。(ラジオ講座は、かろうじて続いているようだよ。快挙!!)



「出待ち」ウォッチャーmanuがコンサートホールよりお送りしました。(大汗)

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年01月03日

三昧

テーマ:音楽

↑は、三昧と書いて「ざんまい」と読みます。(汗)

決して「しゃみ」ではありません。


えー何に三昧だったかというと、年末年始はクラッシック三昧だったんですね。

といってもテレビで見てただけですが。

年始年末は恒例のクラッシックコンサートが目白押し。

一番の目当ては、ウィーンフィルハーモニーのニューイヤーコンサート。

以前見に行った マリス・ヤンソンスが指揮者として招かれていたので楽しみにしていました。


そんな訳で衛星中継で見ていたのですが、目から鱗でした。

初めて見たよ、ニューイヤーコンサート。(大汗)

曲が終わって、楽団員達が「ヘイ!!」と一斉に掛け声を発するわ、指揮者が演出として携帯を鳴らしたり、拳銃ぶっ放したり。

最後のラデツキー行進曲 では、観客も一緒になって拍手するわ。(←恒例らしい。)


途中、某掲示板の実況を見ながら聴いてたんですけどね。

ほら、野球を見に行って、ラジオで実況を聴くようなもんですよ。(大汗)

素人なんで、ちょっと解説欲しくって。(汗汗)

実況板にいた方達は、私と同じように初めて見たという人達が多かったようですが、皆、楽しい~って書き込んでましたね。

クラッシック板のもっと通な方達は、賛否両論あったようですが。


ニューイヤーコンサートは、毎回、肩の力が抜けるようなコンサートが多いようです。

良い意味でも悪い意味でも。

でも、楽しかったから良いか…とど素人の私なんかは思ったのでした。

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2005年11月23日

西本智実幻想ツアー

テーマ:音楽

心のキレゆくまま?に、サファリ・グレーともう一つのモノを入手した後、例によって例の如くスタバでコーヒータイム。

実は、もう一つどうしようか悩んでいたのだ。

先日、マリス・ヤンソンスのクラシックコンサート へ行ったのだが、その時に貰ったチラシの数々で気になるものが…。

西本智実幻想ツアー

名前を見てもピンとこなかったんですが、チラシの写真を見て思い出した。

以前テレビで見た事のある女性指揮者なんですね。

女性指揮者という事で珍しかった事と非常に美しい人で、テレビを見て格好良いなぁ…とは思っていた。(汗)

その時に、指揮者台に立った時にロシアの楽団の重厚な音に圧倒されないように首の筋力をつけた…というような事を言っていて、それ以前の写真と比べると確かにごつくなっていたので感心したものだった。


そんなこんなで、チラシをじっくり眺める。

げー、来週の火曜日!?(11月18日(金)にヤンソンスを見に行った。)

流石にそれはなぁ…。

更に演奏曲を見るとベルリオーズ幻想交響曲。

今日のと同じ、これは聴きたい。

チケットを見るとまだ残っているようだったので、金曜日からどうしようか考えていた訳だ。


そして昨日、職場でキレた為、「コンサート行ってやる!!(汗)」と思ってはいたのだが、結局仕事が終わるのが遅かった。

サファリ・グレーを購入してからでは間に合わないと断念。

で冒頭の通りスタバでコーヒーしていたのだ。

時刻を見ると19時17分。

サファリ・グレー他を手に入れて、すっかり気が大きくなっていた私は、今からでも行こうと思い立つ。

19時開演だから少し聞き逃すけど、一番安い席が余っていた筈。

それならいいや…とコーヒーを一気飲みして(アイスでした。)、すぐ近くのコンサートホールへと。

入口側まで行くとチラホラ人が入って行っている。

結構遅刻する人いるんだなーと思っていると張り紙が。

「楽器搬入の遅れで19時30分から開演致します」


なんですと!?

これこそ神のお告げではあーりませんか!?


大きな勘違いをしたまま、2.5サファリ弱の当日券を購入してホールへ入って行ったのであった。


えー感想。

ヤンソンスの時は5サファリだった席(1階真中)だったんですね。

今回2.5サファリ(2階後方)。

その差が出たのか、それともヤンソンスと西本智実の差なのか、はたまたバイエルンとチェコ・ナショナル交響楽団との差なのか…。

ど素人の癖に本当に生意気ですが、ヤンソンスの方が良かったです。

調べた所によるとヤンソンスって凄い指揮者のようです。(←知らなかったんですが…。いや、肩書き読んで凄いなぁ…とは思ってましたけどね。)

だから違いが出ても当然なのか、それとも二人の曲の解釈の違いなのか。

私としては、何でこんなに音が違うんだ?と思ったのが正直な感想です。

曲の解釈とかよりも何よりも音の聞え方が違うんですね。

ただ席の違いじゃないか?という気はしてますけどね。

2倍の価格差は、こういう違いなのか、と。

細かい解釈とかわからないだけに、ストレートに音の聞こえ方の差を感じてしまったのかもしれません。


ヤンソンスの幻想交響曲はネットで評判を調べてみたのですが、やはり凄く評価が高かったようです。

私の感想でいえば、一つ一つの音が繊細に重厚に重なりあっている感じ。

渾然となっている訳ではなくて、だからといってバラバラな訳でもなく、緻密に計算された音のハーモニーというか。(ど素人なので、ちょっと恥ずかしい感想。)

そしてネットでも評判が高かったですがピアニッシモ(一番音量の小さい音です。)の綺麗さ。

会場の音響効果の良さかと思ってましたが、これはヤンソンスの持ち味だったんだなぁ…と。


それに比べて西本智実の方は、最初から「あれ?」音が違うなぁ…と。

2階席だからというのは、そんなに違うのかなあ…と。


……あくまでど素人の意見ですので、クラシックファンの方及び西本智実ファンの方、スミマセン。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005年11月19日

芸術の秋3

テーマ:音楽

だったよなぁ…確か。(汗)

えー「芸術の秋」のメインイベント。

10月から始めた禁欲生活は全てこれのせいでした。(汗)


マリス・ヤンソンス指揮バイエルン放送交響楽団のコンサートに行って参りました。

五嶋みどりとの協奏曲もありの公演でして、五嶋みどりのネームバリューのせいか1ヶ月前に既にチケットは残りわずかな状態。

S席でサファリ5本分ぐらいの席しか残っていなくて、行くかどうか悩みました。

しかもクラシック好きの友人を誘ってみたのですが、

「五嶋みどりは行きたいけど、シベリウス(五嶋みどりの演奏曲がシベリウスヴァイオリン協奏曲だった。)と自分の相性が悪いから嫌だ」

と何だかとっても通なお断りの返事を貰い、行くなら一人という状況。

クラシックコンサートなんて、ほとんど行った事ないし、しかもサファリ5本分のお値段。(汗)

…が折角クラシックに興味持ち始めたんだから行ってみようと決心。

大枚叩いて購入しましたとさ。


さて当日である昨日、19時開演に間に合うように終業時間即刻退社。

「部長ー!すみませんっ!!帰りますっ!!」

の言葉と共に会社を出ると会場と同じビル内のロッテリアで腹ごしらえ。

「5サファリ」のコンサート前に何てしみったれた…(-_-;)

と思いつつも、ロッテリアのコーヒーって美味いんだったよなー。(参考:ブンキチさん

コーヒーとハンバーガー・ポテトを頬張る。

コーヒーの味の違いはわからないけど、久々のファーストフードのハンバーガーはそれなりに美味かった。


さてそろそろ…と立ち上がると会場へ。

そこはクラシック専用?コンサートホール。

随分久しぶりに訪れた。


…ので入口がわからない。(複合ビルの中にあります。)

うろ覚えの記憶でフラフラと歩いていると燕尾服を着た金髪のオニーサン達が2~3人でたむろ。

流石クラシックだよなー。客まで燕尾服なのか…(←無知)

等と思いつつ足を進めると正面に「楽屋入口」との表示が。(大汗)

止めてくれよ!金髪のにーちゃんsと胸の内でなじりながらウロウロ。

漸く入口を見付けてホールの中へ。

席について「やれやれ」と思っている最中、頭上で声が。

顔を上げるとそこには見知った顔が。

うちの関連会社であり、同じビル内に勤務する女性。

お互い呆然。

小さい街だし、同じコンサートに来る事は考えられるけど、席が隣とは…。

彼女のお父様がクラシック好きで今日はお二人で聴きに来られたとの事。

「一人?」

と驚かれながらも(汗)、和やかに会話を交わす。


そんなこんなで開演。

楽団員登場。

へー男性は皆燕尾服だけど女性は結構カジュアル?

一応上下黒だけどドレスとかじゃなくてパンツな方もいる。

そして指揮者と五嶋みどりさん登場。

一度礼をして音合わせすると、いきなり演奏開始。


はやっ!!と思いつつ(いや、MCが入る訳もなし。普通のコンサートのように派手な登場な訳でもなし。当たり前ですが…。)も、シベリウスのバイオリン協奏曲の始まり始まり。(?)

何しろ「5サファリ」ですから、一応この日の演奏曲は聴き込んできました。(普通コンサートに行く時は、ぶっつけ本番?で行く事も多い。)
一楽章、そりの鈴のような音が微かに聞こえ初めて、やがてバイオリンの音が…。

良かったっす。

微かな音なのに澄み切った綺麗な音色。

そこのホールの音の良さは以前聴いた時も驚きましたけど、今回も本当に凄かった。

全く素人ながら本当に満喫させて頂きました。

だって一度も寝なかったんですよ。(←そこかい)

流石に寝るかなーと思ってたんですけどね。

2曲目ベルリオーズまで聞惚れました。

ピアノのコンサートは行った事があったんですが、オーケストラって良いですね。

五嶋みどりよりも、その後のベルリオーズ幻想交響曲の方が私的には良かったです。

事前に曲を聴いてた時はシベリウスの方が好きで、ベルリオーズは長いし一楽章から三楽章までだるーな曲が続いて、絶対に寝るぞ、こりゃと思ってたんですけどね。

ちょっと疑問が一つ。

ベルリオーズ幻想交響曲、途中で後ろから音色が聞こえてくる時がありまして。

あれって後ろで誰か演奏していたのか?

後ろ思いきり振り返りたかったんですけど、後ろの人達と視線があったらやだなーと思い確かめられませんでした。(小心者)

何方か知ってる方いらっしゃったら教えて下さい。(汗)

それにしてもクラシックって楽章と楽章の間は拍手しないので、それはちょっと辛かった。

盛り上がって一楽章が終わったりしたら、思わず拍手したくなるのが人情?ってもんさ。

曲の途中でも拍手しちゃったりするジャズの方がノリ的には楽っすね。

(アレはあれで拍手のしどころがわからなかったりもするんですが:汗)


何はともあれ、「5サファリ」分、しっかり満足してきました。

ブルーノート福岡も潰れた事だし(泣)、今度はクラシック通いも良いなぁ…と思ったのでした。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2005年11月05日

タペストリー

テーマ:音楽
オムニバス, エターナル, キャロル・キング, ロッド・スチュワート, エイミー・グラント, トニ・スターン, カーティス・スタイガース, リチャード・マークス, ブレシッド・ユニオン・オブ・ソウルズ
つづれおり~キャロル・キング・トリビュート

本日、いつものように友人との待ち合わせ前にスタバで茶。

いや…だから、飯前にコーヒー飲むと腹が膨れて割勘要員にされてしまうって!!(汗)

と思いつつも、約束に余裕こいて行けるという事と、ぼーっとするその時間が好きなので、ついついスタバ入り。

そして望み通りボーっとしていると耳に馴染んだ懐かしい音楽が。


10年程前になるかと思うのですが、キャロル・キングの名作(らしい)「タペストリー」のトリビュートアルバムを購入。

当時やっていたアメリカの芸能番組?エンターテイメント・トゥナイト(という番組名だったと思う。)で絶賛だったので聴いてみたという代物。

その中のロッド・スチュワート歌う「去りゆく恋人」(そういう曲名だったのか…。汗)がスタバのBGMで流れていたのだ。

もっとも声は女性だったので、もしかするとキャロル・キングその人の声だったのかもしれない。

いや、何しろ、オリジナルを聴いた事ないし。(汗)

それとも、誰か他の人がカバーしていたのかも。


とにかく名作といわれるだけあって、トリビュートも凄く良かった。

特に当時、何故かロッド・スチュワートのベストなんかも買ったりしていたので、彼の歌う「去り行く恋人」を凄く好きだった。

掠れた声が堪らなかったっす。

確か、何かのCM曲にもなっていたと思う。

「So Far Away~♪」


久々にCD引っ張り出して聴こうかな。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005年08月09日

ジャカジャカジャン

テーマ:音楽
18世紀オーケストラ, ベートーヴェン, ブリュッヘン(フランス), シューベルト
ベートーヴェン : 交響曲第5番ハ短調 「運命」


最近、ジャカジャカした曲を聴きたいという欲求が高まる。

ジャカジャカでイメージしたのはハードロックだった。(笑)

テケテケで無いだけマシか?と思いつつ、ハードロックは訳わからんと思いつつ、ジャカジャカを求めてレコード屋に立ち寄った。

クラッシックのコーナーを通りかかって、ふと思う。

ジャカジャカってオーケストラでもOKジャン。(?)

そして、超有名な「運命」を手に入れた。

知らない曲買って、全然わからないとつまらないしねー。

とりあえず運命ってジャカジャカしてそー。(?)


早速昨日の月曜日朝、憂鬱な気分をふっとばすべく、車で大音量にして聴く。

オーケストラって何となく大音量って雰囲気じゃないですか?(笑)


タタタターン!おなじみの出だしが流れる。

そして、いきなり「ジャン!!ジャン!!ジャン!!」

眠気も吹っ飛ぶ重厚さ。


げー!!交響曲ってすげー!!

目が覚めるゥー!!ヒューヒュー!!

と妙なハイテンションでドライビングな朝なのであった。


えー、妙なテンションで運転したい時は、たまには交響曲等もどうぞ。

ちなみに大音量がオススメ。

…って、1枚だけで終わりそうですが…。

余りに大音量だと事故りそうなので程ほどに…。(私だけ?)


おまけ
Saya
Timeless サヤ・クラシック・ベスト

↑その時一緒に買ったCD。癒し系っす。

クラシックをジャズでアレンジすると非常に非常にかっちょえーです。

ヒューヒュー言ってるのは同じだったりして。(笑)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年07月26日

お休み前に…

テーマ:音楽
余りにも有名、ジャズファンに持っていると言ったら、鼻で笑われた程の名盤(らしい)
ビル・エヴァンス 「ワルツ・フォー・デビー」

BILL EVANS
Waltz for Debby

夏の夜短に丁度良いかとセレクトしてみました。(苦笑)

全曲スローバラードという超眠い系?

…かと思いきや、スローバラードなのに?どれも本当に良いです。

ジャケットも小洒落てますし。


但し、車の中及び残業時に聴くのは止めましょう。

いくら良くても眠くなります。(笑)


ステファン・グラッペリ, マルク・フォセ, マーティン・テイラー, ジャック・ソーイング
煙が目にしみる

加えてこちらもスローバラードなジャズ。

ヴァイオリンでジャズというちょっと珍しい系。

元々ヴァイオリンの音というのは好きだったのですが、ジャズも良いです。


タワーレコードで、グラッペリのCDを探していた時、手がかりは「ヴァイオリンでグラッペリという人」しか知りませんでした。

結局探しきれずに、お店のオニーサンに聞いたら「ステファン・グラッペリでしょう?」と即答。

でも、名字のグラッペリしか知らなかった自分は、「?」な顔しかできなかったですけどね。

その後も、どのCDが聞きやすいか、売れてるのはどれか等詳しく教えてくれました。

でセレクトしてくれたのが↑。



おまけ↓ 1ヶ月程前に購入。

ガチャガチャした音楽が聴きたいぜ!!(意味不明)

という事でファンキーなCDを買いました。


スピードメーター
ディス・イズ・スピードメーターVol.2
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。