松永幹夫騎手、引退

テーマ:

ミッキィィィ!シノブです。

というわけで、ミッキーこと松永幹夫騎手が

本日2月26日をもって引退しました。。。

松永幹夫騎手

現役最後の騎乗で、切りのいい通算1400勝目を決めるあたりは

さすがミッキーといったところだぜ!


38歳での早めの引退となったのは

所属厩舎の山本調教師が来年で定年になるので

自らが調教師となって(調教師試験は合格済み)

師匠の厩舎を引き継ぐため、という事情もあるようだ。


若い頃はそのルックスからアイドル的な扱いをされがちだったが

もちろん実力も凄くて、中央のG1レースで通算6勝を挙げている。

ちなみに、牝馬(♀馬)限定G1に異様に強く

「牝馬のミキオ」の異名の通りその6勝中5勝が牝馬限定G1!

さらに残る1勝も、牝馬はめったに勝てない天皇賞(♂♀混合G1)において

牝馬のヘヴンリーロマンスで挙げた勝利だというのもいかにもミッキーらしい!


実力もさることながら、人柄もファンから支持されていたミッキー。

「ターフの紳士」とも呼ばれた彼は

ラフプレーをあまりしないクリーンな騎手として有名で、

声援を送られれば相手がギャルだろうと酔っ払いオヤジだろうと

変わらぬ笑顔で応えた。

天皇賞勝利時に天皇・皇后両陛下に深々と一礼した姿もキマっていた。

とにかく、お疲れさまでしたと言いたいぜ。ミッキー。


調教師・松永幹夫もぜひ応援したいね。

松永厩舎の馬の馬券は買いだ!

AD

そんなわけで、天皇・皇后両陛下も観戦された昨日の天皇賞、

優勝したのはミッキーこと松永幹夫騎乗の

14番人気と低評価だった♀馬ヘヴンリーロマンス。

勝利騎手となったミッキーは、両陛下の前で馬を止め

ヘルメットを取って深々と一礼

この姿が実にカッコよくて、騎手というより騎士に見えたほどだった。


ミッキーの人柄は、愚直、誠実といった言葉で語られる事が多く

どちらかと言うと不器用なタイプとして知られている。

そういう人が大仕事をやってのけて、注目を集めている時に

あくまで普段通りに謙虚で紳士な振舞いをしているのを見ると

尊敬の念を抱きたくなるほどカッコよく見えるのだ。


器用に軽妙にいろんな事をホイホイこなしてしまうというのも

一種のカッコよさだし、そういうのにも憧れるが

ミッキーのような誠実なカッコよさにも強く惹かれる今日この頃。

AD

高松宮記念(G1)

テーマ:
◎プレシャスカフェ  1200m7戦7勝は伊達じゃない!
○アドマイヤマックス 武豊は伊達じゃない!
▲カルストンライトオ スプリンターS(G1)優勝は伊達じゃない!
△ゴールデンロドリゴ 赤木高太郎は伊達じゃない!
△タマモホットプレイ ヘンな名前は伊達じゃない!

ところでフジテレビの競馬中継のキャスターが4月から
梅津弥英子アナから若槻千夏に交代するらしい。
まあ仕方ねーよなー。
梅もボチボチおなかおっきくなるしなー…。
AD

オグリキャップが種牡馬を引退

テーマ:
お疲れちゃーん

オグリキャップは私の興味を競馬に向かせるきっかけになった馬で
プロレスで言えば馬場か猪木、サッカーで言えばカズさんのようなものだ。
全米も泣いたと噂されるほど感動的だった引退レースの翌日、
当時高校生だった私が学校に行くと、目がデカくて
しかも離れているため「魚類」というアダ名だった数学教師が
教室に入ってくるなり「昨日凄かったな!何がって?オグリが!」
と吠えてたのが印象に残っている。

種馬としては、結局強い馬を輩出できずに終わったオグリ。
何かで読んだが、オグリの強さの秘密は頑強な心臓にあり
その心臓はある種の突然変異的な形状なので、子供には
遺伝しない性質のものだったらしい。
つまり、オグリは一代限りの最強馬だったのだ。

残念ながら血脈を繋げることはできなかったが
オグリの競走馬としての偉大な功績は決して色褪せる事はない。
つーかオグリみたいに、競馬やらない人でも
知ってるような馬って今いないよな。

あと「みどりのマキバオー」って漫画があったけど
あれのモデルって絶対オグリだと思う。

フェブラリーS(G1)

テーマ:
っつーことで、実際に馬券を買うとしたら
11番ピットファイターの複勝とガツンと。
あとは14番メイショウボーラーから流して
ピットファイター、5番パーソナルラッシュへ。

複勝 11 \3,000
馬単 14→11 \1,000
   14→5 \1,000

ってとこでしょうか。