松永幹夫騎手、引退

テーマ:

ミッキィィィ!シノブです。

というわけで、ミッキーこと松永幹夫騎手が

本日2月26日をもって引退しました。。。

松永幹夫騎手

現役最後の騎乗で、切りのいい通算1400勝目を決めるあたりは

さすがミッキーといったところだぜ!


38歳での早めの引退となったのは

所属厩舎の山本調教師が来年で定年になるので

自らが調教師となって(調教師試験は合格済み)

師匠の厩舎を引き継ぐため、という事情もあるようだ。


若い頃はそのルックスからアイドル的な扱いをされがちだったが

もちろん実力も凄くて、中央のG1レースで通算6勝を挙げている。

ちなみに、牝馬(♀馬)限定G1に異様に強く

「牝馬のミキオ」の異名の通りその6勝中5勝が牝馬限定G1!

さらに残る1勝も、牝馬はめったに勝てない天皇賞(♂♀混合G1)において

牝馬のヘヴンリーロマンスで挙げた勝利だというのもいかにもミッキーらしい!


実力もさることながら、人柄もファンから支持されていたミッキー。

「ターフの紳士」とも呼ばれた彼は

ラフプレーをあまりしないクリーンな騎手として有名で、

声援を送られれば相手がギャルだろうと酔っ払いオヤジだろうと

変わらぬ笑顔で応えた。

天皇賞勝利時に天皇・皇后両陛下に深々と一礼した姿もキマっていた。

とにかく、お疲れさまでしたと言いたいぜ。ミッキー。


調教師・松永幹夫もぜひ応援したいね。

松永厩舎の馬の馬券は買いだ!

AD

荒川静香、金メダル!

テーマ:

イナバウアァァ!シノブです。

というわけで俺たちの荒川静香が金メダルですよ。


性格キツそーな女王顔なのに、実は結構お茶目っていう

今流行りのツンデレっぷりが彼女の人気に拍車をかけているようだ。

金芽米っていう米のCMで、袋の後ろから

ヒョイッって顔を出す時の表情とかイイよねー。

AD

進捗状況4

テーマ:

とぅえーい。シノブだお。

自分の原稿が乳として、いや遅々として進まねえ。

3月末〆切りの漫画賞応募に間に合うのかなこれ。

氏ぬ気でやらんと無理っぽいなこれ。。。

AD

青い花

テーマ:

ぃょぅ!シノブだよ。

知人に薦められて、「青い花」(志村貴子)という漫画を

読んでみたんだよ。

まず表紙がいいよね。つーかこの画風が凄く好き。

シンプルだけど繊細な感じがして。

なんか俺が理想としてる絵に近いかも。


内容は、それぞれ別の女子高に通う

幼なじみの二人を中心にした淡々とした日常で

ハードレズとまでいかんが同性同士のピュアな恋愛も描かれる。


なんつーか雰囲気がすごく良くて、結構引き込まれる感じ。

それでいて、わりと気軽に読める軽さもある。


まだ1巻ということでもちろん続きがあるのだろうが

作品内の世界の完成度が高いので、

「彼女達の日常はこれからも続いていく…」みたいな感じで

これで完結、と言われても納得してしまいそうだ。

でも続きがあるなら読みたいかな、というそんな魅力がある。


描き手としてはくやしー。こういうの描けたらいいなって思う。

トリノ五輪

テーマ:

オリンピィーック。シノブです。

というわけでトリノ五輪始まりましたね。。。


俺たちのアイドル里谷多英は惜しくも3大会連続メダルは逃したが

彼女が決勝で見せた膝抱え込み前方宙返り、なんか妙にセクシーだったよね。

まさに女豹って感じで、キャラが生きてたなー。


童夢くんも残念だったが、まだ若いし次がんがれー。

たぶん普段のキャラと違って練習とかは真面目なんだろうな彼。


あとは荒川さんのイナバウアー(エビ反り滑り)が楽しみですねー。

でもルールが変わってイナバウアーは得点にならなくなったらしいので

もしかしたらやらない可能性もあって、もしそうならショボーン。。。

ピーナッツ

テーマ:

うぃ、シノブだよ。

ウッチャンこと内村光良初監督作品『ピーナッツ』観てきたよ。


なんつうか、全編に漂うホノボノとした空気感が良かったな。

ストーリーもベタだし、ギャグも爆発的に面白いわけではないのだが

お笑い芸人たちが演じるキャラクターたちが作り出す

楽しげな雰囲気が画面を通して伝わってくる感じ。


主に話のメインとなっているのは監督・主演のウッチャンと

さまぁ~ず(三村、大竹)、TIM(ゴルゴ松本、レッド吉田)

ふかわりょうの6人。各人とも味わい深い演技をしていたが

とくに大竹が随所で見せたキレの良さは最高だった。

あと、ふかわが意外にまともな演技。


それにしても、中年のウッチャンがいまだに持ってる

「きれいな青臭さ」みたいなもんは、なんかイイな。

誰もが心の中に持っている、青春時代の心残りのようなものを

代わりに代弁し体現してくれているかのようだよ。

つうか彼自身、もともとは映画監督志望だったわけで

今の歳でその夢を叶えたという事自体がもう一種のドラマなんだよね。


「中年」と呼ばれる歳以上の人が観たらグッとくることは間違いない。


人生、けっこう捨てたもんじゃないというか

なんかちょっと頑張ろうかという気分にさせてくれる映画でした。

進捗状況3

テーマ:

フェブラリィー!シノブだぜ。

話とか構図を練り直してたら、結局1月末〆切りの漫画賞には間に合わんかった。。。

3月末〆切りの漫画賞に、雑誌単位ではなく出版社単位で審査を行う

結構デカめのやつがあるんで、思い切ってそっちを狙おかなぁ。