プロパガンダ逆噴射

テーマ:

こんな爆笑4コマが。

とくに4コマ目が素晴らしすぎて、今話題になっている模様。

AD

名古屋フェア第2弾

テーマ:

サークルKサンクスで名古屋フェア再び開催。

春先の「愛・地球博」開幕時に行われた好評企画の第2弾で、

独特の食文化を持つ名古屋の数々の名物食品が販売される。

今回は新製品も追加された模様。


>八丁味噌風シュークリーム 120円

今回の目玉はコレのようだな!

AD

「鉄腕ダッシュ」を名を騙ったチェーンメールが蔓延中。

何年か前にも全く同じ事があったような気が。


それにしても、なんで毎回ダシに使われるのは

「鉄腕ダッシュ」なのだろうか?

TOKIOはもう十分売れているのだから、

嵐とかの番組名を騙ってあげたっていいじゃないか。

AD

今週も陣釜さん(白石美帆)大活躍。


・エルメスの弟(速水もこみち)をブリッ子演技で篭絡。

・電車男(伊藤淳史)の腹部にエルボーを撃ち込み闘魂注入。

・サトエリとのS女対決がついに実現。もちろん瞬殺で貫禄の圧勝。

・電車男が嘘をついた事(仕事と偽りコミケに参加)に対して

 怒るエルメス(伊東美咲)を諭して電車男を擁護し姉貴分ぶりを発揮。


ノンフィクションとされる原作にはもちろん出てこない架空のキャラなのだが

彼女の存在が間延びしたストーリーをピリッと引き締めている。

白石美帆のS的資質を掘り起こしたキャラ立案者グッジョブと言わざるを得ない。

「踊る大捜査線」の真下正義(ユースケ・サンタマリア)みたいに

陣釜さん主役の番外編を作ったらかなりイケるのではないか。


つーかもう白石は別の番組でもこのキャラでいくべきだろ。

スーパーサッカーとかでも極楽加藤あたりを罵倒し殴打してくれ。

今も昔も変わりなく

テーマ:

「まんが日本昔ばなし」が10月にゴールデンタイムで復活。

これは何気に大英断のような気が。


昔話はいろんな教訓を含んでいる。

今の子供さんにもぜひ見ていただきたい。

昔話が、ギスギスしたこの時代に

ほのぼのとした空気を取り戻してくれることを期待したい。


(でも、ひたすら怖いだけの怪談話とか

救いの無いバッドエンドの話とかも結構あったような

気がしないでもないが…)


それにしても、「♪坊や~良い子だねんねしな~」で始まる

あの有名なオープニングテーマは、今聴くと狂おしいほどの名曲だと感じる。

特に「♪今も昔も変わりなく~」の「変わりなく~」ってハモるとことか

最後の「♪物語~い~い~…」の部分なんか、胸が掻きむしられるようだ。

以前の原稿が

テーマ:

以前某誌に掲載された原稿が、意外な所で再掲される可能性が浮上。

「あの原稿、また使うかもしんないけどいい?ギャラは出さんけど」

と出版社から聞かれたので「いーよー」と答えておいた。


ギャラは出なくとも、私の作品が多くの人の目に触れる機会が増えるので

私の存在をいろんな人に知ってもらうための良い宣伝にはなる。

たったの2ページではあるが、もう何度でも使っていただきたい。


ただ、向こうとしては一応確認を取っただけだと思うので

実際に再掲されるかどうかは不明。。。

女神

テーマ:

最近タイカレーに凝っていて、ウマいタイカレーが喰える店を

ネットで検索したところ、ド地元と隣町にそれぞれ1件ずつ発見。

そんなわけで2日に分けて両方の店に行き、

それぞれの店のタイカレーを食べ較べる。


どちらの店も甲乙つけ難いウマさだったのだが

それとは全く別の話で、両方の店で同じような体験をした。


私が座った近くの席に、違う店なのに2日連続で

同じようなカップルが座ってやがったのである。


もちろん男女共に別人ではあるのだが、あまりにも共通点が多いのだ。


男側のキャラは、おそらく入社3~4年目の25歳前後のサラリーマンで

仕事の加減や会社の内情が分かってきて調子こき麻呂になり始める時期。

それなりに優秀であるらしく、周囲を見下す傾向があるようだ。

とにかくよくしゃべる。茶髪。


女側のキャラは、とにかくひたすら男を立てる清純貞淑風味。

時折相槌を打ちつつも、基本的には黙って男の話を聞いている。

女神

「上の奴らはワカってない」「俺がいなければダメなくせに」

「そもそも組織というのは(以下延々持論を語る)」

「茶髪にケチつけるな」

「人間的に腐った上司に説教されても説得力を感じない」


とまあ、両カップルとも男側が一方的な演説(愚痴)を繰り広げるのだが

これが気持ち悪いくらいに、ほぼ同じ内容の事をしゃべっているのだ。

全く違う店で出会った全く違う人間が、である。


でもまあそこまでだったら、同じような不満を持つ人間は

世の中にゴマンといるもんなー、で済む話なのだが、問題は女側だ。


両カップルの女とも、ツッコミ所満載の男の愚痴に

実に辛抱強く付き合っているのである。

しかも、基本的には男の意見を全面肯定している。


でもまあそこまでだったら、世の中には案外

優しい女ってのも結構いるもんなー、で済む話なのだが

両カップルの女ともすっげー可愛いのだ。


前に、ドラマ版電車男のエルメスみたいな女神体質の女なんか

現実にはそういるもんじゃねー的な事をこのブログでも書いたのだが

実はいるんじゃねーか。こっちにまわって来ないだけだったのか。

世の中は不公平すぎる。寝る。

宇宙

テーマ:

スペースシャトル・ディスカバリーが現在宇宙で活動中なわけだが

日本人宇宙飛行士の野口さんが船外活動等で大活躍している映像を

テレビで見ていると、漫画の「プラネテス」の世界が

現実になったかのような錯覚さえ受ける。凄いことだ。


あと、あれを見ていてもう一つ思い出したのは、

以前ネット上で流行したアメリカン?ジョーク。


アメリカのNASAは、宇宙飛行士を最初に宇宙に送り込んだとき、

無重力状態ではボールペンが書けないことを発見した。

これではボールペンを持って行っても役に立たない。

NASAの科学者たちはこの問題に立ち向かうべく、

10年の歳月と120億ドルの開発費をかけて研究を重ねた。

その結果ついに、無重力でも,上下逆にしても水の中でも、

氷点下でも摂氏300度でも、どんな状況下でも、

どんな表面にでも書けるボールペンを開発した。

一方、ロシアは鉛筆を使った。

逆境

テーマ:

以前仕事くれた雑誌がリニューアルして、雑誌内の漫画の分量が大幅に増加。

つまり編集部的には漫画の描き手を大量に必要とする状況だ。

それだというのに私にはお声がかからない。。。_| ̄|○

どうにかせんとね。