選挙に行かないせいで4,000万円も損してる!?

マジですか?

早稲田大学教授の森川博士によると、40歳未満の人たちは、選挙に行かないせいで、65歳以上の人達に比べて4,000万円以上損をしているとか。

理由は簡単で、国の予算配分をする国会議員にとって、投票してくれるかどうか分からない若者の面倒を見るよりも、確実に投票してくれる人(高齢者)に、より多くの予算配分をするのは当たり前とのこと。

落選してしまえばただの人になってしまうセンセイ方にとって、当選することが一番大事なのだから当然といえば当然の話だ。

投票日に、家の近所の投票場へわずか数十分の時間を惜しんで投票をしなかった結果が、4,000万円の損とは、ちょっとショック デカすぎ~!!

選挙に行かない若者が増え続けると、ますますこの日本という国は、若者が住みにくい未来の展望がない国になってしまう。

森川博士によると、たとえ白票でも誤った候補者に投票しても、投票しないよりはマシというか、誰に投票するかよりも投票率を上げることが大事との意見だ。

詳細は、本を手にして読んでもらいたいと思うが、本書では、日本の政治の仕組みを分かりやすく解説していて、特別利益団体や官僚と政治家の関係、マニフェストを読むべきか、人物本位で選ぶのは正しいかなど、興味深い意見が書かれています。中には、世間一般に言われていることをバッサリ切り捨てていたり、過激な意見もありますが、面白く、なるほどと思うところも多かったです。

みなさんも、ぜひこの本を読んで、今月末の衆議院選挙は、棄権せずに投票に行ってほしいと思います。

若者は、選挙に行かないせいで、四〇〇〇万円も損してる!? (ディスカヴァー携書)/森川 友義

¥1,050
Amazon.co.jp

今日のひと言:「4,000万円損しないように、必ず投票に行こう! 行動することが大事だ!」
AD
 今夜放送された「アンテナ22」(日本テレビ)で、カリスマモデル押切もえちゃんが番組の中で紹介していた一冊。

 「頂点を極めた」芸能人、経営者、俳優、作家、スポーツ選手たちがもえちゃんと同世代であるR25世代の時に何を考え、どう生きていたのかをインタビュー形式で語ったものを集めたものです。

 もえちゃんも励みになるし、すごい刺激になると感想を言っていましたが、あっという間に過ぎ去ってしまう今という時をどんな風に生きていけばいいかを考えるひとつのきっかけになるのではないでしょうか?

R25編集部
俺たちのR25時代

今日のひと言:「何気なく過ごしていても時間は過ぎていく。今、この一瞬をどう生きるか。それがこの先の人生の分かれ道。ムダに生きるなR25世代!」

AD

 インターネット・オークションでの取り込み詐欺架空請求ワンクリック詐欺等、インターネットの世界は便利な一方、相手が見えないだけに危険な側面も否定できません。


 そんな危険から、あなた自身と家族を守る方法が、ケース毎に分かりやすく解説してくれているのが、今回紹介する日経BP社から出版されている「詐欺からお金と家族を守る本 詳解!ネットでだまされない方法30」です。


 最近、急増しているインターネット・携帯電話を使った詐欺の手口を徹底的に解説! 詐欺の加害者と被害者、双方を徹底取材して得た「だまされないための防衛策」を紹介しています。さらに弁護士によるQ&A集で対策もバッチリ! 


 また、あなたのだまされやすい手口がわかる「性格診断テスト」も収録しているので、自分の傾向と対策がコレ一冊で分かってしまう優れものです。騙されてから読んでも遅いです。騙される前に読んで、対策を考えておけば、被害は未然に防げます! 


日経パソコン
ネットでだまされない方法30―日経パソコン編


今日のひと言:「後悔しないためには、騙される前に読め! 悔しい思いをしてからでは遅いぞ!」

AD
 昨日から封切られた映画「亡国のイージス」。原作とは少し設定が変わっているというが、6カ国協議が大詰めを迎えつつある現在、改めて平和とは何か、国際政治とは何かを考えるいいチャンスかもしれない。映画を見て興味を持った人は是非原作も読んでみることをお勧めします。


 話は変わって、出版不況と言われて久しい昨今、おまけ付きの書籍が数多く発売され、そこそこ人気を博しているとの事だが、ここまでくるとどっちが主役だかわからない本が発売される。「亡国のイージス」の舞台となるイージス艦「いそかぜ」の精密フィギュア付き書籍だが、書籍付きのフィギュアと言った方がいいのではないかと思うのは、俺だけでしょうか?完全予約制(?)だからプレミアつくかも?

福井 晴敏
原作版《いそかぜ》 精密フィギュアセット
今日のひと言:「どっちが主役だ?いそかぜ精密フィギュアセット。確かにうれしいけど、ホントは本の内容で勝負できる作家が増えて欲しいぞ!」

 さおだけ屋が売れてるらしい。といっても街中に「さおだ~け、さおだ~け」とマイクで流しながら廻ってくる本物のさおだけ屋ではなく、本の方だ。ここ最近いろんなところで話題になっていたので、知っている人も多いと思いますが、「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」 というタイトルのこの本、実はサブタイトルにもあるとおり会計学の本だが、会計学の本がなぜここまで話題になり、売れているのか疑問を持っている人も多いのではないでしょうか?


 ホリエモンが何度もブログ「社長日記」で紹介し2月に発売されたのにまだamazonのベストセラーランキングの3位に君臨しているというのも驚きだ。サブタイトルに「身近な疑問からはじめる会計学」とあるように、スーパーの完売御礼でわかる「機会損失」と「決算書」とか、飲み会のワリカンでわかる「キャッシュ・フロー」とか、住宅街の高級フランス料理店でわかる「連結経営」とか、2着で満足する麻雀打ちでわかる「回転率」とか、商品だらけのお店でわかる「在庫」と「資金繰り」 といったかたちで会計の重要なエッセンスを学べるのがうけてる要因でしょうか?


 この本は、いわゆる「会計の入門書」ではありませんと明言し、細かい財務諸表はひとつも出てこないし、専門用語もあまり多くなく、気楽に読めるが、読後は会計に対する見方が変わるはずと豪語しているところに秘密がありそうです。実際、会計学の本としてではなく、経営とは何かを学ぶ教材として、社員に勧めている社長も多いようで、会計に興味はない方でも経営や起業に興味のある方は読む価値があるのではないでしょうか?

著者: 山田 真哉
タイトル: さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学

amazonで詳細を見る。

楽天ブックスで詳細を見る。

bk1で詳細を見る。


今日のひと言:「さおだけ屋~で学ぶ会計学。ヒットの秘訣はわかりやすさと身近な事例」