谷亮子高橋尚子。二人ともいわずとしれたシドニー五輪の金メダリストであり、国民的人気の高いアスリートである。

 今回、次期参院選出馬要請への対照的な対応に対して、多くの国民の評価も正反対のものとなっている。

 民主党からの出馬要請に対して、「政治の勉強をした人が国民の代表になるべき」と断った高橋尚子と快諾し小沢幹事長とにこやかに出馬会見を開いた谷亮子

 芸能人やスポーツ選手等の有名人の国政選挙への出馬は、いまや珍しいものではなくなったが、今回はネットも含めて大きな話題となっている。

 その声の多くは、Qちゃんこと高橋尚子への絶賛とヤワラちゃんこと谷亮子への批判の嵐である。

 高橋尚子「政治の勉強をした人が国民の代表になるべき」という至極もっともな正論と、「政治は難しい世界ですし、その知識がないと片手間にはできない」、「自分が今できることを全うすべきと考えている」ということで、マラソン解説者やキャスターなどの仕事を通じ、スポーツ発展のために現場に立ち続ける「現場主義」を貫き活動をしていく姿勢が共感を呼んでいる。

 一方の谷亮子については、国政をやりながらも現役続行してロンドン五輪で金を目指すとの発言に対して、「オリンピックをなめている」、「国政をなめている」といった意見を中心に、片手間でやる様な姿勢に対して批判が殺到している。

 また、出馬会見の中での小沢先生、小沢先生とよいしょする様な政治家特有の呼称の連呼や、政治と金や普天間基地問題等、民主党が直面する諸問題への質問に対する内容のない受け答え等、政治家としての資質に対する疑問も多く指摘されている。(下記動画参照。[注]途中、小沢幹事長の定例会見の様子が間に入っています)



 谷亮子のアスリートとしての今までの実績については、私も認めますが、若手の台頭や今月から始まる五輪出場要件の国際大会でのポイント取得等、ロンドン五輪に関して、日本代表に選ばれるのも難しい状況になりつつある現在、国会議員とロンドン五輪の二足のわらじ、プラス二人の子供(ひとりは、まだ0歳)を持つ母親の役割で、成果を出せるのか疑問が残ります。ロンドン五輪代表に選ばれなかった時の保険という意見も中にはあるようですが...

 民主党としては、従来の感覚でいうと知名度があるので集票力は抜群にあるから比例票の上積みが期待でき、他の比例代表に出馬している議員が谷の得票で当選できる可能性が高まるとの思惑もあり、(谷が当選後、五輪出場に本腰を入れるため議員辞職しても、次点の民主党候補が繰り上げ当選できるので)いいことずくめと考えているのでしょうが、今回ばかりはそううまくいくか、今回の騒動をみると疑問が出てきました。

 谷としては、論理的に考えてあまりメリットはないような気がするのですが、自分からヤワラちゃんと呼んでくださいとアピールしていた昔のエピソード(当時も体格と柔道の強さはともかく、漫画のヤワラちゃんのかわいさとは、かけ離れていた顔でよくヤワラちゃんと呼んでくださいと言ったなぁ~とバッシングされていましたね)からすると、深く考えておらず、いつもの自己顕示欲が顔を出しただけかもしれません。

 まあ、政治家というものは、知り合いの議員を見てても分かりますが、真面目に働こうとするといくら時間があっても足りないぐらいだし、手を抜こうとすればいくらでも手を抜ける職業だから国会をよく欠席している小沢幹事長を見て、選手と両立できると勘違いしてしまったのかもしれませんね。

今日のひと言:谷亮子が民主党から参院選出馬。日本はどうなってしまうのか? 政治に命を懸ける国士はいずこ!
AD

 ボーダフォンが指定した一人との通話とメールが定額になるLOVE(ラブ)定額サービスを開始すると発表しました。さすがにウィルコムのように無制限にはできなかったようですが、来年のMNP開始に向けて顧客囲い込み競争が激化してきそうです。


 それはそうと、このLOVE(ラブ)定額サービス、自分が本命かどうか確かめるひとつの方法になると思いませんか?ドコモやauでなく業界三位のボーダフォンというところがネックですが、恋人同士がボーダフォンの携帯を持っている場合、ふつうは絶対LOVE(ラブ)定額に申し込むでしょう。何時間ケータイで話そうがメールしようが月315円しかかからないし、テレビ電話は、定額ではないけど半額にはなる(来年5月まではキャンペーンとして定額とか)ので、間違いなくNo.1の座にいる人は申し込みされているはず


 もし、自分が相手のLOVE(ラブ)定額の対象になっていない場合は、No.1以外すなわち本命ではないということです。この機会に、しっかりと自分がLOVE(ラブ)定額の相手として登録されているか確認してみるのも相手の本心を知る一つの手段になるのではないでしょうか?


LOVE定額


今日のひと言:「ボーダフォンのLOVE(ラブ)定額、自分が本命かを確認するひとつの手段に」

AD

 ついにホリエモンが政界へ! あのライブドアの堀江社長がついに衆議院選挙へ出馬ですね。しかも郵政民営化反対の急先鋒の亀井静香の選挙区である広島6区から。これはおもしろくなってきましたね。元警察官僚で昔からいろいろと黒い噂の絶えない亀井静香が、まさか小泉首相が解散できるとは思わず潰した郵政民営化法案に、真っ向から賛成して出馬するホリエモン。自民公認にならなかったのは、社長業を継続するかどうかの意見が合わなかったと報道されていますが、結果はどうなる事やら。


 ホリエモンがどこまで本気かは、様々議論のあるところでしょうが、少しでも若い人が選挙に行って自分たちの一票で世の中を変えられるんだと感じてもらえればと思います。


 既にライブドアのポータルでは、今回のホリエモンの出馬に対応してlivedoorニュースの報道姿勢について 公職選挙法に触れないよう方針を述べた記事がアップされていますね。ホリエモンのブログが8/16から更新されていないのも何か関係があるのでしょうか?それとも単に忙しいだけ?


今日のひと言:「ホリエモン出馬!郵政民営化賛成の人も、反対の人も、みんなで投票に行って国民の民意を示そう!」

AD

 NIKKEI NET によると、NECは、情報通信研究機構、パワードコムと共同で、盗聴が不可能な「量子暗号通信」の実用化にメドをつけたとのこと。通常の光ファイバー網を使い、2週間以上(世界最長)の実証実験で、世界最速となる平均13kbpsの量子暗号鍵生成に成功。生成した量子暗号鍵を使い種々のデータの暗号化通信を行うことにも成功した。


 今回実証実験に成功した「量子暗号システム」は、単一光子の状態が測定前後で変化するため、盗聴がすぐわかり、瞬時に通信を止めて情報漏れを防ぐことができる。このため「いかなる技術の進歩に対しても無条件安全性を保証する暗号方式」として注目されている。


 従来の量子暗号システムは、伝送路の遅延変動や反射・散乱光の影響により、長時間安定動作が実現できないという大きな問題があったが、今回の実使用環境下での実証は、量子暗号技術が実験段階から実用化に大きく近づいたことを意味しており、次世代の絶対的安全性を有する高秘匿通信の実現に大きく貢献するものと期待される。


 壮絶な情報戦が展開されている、外交、軍事の世界で、この技術が活用されるのもそう遠くなさそう。安全と水はタダの時代が終わった現在、この様な技術を活用して日本の安全保障体制を強化して欲しいものだと思いますが、日本で一番問題なのは、技術よりも政治家や外交官の意識なのかもしれません。


今日のひと言:「盗聴不可能な量子暗号通信が実用化へ! 技術同様、政治家や外交官のスキルも革新的な改良が望まれる。」