新型インフル フェーズ4へ

テーマ:

 日本時間の4/28に、世界保健機関(WHO)は、新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)の世界的大流行(パンデミック)に備える警戒レベルを初めて「フェーズ4」に引き上げた。


 「フェーズ4」は、大流行に移行する可能性がある段階で、次の「フェーズ5」になると、大流行直前の兆候、というレベルになってしまう。


 お隣の韓国や香港などのアジア諸国でも、感染の疑いが報告されるなど、もはや他人事ではなくなってきている。


 WHOが警戒レベルフェーズを4に引き上げたことで、日本政府は「新型インフルエンザ対策本部」を設置して、検疫体制の強化など4項目の「基本的対処方針」を決めた。


 また、厚生労働省も海外からの航空便で到着した全ての乗客に対し、空港で健康状態や氏名、連絡先等の申告を義務づけた。拒否した場合、懲役6ヶ月以下または罰金50万円以下の対象となるなど2002年~2003年に流行したSARSの時以上の前代未聞の警戒体制で臨んでいることから事態の深刻さが伺える。


 もはや、いつ日本国内に感染者が侵入するか予断を許さない状況の今、自分の身は自分で守らなければいけない状況であろう。


 花粉症が一段落してきて、マスク姿の人が減ってきたと思ったら、今度は新型インフルエンザ対策でマスクをする人が増えてきそうですね。特に海外旅行からたくさんの人が帰国するGW明けは要注意です。


 ニュースによると、成田空港ではウイルス対応型のマスク が、普段の2~3割増しで飛ぶように売れているそうです。


今日のひと言:「自分の身は、自分で守れ!まずは予防に全力を!」

 



AD

 日経BPの記事 に「工場や病院、ホテルなど、昼夜交代で働く交代制職場に勤務する男性は、主に昼間働く日勤職場の男性に比べて、前立腺がんにかかるリスクが3.5倍も高くなることが、大規模疫学研究のデータ分析の結果、明らかになった」とありました。


 なんでも不規則な勤務時間によって体内時計が乱れ「メラトニン」と呼ばれるホルモンの分泌量が低下することなどが原因と考えられているらしいです。「メラトニン」は、睡眠にかかわりのあるホルモンですが、がん細胞の分裂を抑える効果があることも知られています。


 こうした研究結果から、今後は男性交代制勤務者に対しては、前立腺がんの早期発見を目的とした前立腺がん検診の導入など、労働管理の見直しも必要となるのではないかと考えられているとか。昼夜交代勤務の人は、日勤の人より健康管理に気をつける必要がありそうです。


★メラトニンをはじめフラボノイド・アントシアニン・エラグ酸などが豊富に含まれ、アメリカで今、最も注目されているタルトチェリー(アメリカンチェリー)果汁100%還元ジュース

★体内リズムを調整するのに重要なメラトニンの生成を助けるサプリメント 熟睡カプセル「スリミンα」

今日のひと言:「昼夜交代勤務で3.5倍の「前立腺がん」リスク。メラトニンの低下が原因か? 健康管理には人一倍気をつけよう!」

AD
 今日はおなかの調子がいまいち。昼間からお腹が張って、夜には腹痛が。読者登録してくれためぇさんも原因不明の腹痛とか。ちょっと心配になってグーグッてみた。すると...これは、「ただの腹痛って、なめてたらまずいんじゃないの!」ということで、皆様の参考になれば幸いです。
 
ヤブイシャドットコム・・・命にかかわる病気のひとつとして、お腹の痛みには重大な病気が隠されている可能性があるとのこと。症状別に様々な病気の可能性を知ることができるページです。

高知県健康福祉部・・・質問に答えていくと想定される病名が分かるページです。

j-health・・・腹痛の薬について書かれているページです。

healthクリニック・・・部位別に見る腹痛と病気の関係が書かれています。 

日本消化器病学会・・・お医者さんの診察が必要な症状等が書かれています。

メルクマニュアル医学百科家庭版(万有製薬)・・・医師向けの総合医療マニュアルを分かりやすく解説しています。

今日のひと言:「たかが腹痛とあなどるな!やばいと思ったら医者に直行せよ!」 
AD