いよいよ衆議院選挙の投票日明日に迫りましたが、皆さんは誰に投票するか、どこの政党に投票するか、もう決めましたか?

 テレビを見る時間がどんどん減ってきているのもあって、各政党とも動画CM(ネットCM)にも力を注いでいる様です。資金力の少ない政党は、今回はテレビCMは打たずに、ネットCMのみのところもあるようです。

 先日、本当に民主で大丈夫? 結婚プロポーズ編の記事でも自民党のCMを紹介しましたが、投票日前日ということもあり、YouTubeの日本の政治チャンネルに投稿されている各政党のCMを見比べて見ましたので紹介したいと思います。

 まずは、今回の選挙で一番注目されている民主党です。ネットの選挙活動への利用にも一番積極的と言われていますが、意外や意外、あまりアップされていません。





 基本的には、テレビで流れているCMと同じで、政権交代を打ち出したCMです。民主党の他のCMも、同じ感じで制作されており、統一感があります。後半の「うぉ、うぉ、うぉ~」というBGMは、耳に残ります。

 しかしながら全般的にインパクトは弱く、話題にはなりにくい作りです。まぁ、今回は、民主の風が吹いているのであまり関係ないかもしれませんが...

 次に、下野するのがほぼ確定してしまった雰囲気の自民党。麻生首相のまじめなアピールと並んで、民主党をターゲットにしたネガティブキャンペーンCMが面白いです。アメリカの大統領選挙では、よく打たれているネガティブキャンペーンですが、日本でもそういう時代になったのですね。

 まずは、一度紹介していますが、鳩山代表に激似の男性が主役のプロポーズ編



 そして、続編のラーメン編。社民党の福島党首らしき女性も登場します。こちらも、うまく民主党の痛いところを皮肉っています。



 最後に、映画館で映画本編直前に流れる注意事項の様ブレる男たち編。

 これは、影絵の男4人が、菅、鳩山、小沢、岡田の民主党の4首脳に見事に似ていて、笑ってしまいました。(影絵でも顔の特徴を、ここまで表現できるとは)



 全般的に、インパクトは、No.1だと思います。CMとしても完成度が高く、まじめな文字だけのCMも「そうだよなぁ~」と思わせるうまさがあります。

 次に、自民党と連立を組んでいる公明党。今回は、お金のかかるテレビCMは一切打たずに、ネットCMのみという潔さです。有権者のうち、実際に投票する可能性が高い人たちの何割がネットCMを見るかわかりませんが、テレビCMをやめたのは「大きな賭」だと思います。投票率の高い年配の人でネットCMを見る人は、テレビCMを見る人に比べて圧倒的に少ないと思われるので、ネットをよく利用する世代の支持をどれだけ引き寄せられるかですが、どうなんでしょうか?

 まずは、少し話題になった「永田町学院小学校」シリーズです。民主の鳩山代表とよく似た髪型の子供が窓ガラスを割ったのを秘書のせいにする内容。



 自民党のCMと比べると、インパクト的には弱いかなぁ~という感じ。政治と小学校という組み合わせに少し違和感があるのかもしれませんが、小学校時代に当たり前と教わってきたことを、いい大人の政治家が出来ていないということを再認識させる効果はあるかもしれません。

 次に、「庶民の声を聞け!」シリーズ。こちらは、某日用品のCMと同じ制作方法で、アニメと実写を組み合わせたCM。こちらの方が、「永田町学院小学校」シリーズよりは、記憶に残りそう。





 そして、その他の野党はというと、

 共産党は、イメージCMが多い。なぜかイデオロギー的に今まで敵視してきたアメリカのオバマ大統領の政策に関連づける手法のもの(「オバマ政権も」編)もある。





 社民党は、政策等を語っている動画はあるが、ネットCMはなし

 みんなの党は、音声なしのCM。政党紹介で、インパクト的には、弱い。あれぇ~埋め込みのタグがない?ブログに貼れない

 という感じで、各政党のCMを見てきましたが、完成度で言うと資金力があるからかやっぱり自民党が一番で、意外と公明党もがんばっている感じです。その次は共産党かな。

 民主党は、選挙戦が想定以上に長くなって資金が底をついたのか、それともそこまでしなくても今回は勝てると踏んでいるのか、ネットに力を入れていると思われていただけに、CMは、意外にも普通でした。

 いずれにせよ、投票日は明日なので、興味のある人はテレビYouTubeの政党チャンネルから各党の動画CMを見比べて見てはどうでしょうか?

今日のひと言:どの政党を選ぶにせよ、日本の明日のために投票を!



 
 
AD

終戦60周年と平和を考える

テーマ:

 今年は、終戦60周年という節目の年でもあり、テレビでも様々な特集番組が組まれている。昨日8/6は、被爆60年となる「原爆の日」でもあり、広島の平和記念公園で「原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式」(平和記念式)が開かれ、小泉首相を始め約5万5000人が参列した。


 毎年8月になると、テレビや新聞に戦争と平和を考える特集が組まれるが、日本人は過去に対して無関心な民族なのか、戦中の軍国主義への記憶を早く忘れたいという願望なのか、目の前の幸せしか見えないのか、普段は戦争や平和について余り考えることもなく、国際情勢や国際政治についても経済的な視点でしか見ない事が多いように思う。


 どこかの国のように、体制維持のために都合のいい歴史教育をたたき込まれるのはゴメンだが、普段からもっと大きな視点に立ってこれらのことを考えてみる必要が日本人にはあるのではないかと思う。そのきっかけとして今年も多く組まれる様々な特別番組を見て欲しい。そして、日本の未来についても真剣に考えて、明日からの行動をどうするか判断して欲しい。


 世の中、どうしようもない人達がいるのは、ある意味仕方がないことだが、そういう人達が自分たちは間違っているのではと思える世の中をつくっていくことが大切な気がする。それが今を生きる我々の果たすべき役割であり、責任でもある。一人でも多くの人達が幸せを感じれる世の中でありますように。


今日のひと言:「毎日、自分に与えられた責任を考えながら、真剣に生きてみよう!そうすれば昨日より少しは幸せな世の中になるから!」


AD

最近もお年寄りを狙った悪徳リフォーム業者による多額の詐欺事件が報道されていましたが、いつまでたってもしぶとく生き残っている悪徳業者にだまされないためには、このような悪徳業者が、どのような人をターゲットにしているかを知ることで、自衛の方法も分かるのではないでしょうか?


1.エステキャッチ


田舎から出てきたばかりだけど、弾けたい気持ちのある女の子が一番の狙い目!
①微妙にブスではない「エステとかで何とかできるかもしれない」くらいの自尊心を持っているタイプ
②流行りモノやブランド品を持っているが、どことなくしっくり来ていないタイプ
歩くスピードが遅い


手口は、化粧品の値段を挙げて、分割にすればそれよりずっと安いでしょうと比較し、ターゲットが抱えていそうなコンプレックスを刺激しつつ、きれいになる素質はあると自尊心をくすぐられ陥落させようとする。


2.結婚相談所


結婚したい、でもできない。そんな深刻な悩みを抱える男性にも魔の手は伸びます。
もてないけど一流企業に勤めるエリートや公務員などプライドが高い人
自分のことは棚に上げて、交際相手の容姿に妥協できない人


手口は、パーティ等に何回か出席させ、短い時間ではお互いの情報も伝わりづらいし、お見合いで1~2時間ゆっくりと話してみてはと、結婚相談所に入会させ、それでも結婚できない人には、中国人女性とのお見合いツアーに誘い込む。


今日のひと言:「世の中あなたを狙っている悪徳業者がウジャウジャ!相手にしないことが一番の防御策。引っかかってしまったら、まずは消費者相談センターへ」

AD

 読売オンライン によると、防衛庁は航空機に搭載して敵地からの弾道ミサイル発射などを探知、追尾できる新型の赤外線センサー・システム(通称「エアボス」)を搭載した試験機を製作し、今月から性能確認試験に入る。将来的には、高高度を飛ぶ無人偵察機にエアボスを搭載して北朝鮮の弾道ミサイル発射を24時間監視する構想も検討している。


 米軍はすでに、弾道ミサイルの電波信号などを捕捉して性能を分析する電子偵察機「RC135S(コブラボール)」を実戦配備し、嘉手納基地(沖縄)を拠点に北朝鮮に対する監視活動を行っているが、遅ればせながら日本もミサイル防衛(MD)システムを補完するシステムの実験にとりかかる。


 北朝鮮が6ヵ国協議に戻る気配を見せながら、一方でアメリカのメディアに対し核兵器の保有と、今後も増強を続けていくとのコメントを発している中で、元防衛庁長官の石破茂氏が著書「国防」 の中で述べているように、北朝鮮にミサイルを撃ってもムダと思わせる対抗策を様々な面で準備しておくことが日本の国益にとって非常に重要な意味を持つということを考えてみても、早期配備に向け準備を進めて欲しいと思います。


 この石破氏の著書「国防」 ですが、防衛庁長官時代には言えなかった様々なこと(イラク派兵のことや北朝鮮のミサイル発射実験のこと等)を分かりやすく解説してくれています。日本の国益とは何か、国防とは何かを理解する上で非常に意味のある一冊だと思いますので、是非一読をすることをお勧めします。戦車や航空機のプラモデル作りが好きで、何かとタカ派の防衛オタクととらえられがちな石破氏ですが、この著書を読めばそれが間違いで、防衛庁の置かれている立場や、防衛庁長官はじめ大臣の人選について今の自民党のやり方でいいのか疑問と危惧を抱かずにはいられなくなります。また、そんな中で少しでもまともなシステムを作り上げようとする石破氏に対する見方も変わりました。地元の利益と完全に切り離し、国益のことだけを考えられる国会議員の環境を作る必要性を痛感しました。


著者: 石破 茂
タイトル: 国防

今日のひと言:「北朝鮮対策を怠るな。日本の国益を守る義務を国会議員は忘れるな!」

人体通信

テーマ:

 人体通信って言われても何のことか分からない人が多いと思いますが、これは言葉そのもの「人間の体」を通信路として使うもので、今様々な実験が行われています。


 今朝のテレビでもやってましたが、腕に信号の送受信装置をつけて通信の仲介をするのが紹介されてました。そのニュースでは、スーパの肉売り場のおばちゃんが腕にその装置(ちょっと大きめの腕時計ぐらいの大きさ)をつけて、種類別にトレイに盛られた肉を客の注文にあわせて包む時に、そのトレイにつけられたタグを手で触ると、タグからおばちゃんの体を通って肉の情報(100gいくらとか品名とか)が腕につけた装置に転送され、包んだ肉をPOS付きの計りに載せて、計りのタグに触るとおばちゃんの腕時計型送受信機から、肉の情報がPOS付き計りに転送されて、値段が計算されるというのが紹介されていました。


 今まで肉の種類を覚えてPOS付き計りのパネルから該当する肉を選ばないといけなかったため、間違えたり、時間がかかったりしていたのが、人体通信を利用することで、肉の種類をよく知らなくても、包んだ肉のトレイのタグとPOS付き計りのタグを触るだけなので、簡単に間違いなく仕事ができるという話しです。


 う~ん、恐るべし科学の進歩。一応微弱な電流なんで人体には安全だそうですが、携帯電話の電波より体に影響ありそうに感じるのは私だけでしょうか? 今後は、指輪型とかもっと小型化して実用化に結びつけていきたいということでした。


今日ひと言:「人間の体を通信路に使う人体通信。将来的に脳と直接通信できれば、究極のウェアラブルコンピュータのできあがりかも!」

 ライブドアのニッポン放送買収の一件で、普段は経済にあまり興味のない人達の間にも、M&A(企業の合併と買収)やTOB(株式公開買い付け)、LOB(買収先の資産を担保にして資金を借り受けて買収を試みる手法)といった経済用語や、商法について普通に会話するという予想外の効果もでているが、やはり普通の人には馴染みの薄い経済用語。そこで既に話題になりつつある敵対的買収から企業を守る防衛策について新聞記事を参考に、簡単にまとめてみました。

・事前の防衛策

ポイズンピル(毒薬):既存株主に潜在的な権利(新株予約権等)を与え、敵対的買収者の議決権比率が高まったら権利を行使し比率を低下させる。

スタガードボード(取締役の任期分散):時差を設けて取締役を選任することで、買収され完全支配されても経営陣を入れ替えるまでの時間を稼げるようにする。

ゴールデンパラシュート(黄金の落下傘):買収により経営陣が退職する際、多額の退職金を支払うことで現金を流出させ買収コストを引き上げる

ティンパラシュート(ブリキの落下傘):従業員が退職させられる際、多額の退職金を支払うことで現金を流出させ買収コストを引き上げる。

スーパーマジョリティー(絶対的多数条項):買収などの成立要件を通常の株主総会要件よりも厳しくする。

・事後的な防衛策

ホワイトナイト(白馬の騎士):買収の対象となった会社を、友好的な別の会社に先に買収してもらう

パックマンディフェンス(逆買収):敵対的買収者に対し、逆に買収を仕掛ける。ゲームのパックマンからきている。

スコーチドアース(焦土作戦):ニッポン放送のポニー・キャニオン株売却言及で話題になった防衛方法。買収前に優良な資産・事業を売却する。クラウンジュエル(王冠の宝石)とも呼ばれる。デメリットとして株主代表訴訟の危険性がある。

リバース・ベア・ハグ買収価格を著しく釣り上げ買収断念に追い込む。フジテレビの配当金の大幅アップによる株価釣り上げもこれに該当するのでしょうか。

プロキシファイト(委任状争奪戦):株主総会での議決に向け、自分に賛成する株主を募る多数派工作。今月末に期限に向けてライブドアとフジテレビの水面下の戦いが行われているようですね。

今日のひと言:「ホリエモンの強引なやり方については賛否両論があるが、法律の不備や経営者意識の欠陥を浮き彫りにし、一般人に株式会社とは何か、経済とは何かを鮮烈に教えてくれた功績は大きい。ホリエモンが動けば、世の中が大きく波立つ。やはりホリエモンは時代の風雲児か!」 
 昨日の話の続きになるが、政府内には、いわゆる親中派と言われる人達がいて、異常に中国に気を遣い、ご機嫌を取ろうとしている。その結果として、今でもODAの名の下に我々の納めた税金の多くが中国に渡っている。そして中国は、その分浮いたお金を国防予算に投入してプレゼンスを高めている。ちなみに2004年度の中国の国防予算の対前年度比伸び率は11・6%で、国防費の伸び率はGDPの伸び率を大きく上回っているとのこと。最近の参院調査報告でも問題になっている。これらの軍事力を背景に領土問題や海底資源の問題でも、中国は日本の権益を踏みにじるような行動を繰り返しているが、それに対する政府の対応は、昔に比べ改善されたものの、まだまだ弱腰である。

 1989年の天安門事件以来、欧米諸国は対中武器輸出の禁止を続けているため、公式的には中国は国産の兵器やロシアから購入した旧式の兵器しか入手できない。そのおかげで、莫大な軍事費をつぎ込んでいる割には、人民解放軍の近代化が進んでないため、大事には至っていないが、EUが12月に予定されている中国との首脳会議前に15年間継続してきた対中武器輸出の禁止を解除する動きがあり、これが現実化すると一挙に人民解放軍の近代化が進み、東アジアのパワーバランスが崩れる可能性がでてきた。(中国は圧倒的な国内市場を誇る民需製品の購入を絡めて、武器の輸入を持ちかけている) 

 そうなると、日本も他人事ではすまされない事態だが、中国の覇権主義が近代化された軍事力で勢いを増すのは避けられないと思われる。ソ連亡き後、唯一の超大国となったアメリカと対抗する野望を持っている中国に対して、多額のODAを与えるということは、自ら自分たちに照準を定める相手に武器を与えるに等しい行為であると思えてならない。ミリタリー・バランス(2003-2004)のデータで見ると、中国はロシアを抜いて世界第二位の国防費を誇っている。子どものけんかみたいに、それに対抗するために多額の防衛予算を使うのであれば、相手の国防費を減らす為に、対中ODAを減らす(orなくす)方が、より効率的で国民の為にもなるし、世界の平和にも貢献出来るのではないだろうか? 

 確かに、隣の大国である中国は、日本にとっても大事なパートナーでもあるが、中国のしたたかな政治家達に比べ、日本の政治家や官僚はなんとも頼りない。日本の国益よりも目先の省益しか考えず縄張り争いに明け暮れたり、地元の利益と自らの保身しか考えない政治家。どうしたらそんなアホな奴らを重いお尻を動かすことができるのか?それは、現在のところ、北朝鮮の拉致問題や今回の中国潜水艦の領海侵犯問題をみるに、やはり世論の力ではないだろうか。

今日のひと言:「政治家よ。無意味なチキンレースよりも、頭を使って日本にしかできない方法で世界平和に貢献せよ!」  

これで日本を守れるのか?

テーマ:
 ここ数日、中国原潜の領海侵犯問題がニュース等で報道され、政府の対応に様々な意見が飛び交っている。今回、政府は5年前の北朝鮮工作船事件に続き、自衛隊発足以来2回目となる海上警備行動を発令し、中国に抗議と謝罪要求を行ったが、海上警備行動の発令が領海侵犯されてから3時間45分後、しかも潜水艦が領海外に出た後だったことに批判が集中している。

 確かに、どう考えてもこの対応は遅すぎで、中国を刺激しない為にわざと領海外に出て警告射撃も出来ないようになってから発令したとの憶測を呼んでいる。領海侵犯した理由として「ガス田」問題で日本をけん制か?とか、台湾有事に備えた準備の一環だとか様々言われているが、それはこの際おいておいて、こんな状態で本当に政府は国民を守れるのか?疑問に思ってしまいます。(対中国の件に関しては、長くなるので別途書きたいと思います)

 今回の(意図的な?)対応の遅れ以外にも、昨日の読売新聞に興味深い記事が掲載されていました。9月の北朝鮮のミサイル発射騒動の際、小泉首相は国連総会からの帰りの政府専用機の中だったが、当時の石破防衛庁長官が小泉首相に連絡を取ろうと指示した時に、返ってきた言葉が「政府専用機に防衛庁からの暗号電話を受ける装置がないので無理です。外務省の暗号電話なら受けられるので、外務省からなら出来ますが...」というものだったとか。さすがの石破防衛庁長官も怒りを通り越してあきれたとか。自衛隊基地を拠点に、パイロットから客室乗務員まで航空自衛隊が担当している政府専用機でさえこんな状態とは、縄張り争いもココまで来るとあきれてものも言えなくなる。

 本当にこの国の役人達の間に、日本という国を、国民を守ろうという意識を持った人が何人いるのだろうかと嘆かざるをえない。個人的には、小泉さんの無責任なところは好きじゃないが、今までの永田町の常識を越える采配を出来る人も他にいなさそうだし、少しでも日本という国が、良くなっていってくれることを期待するとともに、我々一人一人が自分の出来る範囲で日本のために努力していく必要があると思います。

今日のひと言:「政府は、まず日本の国益を、国民の利益を第一に考えて行動せよ!」  

なぜ?米大統領選のお粗末さ

テーマ:
 米大統領選は3日未明(日本時間3日夜)、オハイオなど3州を残して開票を終え、現職で共和党のブッシュ大統領が民主党のケリー上院議員に対し、一般投票の得票、獲得選挙人数でともに優位に立ち、ブッシュ氏の再選が濃厚となったが、最終的な当選決定には1週間以上かかる見通しとのこと。

 前回のゴタゴタに続き、今回もスムーズな当選決定には至らなかった米大統領選。世界一の先進国で超大国のアメリカの大統領選が、なぜこんなにもお粗末なのか?集計機械の故障して作業がストップしたり、投票所で有権者名簿に名前が見つからないなどのトラブルも起きており、様々な陰謀説がでたりなど自由世界のリーダーとして発展途上国等に民主化をごり押しするアメリカの最高責任者を決める選挙がこれじゃ、偉そうなこと言える立場じゃないよねって陰口たたかれても仕方ないよね。

今日のひと言:「小泉さん、対米追従ばかりしてないで、選挙管理委員会の人達でも助っ人に送った方が良かったんじゃない」